« 9月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Home > Tags > コラム

コラム

スポンサードリンク

OS X Mountain Lion 登場!しかしUp-to-Date プログラムでのApple対応酷すぎる。

 ついにやっとこさOS X Mountain Lion – Appleの販売が開始されました。ガッチリこれを狙って新機種も購入していたので無料でアップデートできるので早速OS X Mountain Lion Up-to-Date プログラムを申し込みました。私が購入し到着したのはたのは7月21日でしたのでこちらから申し込みました。

すると結構短時間でコンテンツ・コード・ファイルを開くためのパスワードが記載されたメールと、PDFファイルが添付されたメールが計2通来ていたので早速指定通りの手順で行っていくと・・・・なんと既に使われているコードらしく私がやっても使用済みでダウンロードできない!なんてこったい!

Continue reading

この時期にMacへスイッチだ!

Windows 98/98 SE/Meのサポート、今夏で打ち切りへ(ITmedia)」や「Windows XP SP1のサポートは10月に終了(Yahoo!)」に書かれているようにWindows 98/98 SE/Meは夏にサポート打ち切り、Windows XP SP1も10月でサポート終了という。うーん、個人的にはWindowsでネットすることほぼ無いからどうでもいいんですが、企業などにとっては結構問題なんじゃないの?サポート終了が早い気がしますけど、それでも随分Microsoftが伸ばしてくれたおかげでここまで来たわけだ。vista出すんだからそっちへ移行しろよ!みたいな計画性もあるんでしょうけどさ。

 さて、買い換えの時期ですよ!個人ユーザーも企業のシステムもこの時期にみんなでMacに移行してみたら?ウイルスも今のところ少ないし、サーバーとしても使えるじゃない!さらにはWindowsのDataを使いたいならbootcamp使えばMacで出来るじゃない!さ!今こそMacを買うべ!老若男女ども!
 古いWindowsを使っていてMacにも興味を持っていたあなた!踏ん切りが付くでしょう。サポート終了なら、今しかない!買うなら今しかな〜い♪スイッチじゃスイッチじゃ!XPやvistaに慣れるよりも前にOSXに慣れちゃいましょう。

パソコン使える人の憂鬱

この記事、笑った、これは共感って言うか、ほんとこの通り。

仕事でパソコン、家でもパソコン」–IT技術者が悲鳴
 本業である大手通信会社の仕事がないときも、親戚がコンピュータのトラブルを解決して欲しいと頼み込んでくる。今年はウイルスやスパイウェアの問題が増加したためこのような依頼も増え、McCaulleyもいら立ち始めている。テキサス州フリスコ在住の同氏は、「仕事でコンピュータをいじってばかりなのに、夜帰宅してからも親戚のコンピュータトラブルに対応しなくてはならない」と語っている。

別に私はIT技術者でもないが、何か壊れりゃ電話でサポート!まいっちんぐよね。まえにもそんな記事書いたので、何とかならないかと思いますね。断ったら角が立つしね。着信拒否にしてもダメだろうし。逃げる方法って無いかしらね。Mac布教したとしても、その後の永遠に続く無料サポートエンター化を考えると、「パソコン買おうかと思ってるんだけど、」と訊かれ「へぇ〜」 「何が良いかな?」と訊かれ「Windowsで良いんじゃない?」と答えたこともあったなぁ・・・・。ちょっとなら良いんだけどね、訊かれるのも。いつも毎日時間問わずにっていうのは嫌よねぇ。

この手の悩みって、みんな抱えてるよね。

求む!Windowsのclassic環境のような使い方。その2

 以前書いた記事「求む!Windowsのclassic環境のような使い方。」でbootcampの登場でIntelMac上でMacとWindowsのDualbootが可能となり、可能性が広がったけど、もっと良い使い方が今までのClassic環境のようにOSX上でWindowsのソフトが使えるようになるって言う記事だったんですが、どうやらそれももしかしたら現実になる?

 Macin’ Blogさんのとこで知ったのですが、こんな記事が出てました。案の定英文記事なので無理矢理翻訳!「これ
簡単に要約するとMacOS10.5にはWindows Vistaのカーネルが載り、そうなるとMacOSX上でWindowsのソフトが使えるようになるかもしれないってことらしい。
MacOS-XW.jpg

こんな感じの図もでてたけど、どうなんじゃろ〜もし実現したらこれこそパーフェクトなOSじゃないですか!

