« 9月 2017 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > コラム > ピクトロスタット&グラフィーとマイティー

ピクトロスタット&グラフィーとマイティー

ピクトロシリーズ:富士フイルムの印画紙タイプ出力機(MacやWINに繋いで利用する)

 以前仕事でその富士フイルムのピクトロをオペレーションしていたことがある。たぶんそのオペレーション部分に関してはかなりのプロであったと思うし、かなりの色調を出すことが可能だった、はっきり言えば六切り四切りとかは同富士フイルムのデジタルミニラボフロンティアよりも綺麗に出力が可能でもある。出力解像度が400dpiで最大出力が可能だし(フロンティアは300か350だったかな?ラムダなどの大型は200dpi)そんなわけでピクトロは使い方によってはかなりの物が出力できるのである。あくまでコピー機的にしか使われていなかったり、「あーピクトロかぁ、」等と所詮こんなもんだよって思われている方が多い。でもそれはピクトロには限らないが他のミニラボ機器、銀塩手焼きにも言えるのだけど、オペレータの腕次第でかなりの差が出る。色を感覚で見られるかどうかだ。ピクトロのコピー機能(反射原稿から)はスキャナーの制度上黒(シャドー)部分がしまらない感じを受けるのは致し方ないところなんだけど、データからの出力時に本領を発揮するのです。ま、そうなると画像処理技術や色を的確に見る目とキャリブレ技術が必要になるのですが、これは写真業を営んでいる方には必需品だとやっぱり思う。営業写真館でのプリントでも使われているようにかなりの用途はあるのです。フロンティアに負ける部分としては退色性が結構違うのだが徐々に改良を重ね、現在ではかなりの年数劣化を防げるのではないでしょうか?
20050107012635.jpg←たとえばこの機種はピクトロスタットD400と言う機種ですが、この機種はオールインワンモデルでフルスペックにすると反射原稿がA3まで、透過原稿が6×9のネガポジ(条件付きで4×5のネガポジも利用可能)までで、Macintosh&WINからの出力も可能(グラフィーと同機能)なのだが、私が追求した機種はこれでこの機種さえ有れば一台で使いこなせば完璧に色を出せたのである。しかし時代の流れこのシリーズは一体型故の部分的に交換できないと言うやっかいな問題があり、どうしてもスキャナー部分が他のスキャナーに比べ見劣りし始めるようになりました。

20050107020251.jpgその後ピクトロスタットはピクトロマイティという新シリーズに移行するのです。マイティはプリント部分はグラフィーで他のスキャナー類は単品で交換できるよう一体型ではなくなったタイプ、残念なのは最大スキャンサイズがA4となってしまったことですね。
←これが最新ピクトロマイティA3SP

20050107020724.jpgで、ピクトログラフィーシリーズ(データ出力専用機)の最新機種右の写真にある「ピクトログラフィー4500N」である。特徴としてはEthernet 100BASE-TX/10BASE-Tのネットワークインターフェースを標準装備。Windows、Macintoshが混在した環境でも、ネットワークプリンターとして利用が出来るのだ(この機能は以前もあったけど今回は標準装備)。やっぱり昔と一番違うのはスカジー接続じゃないところかなぁ・・・。基本的な出力部分の機能はグラフィー4000と大差はないみたいだけど、Ethernetの接続はずいぶんと進化したなぁと感じてしまう。俺の使っていたのはスカジーだったから利用中に抜けた事もあってあれはダメでしたね。ま、当時はスカジーじゃないと接続方法無かったからしかたないんですけどね。

でもこのピクトロシリーズはインクジェットとはやっぱり全然違うし、印画紙タイプ、レーザー露光熱現像転写/銀塩方式(フロンティアなどとは違い現像液不要、ドナーを業者に回収して貰う)で綺麗なのだ。写真を本業にしているなら事務所に一台欲しいところですね。出版社、グラフィックデザイン事務所にもオススメです。ちなみにピクトロの仕事で多かったのは大手アダルト出版社からのエロ写真複製!これは単価が安いコピー処理だったのだが物凄い量の複製業務があったようなきがする。いわゆる投稿写真の複製ですな。それだけじゃないが・・。他には風景カメラマンの写真を数百枚ポジから出力したり、富士フイルムさんのデジカメ販促店頭設置用のプリント、良くファインピクスのサンプル写真(この写真ではないが、このようなサンプル写真)って有ると思うのだがその写真を何万枚と出力した。てなわけで利用価値が高いピクトロシリーズ。1年少し前までオペレーティングしていて愛着があったんで紹介してみた。デメリットは一枚当たりのコストパフォーマンスがフロンティアに比べて高い。メリットは現像液不要なとこですね。
だから世の中のピクトロ出力業者は色もっと出せるでしょ?と思ってしまう。なんか言うと「コピー機ですから」と逃げる。もっと良い機械なんだからちゃんと力を発揮させてあげてほしいと想います。

関連する投稿

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

Comments:1

letgoibis 12-03-28 (水) 9:13

あーこのスキャナー欲しいんだよね。変色した写真も元の色に蘇る…ピクトロスタット [Mac&Lovers]:byPlanting Field 2nd http://t.co/6UM4XIGA


Comment Form
Remember personal info

VCbanner.jpg

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://mac.planting-field.com/archives/eid65.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ピクトロスタット&グラフィーとマイティー from [Mac&Lovers]:byPlanting Field 2nd

Home > コラム > ピクトロスタット&グラフィーとマイティー

ZenBack
Feeds
Other-Meta

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ Powered by SEO Stats ブログパーツ

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top