« 9月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Home > iMac (17-Late 2006)日記 > iMac-Late2006 メモリー増設02 装着認識動作確認とベンチ編

iMac-Late2006 メモリー増設02 装着認識動作確認とベンチ編

 そんなわけで到着したメモリーを取り付けていろいろちゃんと動いているか調べてみました。

取り付け写真

iMac-memory-03.jpgiMac-memory-04.jpgiMac-memory-05.jpgiMac-memory-06.jpg
こんな感じにひっくり返して下のネジゆるめて外して差し替えです!

MacOSX10.5で確認

このMacについて(4GB)システムプロファイラで確認(2GB×2)アクティビティモニタで確認(実質3GB)PhotoshopCS3で確認(3GB)
左から このMacについては4GB表示。 システムプロファイラで確認すると2GB×2表示。 アクティビティモニタで確認すると空き2.37GB確保中631.77MB、合計実質約3GB。 PhotoshopCS3で確認すると使用可能メモリー3072MB表示。

と、いうわけで4GBと表示される場合もありますが実質このiMac Late2006ではメモリー最大は3GBです。

BootCamp WindowsXP SP3で確認

XPシステム表示(増設前)XPシステム表示(2.98GB)XP-CPUZで確認(4GB)
 左から増設前のシステム表示0.98GB。 増設後は2.98GB(実質3GB) CPU-Zだと4096MB表示で一応Dualチャンネルに対応しているのが解る。

メモリー増設の感想。

 参考までにCINEBENCH R10とXbench1.3でベンチマーク測ったがメモリー増設によるこのベンチマークでの恩恵はない。ただグラフィックに特化したベンチだからあたりまえである。メモリー増設の恩恵はもっと複数ソフト立ち上げた時やVMware Fusionなどのソフトを使用中、サファリでタブを何十個も開いてWEBを閲覧中とかそんなときの方がメモリー増設の恩恵は感じる気がしますね。グラフィック系は先日のMacminiのようにグラフィックのメモリーとメインメモリー共用の場合はかなり違いますが、グラフィックが別メモリーのiMacではさほど変化はありません。

 それにしてもメモリー増設して良かったです、普通の動作がきびきびしている感じで遅延な動作が減りました。もっとガンガン使ってやりたいですね。

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC2-5300 (DDR2-667) 2GB D2/N667-2G/E

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC2-5300 (DDR2-667) 2GB D2/N667-2G/E

定価:¥ 5,279

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2009-04-10


一応ベンチマーク

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Just MyShop(ジャストシステム)

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://mac.planting-field.com/archives/eid576.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
iMac-Late2006 メモリー増設02 装着認識動作確認とベンチ編 from [Mac&Lovers]:byPlanting Field 2nd

Home > iMac (17-Late 2006)日記 > iMac-Late2006 メモリー増設02 装着認識動作確認とベンチ編

ZenBack
Feeds
Other-Meta

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ Powered by SEO Stats ブログパーツ

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top