人の家のフレッツ光(Bフレッツ)申し込み、工事、開通。

 全くネット知識に疎い知人に頼まれ、引っ越しに伴うネット環境の移行をを頼まれた。別に俺が行うことはほとんど無いのだが、申し込みやら工事やらに付き添い、質問とか色々してくれっていうものだ。

 で、先月中旬近所のPCDEPOTに申し込みにいって来た。Yahoo!BB光やら、フレッツ光やら、nifty、GyaO 光、KDDIメタルプラスとか、TEPCOひかりとか色々あるけど、最初からftthで光ファイバーを検討することにした。後々ADSLにて後悔するのも目に見えそうなのでね。

 色々検討した結果、光電話も使いたいんでまぁYahoo!でもフレッツでもどっちでも良かったのだが、申込者本人の意向によりYahoo!BBは嫌だって言うので、フレッツ&OCNの組み合わせで申し込みを行うことにした。

 最近は光ファイバー導入でも、初期投資額がかなり無料に近いので驚いた。家電量販店とプロバイダーによる無料キャンペーンやキャッシュバックサービスもありがたい。今回のフレッツ&OCNの組み合わせではPCDEPOTで使える金券が10,000円分貰えた、プロバイダーからの開通の連絡書を提示することによって申し込んだ店舗でのみ利用できる物だ。いいなぁ・・・と羨ましそうに知人に言った結果、色々お手伝いをすると言うことで「開通したら半分使って良いよ」と、半額の5000円分の金券使用権利をゲットした!ラッキー!

 さて工事も紆余曲折有ったにせよ、先日無事に行われた。一応頼まれたのでその場に立ち会い色々な質問もして工事の兄さんと色々やりとりをしていた。光ファイバーが簡単に折れちゃうので注意してね!と言われたのでどんな風になるかと実演して貰った。意外にポッキリともろく簡単に折れたのでビックリした。

 ま、そんな勉強もしつつ、無事接続も完了し、ネットもオッケー、光電話も繋がった。ちなみに私自身もBフレッツなので同じ光ファイバー回線なのだが、今回のこの知人宅の回線でフレッツスクウェアの接続結果を見たところ。「60 Mbps」も出ていてビックリした。俺の環境は良くて「40 Mbps」くらいだからだ。もちろん両者共にインターネット接続だともっと低下はするんですけどね。ちょっと俺の環境より早くて羨ましかった。

 そんな訳で無事接続も完了し、一安心です。ちなみにその知人もMacを使っていますので残念ながら、Gyaoやフレッツスクウェアでのビデオ配信ほとんど見られないよ、と、告げた結果ショックは受けていた。一応Windowsも使えるiMac (intel)買えば?と、勧誘はしておきました。

 さて!無事開通したし、5000円分のチケットで何を買うか!早速知人とフレッツの申し込みをしたPCDEPOTへレッツゴー!

続く・・・・・

九十九からIntelCoreノートPC登場、Macの対抗製品になる?

 九十九電機eX.computericonシリーズにiMac (intel)Mac miniMacBook Proでも採用されているIntelCoreプロセッサー搭載のノートモデルeX.computer N70Jiconが登場していました。

 価格は新発売記念価格で通常価格よりも安くなっているようです。
Intel Core Solo プロセッサー T1300(L2:2MB/1.66GHz/FSB 667MHz)搭載モデルは99,800円〜で、Intel Core Duo プロセッサー T2300(L2:2MB / 1.66GHz / FSB 667MHz)モデルは、128,150円〜となっています。気になるスペックや仕様などは商品のeX.computer N70Jiconサイトをご覧下さい。
 もちろん、他のeX.computerシリーズ同様CPUやメモリー、HDD、DVDなどのカスタマイズも可能ですのでIntelCoreの上級バージョン「Intel Core Duo プロセッサ T2500(デュアルコア / 2GHz / L2キャッシュ2MB / FSB 667MHz)」を載っけることも出来ますね。チップセットはIntel 945GM Express / ICH7-M チップセット (M31EI / NAPAプラットフォーム)となっています。グラフィック性能はチップセット内蔵 GME950グラフィック (メインメモリ共有/最大128MB)で、ディスプレイは13インチ ワイドTFT液晶 (WXGA 1280 x 768となっています。
iconicon

ノートPCと言うことでまだそんなに登場していないIntelCore搭載PCとしてはMacBook Proの良いライバルになるでしょうか?・・・ま、shopPC系なのでそんなには注目されないでしょうけど、この値段設定から行くと良い感じに争ってくれるのかな?俺だったらMacBook Pro買うけどねぇ〜、って性能的に行くとMacBook Proのほうが高性能で、どちらかというとこのeX.computer N70Jiconは後に登場するであろうIntelCPUを搭載したiBookあたりと競合はしそうですね。でもショップブランドPCだからそんなに気にしなくて良いかもしれないけど、このPC自体はどんなもんかちょいと興味はありますね。

参考リンク
九十九電機
eX.computericon
eX.computer N70Jicon

関連ニュース記事 Yahoo!ニュース
[新製品]九十九電機、インテルCore Solo/Duo搭載の13.1インチワイドノートPC

PowerLogix→OWCへ資産と権利を移管、で、どうなんの?

先週の頭だったか、MacのG4用アップグレードカードのメーカーで有名なPowerLogixが資産と権利を同じくCPUカードとかで有名なOWCに移管していたって記事を読んだのですが、その後の事がvintagecomputerの社長さんblogに掲載されていました。それによると・・・

1、現在発売されている製品と過去に販売されていた製品の保証についてはOWCが引き継ぐようです。

コリャ当たり前ですよね。保証はちゃんとなきゃね〜

2、CPU Directorは10.4.4対応のままで止まっているようですがちゃんと10.4.5対応のアップデートを行うようです。

これも当たり前だって言うに。でもその後はどうなるのかしら・・・・10.5とかにまでちゃんと対応してくれるのかどうかは微妙なのかもしれませんね。

3、年初に7448系CPU製品のリリースを発表していましたが、これに関しては実現が難しいのでは?というような見解が示されていました。

これについては残念ですな。7448は結構待望のG4だったのに、たぶんこの7448を待って居た人たちも居たはず。決定ではないにしろ可能性はかなり薄いようですね。残念です。

詳しくはVintage computerVC社長日記をご覧下さい。


PowerLogix
PowerForce 7447 G4 2.0GHz

参考リンク:
VC社長日記(blog)
powerlogix
OWC

mighty mouse → hole mouse

昨年秋頃に購入したMighty Mouse、いろんな所でも出ている問題同様、俺のMighty Mouseもscrollが効かなくなってきた。そこで分解清掃しようと思いまして分解!

 ちょっとはめ込み部分が堅くて折っちゃったのは良いとして無事に分解し,スクロール部分を清掃、取り付け治してMacに再度接続すると・・・・ジジジジジジジジって音が鳴り続けブラウザ画面は上下左右に動きっぱなし。あれ?センサー部分おかしくなっちゃった。何回やっても、接続部分外したりいろいろしても戻らなくなっちゃった。あー失敗!壊しちゃったぁぁぁ(・_・、)

 もうどうにもこうにも直らなくなったので以前使っていたワンボタンmouseに戻して使っていたのですが、どうにも体がMighty Mouseの右クリックやスクロールに慣れ親しんでしまい既にワンボタンが使いにくい・・・。そんなわけでスクロール部分くっつけたままだとジジジジ音がうるさいし、常にスクロールしっぱなしになっちゃうので思い切って外した。新しいの買うかどうかは解らないけど、せっかくのMighty Mouse、普通の2ボタンマウスとして使うことにしました。でも、スクロール部分取っ払ったら「穴」開いてるの・・・。hole mouseになっちゃいましたね。
DVC00050.jpgDVC00049.jpgDVC00048.jpg

左から取り外したスクロール部分、Hole部分、折れたところ。

買い直すかなぁ新しいの。悩むなぁ

ひょうたんスピーカー

iPodでもつかえる変なスピーカーが出ています。バード電子B-SHOPでなんともへんてこりんな、って有る意味芸術的なスピーカーが販売されています。
20060308153546.jpg

天然物のヒョウタンをつかっているので在庫状況は要確認です!

参考記事リンク:駒は出ないけど音がでる。バードのひょうたんスピーカーフェア

Macの改造将来性を考えると・・・

iconicon 改造ネタを書いている私としては気にならないはずはない!ってなかんじで先日発売開始されたMac miniのCPUスロットはソケットタイプで交換可能って言うのは随分有な話だが。実際に交換したって言う記事がLINKAGE経由で知ったhttp://www.xtremesystems.org/forums/showthread.php?t=91459に出ていました。元々のは1.5GHzCoreSolo搭載のMac miniに2.16GHzのCore Duoiconを載っけたみたいです。でもただ交換しただけで熱とか平気なのかな?ノート型用のモバイル向けPentium Micon後継だからそんなに発熱は心配ないか? ま、もっともっと人柱報告が上がればおのずといろいろな結果報告が上がると思うので興味津々ですね。

 こう、Mac miniとかiMac (intel) 、とソケットタイプと言うことでCPU交換が出来るってなってくると得にタワー型の高性能モデルを買って後々まで延命していこうって言う今までのMacルール?ルールって決まってないけど長く使うならタワー型買って改造って言う定番が結構あったと思うんですよ。他のは改造中々手軽に出来ませんでしたからね。でも今回のIntelチップ化によりコンシューマー機でそれができるってなると随分変わってきますね。へタすりゃMac miniとかiMac (intel)でもかなり長期間ハイパワー改造が出来る可能性が出てきたわけですよ。CPU交換て言う点ではね。そう考えるとMacに新しいラインナップを追加欲しいですね。たとえば今のPowerMac系までの拡張性を求めるまで行ったら価格高くなりそうだから、せめてミニタワー、ミドルタワークラスのを1個バリエーションに追加して欲しいですね。もちろんCPU交換できて、さらにPCI-Expressスロットを交換可能な状態のを設置して欲しい。グラボ交換用って感じですよ。拡張性重視な感じでほんと欲しいですね。iMac (intel)と同じくらいの性能でモニター無しのミニタワー、ミドルタワー、スリムタワー辺りをラインナップに希望したいなぁ・・・今のラインナップの製品じゃCPU交換、HDD交換、メモリー増設くらいしかできませんからね グラフィック関係も強化したくなるんだからさ。なんとか出てくれたら嬉しいんですけどね。

Mac mini Intel

 Mac miniのIntel版出ましたね、詳細は今朝ほど書いたから良いとして、こいつはグラフィックがチップセットの物使っているとは言えCoreimage使えないわけ無いだろうし。(後に判明 使えません。Coreimage)今朝も書いたけどPPC版からIntel版へ移行をしてみたい!って思っている方には良いでしょう、モニター無しのiMac (intel)って感じですね。グラフィック性能に違いはかなりあるけど。それに新機能って言うかいろんな機能追加されましたね。注目すべき事は10/100/1000BASE-TギガビットEthernetを標準搭載!これは良いね。いっぱい買って繋げたらG5抜くかもよ!あと、こんな機能、

Mac miniに搭載されたFront Rowで、別の部屋にあるコンピュータと音楽や写真を共有して再生できます。つまり、Mac miniを操作して、お手持ちのiMacや家族のMacBook Proで写真を表示したり、書斎にあるiMaciTunes Music Storeから曲をダウンロードし、リビングルームにあるMac miniで再生することもできます。」

益々ホームサーバー化しているわけ。無線で繋がっているならほんと使いかって良いですよ。GigabitEthernet搭載って事で有線LANならもっと高速なネットワーク構築も可能。初期型Mac mini買われた方はこっちに鞍替えしても良いんじゃない?
intelcoreduo20060228.jpgintelcoresolo20060228.jpg

iPod Hi-Fi 日本人は何処で使う?

20060301143641.jpg iPod Hi-Fiが出たって今朝も書いたけど、こいつはどうなんじゃろう?取りあえずのスペックはこんな感じ。なんだかアメリカンなサイズで、日本の家庭向け製品じゃぁないよね。こんなでかい物つーかAppleがこの分野出す必要性はあんまり感じられませんね。これ日本人のうちで使うにはサードパーティから出ているその他のBOSE SoundDockとかの方が家庭内では良いと思う。

 iPod Hi-Fiは何処で使う?クラブかな?でもクラブにiPod Hi-Fi必要かなぁ要らないだろうなぁ。なら何処だ?アウトドアだな。キャンプとかに一台iPod Hi-Fiあれば結構重宝はされるかも。課程ならホームパーティって感じですか、でも日本人でホームパーティやる家族なんて限られているよね。そうなるとキャンプとかだね〜河原でバーベキュウとかには持ってこい!のかなぁ・・・?原宿とかで肩に担いでタンクトップ着ながらずんどこずんどこ♪  やらねぇな〜

ちなみに使えるiPodはDockConnector搭載第3世代のiPodからでやんす。

 あ、iPod with Video レザーケース(30GB)も出てますな。格好いいけど発表会で発表するほどのことでもないよな。

Apple、新製品発表の予告でさまざまな憶測

こんな記事がYahoo!に出ていました、

Apple、新製品発表の予告でさまざまな憶測
AppleComputer ( NASDAQ:AAPL ) の次なる動向は、しばしばシリコンバレーで注目の的となるが、今再び憶測合戦が過熱している。

Apple は先ごろ、一部メディアに向けて「弊社の楽しい新製品を見に来てください」という謎めいた招待状を出した。時は28日、場所はカリフォルニア州クパチーノの本社だ。これに端を発し、目下さまざまな憶測が飛び交っている。

Apple 関連の情報サイトや専門家の間では、次の製品は何かという話題でもちきりだ。可能性が高いと目されているものは2つある。1つは新たな Intel 製プロセッサ搭載コンピュータ、もう1つは同社の稼ぎ頭『iPod』の新製品だ。低価格の小型コンピュータとして、キーボードやマウス、モニターなしで販売している『Mac mini』に、新たに Intel 製プロセッサを搭載して刷新するとの予測もある。

そのほか、iPod 関連で、新たなアクセサリやその他の発表があると見る人もいる。
記事全文

 ほんと、ここ数日憶測記事がすごいですね。私も気にはなるがこのblogでApple製品の未確認情報は公開できないので書かないけど、理由はAppleStoreのアフェリエイト規約によるものです。そんなわけでこの様な話題は他のブログさんに任せっぱなしで行きます。情報収集はしていますけどね、Appleの広告外すことになるのも面倒くさいですから。

 あの製品が出るのか?この製品はガセネタか?とっても気になりますよ。結構だまされたこともあったし。いやはや数時間の後に判明するようですが楽しみですねぇ。

以前規約に触れたときの記事はこちら

QuicktimeでZガンダム3

Z03_001.jpgAppleQuickTimeページで見られる映画予告編に、来月公開される「機動戦士Zガンダム3 星の鼓動は愛」の予告編が公開されていました。毎回ながらなんでAppleで公開しているのかしら?それはMacで作っているから。

 そんなわけで近づいてきましたね、もうすぐ終わってしまいます。ゼータガンダム映画版三部作も。「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」「機動戦士ZガンダムII -恋人たち-」に続いての登場です。どうやらラストはテレビ版とは違う模様ですので、どんな仕上がりになっているのか。。。テレビ版が名作だっただけにちょっと心配でもあったりはしますが乗りかかった船・・?使い方違うか。まぁ、一応ここまで気にして見てきたから最後も気になりますわ。

zetagundam3_poster.jpg ちなみに下記リンクの予告編を見るにはQuickTimeが必要となります。無料ダウンロードしてね。オフィシャルサイトではWindowsmediaplayerで見ることが出来ます。

参考リンク
QuicktimeでのZガンダム予告編こちら
オフィシャルサイト:こちら

このblogの他のガンダム関連記事はこちら

CaptyDVDをバージョンアップしてみた。

MacのDVDオーサリングソフト、CaptyDVD2.0をアップデートしてみました。
私が使っていたのはCaptyDVD Ver2.0っていうやつで最高にアップデートしてもバージョン2.5.1でした。そんな時に新製品としてCapty DVD / VCD 2(ver.2.5.4/pix_cpdv_pk3)って言うのが販売されました。ところがアップデートではなく有償にて新製品を買えという物だったのです。ところがその後旧製品のCaptyDVD2.0にspeed-up kitを組み込んであるタイプの製品に対しては無償で新製品である2.5.4にアップデートできるという物でした。しかぁし!俺のはspeed-up kitを組み込んでいない。しかもspeed-up kitは販売終了済み。しかたないから諦めていたのだけれども、私の記事にTBしてくれた方の記事(こちら)を見てまだとあるURLでは購入が可能と言うことだったので、必要かどうか微妙ではあったのだけれども興味本位で購入してみることにした。

旧製品用のSpeed-Up Kitのダウンロード購入はこちら
http://service1.media-com.co.jp/pixela/vcdspeedupkit/download.asp

これにより無事アップデートできたので、そのまま新製品の2.5.4へバージョンアップを無償で行うことが出来ました。よかったよかった、


Capty DVD / VCD 2

参考リンク
旧製品 Capty DVD2.0:http://www.pixela.co.jp/mac/application/capty_dvd_vcd2/index.html
Speed-Up kit:http://www.pixela.co.jp/mac/application/speedupkit/
新製品 Capty DVD 2:http://www.pixela.co.jp/mac/application/pix_cpdv_pk3/index.html

で,実際の使用感は?・・・うーん違いがわからない!ちょっと速くなったかな?

キャプチャー環境をWindowsに移行。色々使ってみる編&後書き

早速、設置と設定も終わったのでテレビ見たり録画したり予約録画もしてみよう!
テレビを見るのはmAgic TV5っていうソフトです。こんな感じの画面です。
mov003.jpg

もちろん、フルスクリーンで見ることも出来ます。画質はまぁまぁって所かな?悪くもなくすっごい良いわけでもなくmpeg2用のハードウェアエンコーダーって感じです。Mac用のと画質自体いろいろな機能が付いては居ますが、見た目大差はありません。ハードウェアエンコード特有の実放送からのタイムラグももちろんあります。知っているので特に問題ではない。あんまり気にしない。

 ADAMS-EPG&iEPG予約はもちろん使える。テレビ欄はもちろんネット経由でダウンロードし、チェックしながら予約が出来る。この点はMac用の俺が使っていた奴よりかは使いやすいかもしれない。最初ちょっと使い勝手が違いすぎて戸惑ったけどなれたら結構いけるかな。その画面はこんな感じ。
mov002.jpg

面白いのは現在の時間が赤線(エッチな店じゃないよ)で表示されているのでわかりやすくてグッドです!

そんでもって録画してみた。録画したファイルは下のキャプチャーのような感じで保存されます。制止画キャプチャーも出来ます。六ファしたデータは番組ごとにタイトルが付けられ各フォルダーが作られその中にmAgic TV用の「.gno」という拡張子ファイルと、mpeg2ファイルが保存されます。
mov005.jpg

mov001.jpg 録画中やテレビ視聴中のCPU使用率がどのくらいなのか調べてみたところ、非常にCPUに負担がかからないことが解った。左の写真のような感じで実際はもっと軽く、録画中も視聴中もほとんど変わらず、9%〜15%くらいしか使っていない。これは非常にありがたい。CPUの熱問題は俺が使っているPentium4のPrescott630は結構発熱多いので、CPU負荷が低いのは嬉しい限りである。Macで使っていたCapty TV FIMではCPU使用率がずーっと100パーセントなので運が悪いとフリーズやカーネルパニックを10.4.4にしてから頻繁に起こるようになっていたので気にしていたのです。たぶん仕様の違いなんでしょうけどね。CPU負荷100パーセントはいくら何でもねぇ・・・そんな所からから見ても、このGV-MVP/RZ3iconに関しては安心できました。

録画した動画のDVD化も意外と楽ちんです。付属のSoftware「Power director Express」を使いぽんぽん!って感じで出来ちゃいます。CMカットも自動で出来てお手軽に作るにはこのソフトで十分でしょう。ただ、編集作業や使いかっての良さから行くと、私がMacで今まで使っていたPixeDV for Macを使って編集し、Capty DVD / VCD 2でオーサリングした方がはっきり言って良い感じのメニューとかが作れる。今回のGV-MVP/RZ3icon付属ソフト「Power director Express」に関してはお手軽にDVD化する場合は良いけど、ちょっと懲りたかったり、細かく編集したかったりする場合は向かない感じですね。自動CMカットは良いけど編集性、操作性、使いかっての良さはソフトに限って言えばやっぱりMacのほうがやりやすいですな。もちろんGV-MVP/RZ3iconで録画したmpeg2ファイルはMacにネットワーク経由で持ってきて、PixeDV for Macに保存し編集が出来ます。その後のCapty DVD / VCD 2を使ったオーサリングも問題なくできるので、そのDVDの利用用途によってMacでやったりWindowsでやったりと色々時と場合によって使い分けられそうです。

よし!言い買い物をしたぞ〜♪

あ!あと、売りの機能としては付属ソフトでPSPiPod、携帯用の動画に一発変換できます。あんま使わないから要らないけどね。携帯動画変換君や変換ちゃんを使えばもっと速くて楽ちんですから。

次に注目の機能は、外出先や、携帯から録画予約が出来るという機能です。これは使えそうでありがたい。携帯側で登録も必要なのだが、しばらく様子を見て必要だな!って思ったら登録しと買ってみようかと検討している。詳細はTV nanoというサイトを見てください。この機能に対応している製品だと使えます。

次は、たぶんこの機種一押しの売りの機能なのでしょうけど、GV-MVP/RZ3iconや、対応製品を最大8台まで使って、8チャンネル同時録画が可能となっております。ま、使わないけどね、一度に8番組録画するビデオオタクには必需品かもですが・・・そんなに撮る番組重ならないでしょ〜にねぇ そんなわけでこんな機能もありますよって事でした。あ!もちろんお任せ録画もできまっせ!

そう言えば、以前記事に書いたように家の身内がVAIO type V 17型ワイドを購入し、それに付いている録画機能が使える!それをMacで編集し!って言うような記事を書いたのだが。さすがに人のパソコンを勝手に使わせて貰っちゃうのもあれだしね〜 人のパソコン勝手にのぞけちゃうのも微妙なのであんまり使っていないのさ!そんなわけで今回のGV-MVP/RZ3icon購入検討に持つ納合端ですけどね。とにかくこんな感じです。

 次は保存用のHDD容量を増やすことでも検討しますかね。80GBですから・・・

キャプチャー環境をWindowsに移行。設置、設定編

と!言うわけで買ってきました。GV-MVP/RZ3iconを早速おいらのサブWindowsマシンeX.computer Q52J / 915Gモデルiconにセットアップしていく。

購入したのはこれ。
mov103.jpgmov102.jpg

mov101.jpg 注目はこの左の写真の部分に書かれているところ!ATIグラフィックのチップセットでは利用できないので要注意です!私のeX.computer Q52J / 915GモデルiconはIntel製チップセットでグラボもGIGABYTEのGV-NX66128DPiconと、言うGeForce 6600搭載のボードなので問題はない。購入検討者は要注意ですよ!

mov007.jpg セットアップ手順は付属のCDROMからドライバーやソフトウェア類をinstallしてからハードを接続する。手順はちゃんと説明書に書いてあるのでその順番で行いましょう。って言ってもこれの説明書有って無いような物に近いな・・・・ぺらぺらの紙が一枚。うーん初心者は悩むかもしれないですね。使い方とかは結局ヘルプに記載されているのでそれを見ろって言う感じです。

mov004.jpg セットアップも無事終了したのでハードを取り付ける。接続方法はUSB2.0です。Windowsには先にドライバをinstallしてから繋ぎましょう。で、mAgic TVって言うソフトを起動しチャンネルや保存先などの設定をしていきます。我が家は東京多摩地区なのだが、東京にはチャンネル設定が3種類有る。「23区」「多摩地区」「八王子地区」って言う感じだ。我が家は多摩地区だから「多摩地区」を設定するように思われるのだが実はチャンネル設定は23区に近い。完全に同じではないので自分で設定し治すのも必要となる。テレビもVideoデッキの設定でも毎回めんどくさいな〜って思いながら設定するけど最初にやらなきゃいけないので我慢して設定しました。

 保存先は以前購入した秋葉館オリジナル外付け FireWire ハードディスクケース [AKB35FW-BK]に突っ込んである予備用の80GBHDDを設定することにしたのだが、Macとのデータやりとり用にもしていたので、フォーマットタイプをFAT32にしていたのだ。しかし、どうやらGV-MVP/RZ3iconで録画するのに限ったことではないのだがNTFSじゃないとダメらしい。要するにFAT32形式では1個のファイルの最大保存容量が4GBだったかな?制限があるって言うわけだ。そんなわけで泣く泣く秋葉館オリジナル外付け FireWire ハードディスクケースの80GBHDDをNTFS形式でフォーマットし直し録画データ保存先に設定する。

次回の記事へ続く〜

キャプチャー環境をWindowsに移行。検討、購入編

 以前導入したWindows、そのときも書いたようにいつかはWindowsにビデオ録画、キャプチャー部分を移行したいと考えていました。キャプチャー中Macでなんにも作業できなくなっちゃうのが嫌だって言うのがあるのと、自動処理はWindowsに任せておいた方が気楽なのです。Macは実作業で使うのがベスト。そんなわけでどんなタイプの製品を購入するか検討してみた。

 まず第一に考えなければいけないのは「PCIスロット用の内蔵タイプ」か「USB用外付けタイプ」での検討だ。俺の使っているXPC SB86iiconは言わずとしれたcube型、しかも温度問題で冷却化に苦労しているのは今までの記事で読んだ方はご存じであろう。さらに私が使っているグラフィックボードはGIGABYTEのGV-NX66128DPiconと、言うGeForce 6600搭載のボードなのだが、ファンレスなのだ。その為グラボの両側にヒートシンクが出っ張っていてすぐ隣の一機しかないPCIスロットを塞いじゃっていたのである。そんなことからはっきり言って無条件で外付けのキャプチャーにすることとなった。

iconicon で、外付けの機種を色々物色iconした結果I-O・DATA社製のGV-MVP/RZ3iconを購入することに決めた。色々なネットの情報やらググって調べた結果なのだが、最終的な使い勝ってや機能、そのようなのは自分で実際買って使ってみないと解らないことが多いので或見かけではあるのだが、最低限の情報は得ようと調べた結果、GV-MVP/RZ3iconにしてみた。さっそく近所の電気屋で購入。。。。後で気がついたがネットで九十九iconとかで買った方が安かったじゃん・・・・ ま、その辺が抜けているのが俺の良いところと言うことで気にしないようにしよう。

次の記事へ続く〜

あら?知らぬ間にiPodnanoに1GBが。。。

ありゃりゃ?2〜3日ネットって言うかMacに触れていなかったら乗り遅れた。
iPod nanoに1GBモデルが登場したそうな。iPod shuffleも値段が変わって共にお買い得となって居るみたいですね。でも、shuffle安くなったけど実際問題うちの相方持ってるけど要らないなぁ。で、iPod nanoの1GBは安いね。お手頃間があってちょっと欲しい。3GiPod持ち歩くよりも嵩張らなさそうだし。車で聞いたり電車の中で聞いたりする用に持ち歩くには一番いい気がしますからね。うーん欲しいけど・・・後4000円出せばiPod nanoの2GBモデルに手が届く。4000円で倍か〜。

ipodnanou_468-60.gif

第3世代iPodが人気?

先日の記事でどの世代のiPodが好きかアンケートを採っている最中なんだけど、まぁこんなへんぴなblogでアンケートしたところで票は全く集まっていないんですが、20票弱だし・・・。ってそんな状況で今票を伸ばしているのが第3世代のiPod。意外と人気なんですな。

アンケートはまだ受付中です!投票はこちらの記事からどうぞ!
どの世代が好き?(アンケート)

Intel MacにWindowsはいるのかしら?

さてと、IntelCoreduo搭載のiMacとMacBookProが発表されましたが、CPUがIntel製になったと言うことで注目が集まっているのが、IntelMacにWindowsが入るの?っていうことだ、Appleによるとユーザーがそれを行うことを不能にするようなことは行わない。ということらしい。実際問題道なのだろう。発表間もないのでまだチャレンジしたという報告は眼にしていないのだが、事実IntelMacにWindowsがインストールできたとしたら・・・さらにLinuxとかもインストールして、超漢字とかも入るのか?
 これが全て可能になったら一台で色んなOSがブートできるという画期的な物になるに違いない・・・

Appleはそれを推奨しているわけではないらしいのだが、技術的な問題として興味津々ではある。WindowsにはBIOSっていうのがあるのだが(AppleにもあるけどWindows見たく設定などで使わないしほとんど目にしないから)AppleのマザーボードにWindowsをinstallできるような設定のBIOSが乗っているのか?それを MacOSX側に不具合が起きないような状態のBIOS設定が可能なのか?さらに、HDDのフォーマットだ、何回か記事にしているがMacとWindowsではHDDフォーマットが違う。HFS+とNTFS,FAT32とか色々あるのだけれどもデュアルブート可能にするにはHDDを二台搭載しないといけないのか。別々のフォーマットで1台づつっていうことだ。 Windowsを外付けから起動できるのなら外付けHDDにインストールって言う手もあるかもしれない。

 技術革新って凄いなぁ。きっと全てを可能にするパッチやらハックやらアップデートやら、Appleからは出なくてもいつかだれかが開発するような気もする。

 そんな事しなくてもVirtualPCをIntelMacに早く対応させて貰ってそこにWindows入れたら今までよりは絶対早くなるはずだ。そっちのほうがお手軽だよね。

 まぁとにかくどっかがレポートしてくれるのをまとうかと思う。 いやはや楽しみだ。

ただ搭載されているマザーボードはIntel 945を採用しているらしいですね。なら動くかな?普通に、ただ良くわからないけどCSM (Compatibility Support Module)が載っているか載っていないかが分かれ目らしい。
詳細はhttp://japanese.engadget.com/2006/01/13/mac-xp/
mac_win_iroiro.gif

俺とMac/Mac仲間たち その2

 続けて書いてみよう。Macに見せられた者の一人である私はMacを始めた当初から初心者に毛の生えた程度にもかかわらずいろいろと布教していたような気がする。実は私はイギリスの車、Miniのクラブに参加させていただいているのだが、(そのクラブのサイト/休止中)当時はそこで良くMacについて話していた記憶がある。そう、そのうち気がついたらMiniのクラブでのMacユーザー率が増えていたのでもしかしたら私の布教活動が原因してもいるのかしら・・・。ま、そうとも限らないんですけどね。

 そう、マックを薦めると必然的に付いてくる事がある。それは教えることだ。なんだろう、きっかけを作って楽しさを教えるっていうのも楽しさの一つなのかもしれない。いったい何人にMacを教えたのか数えたことがない。最初に教えたのは姉、両親だった気がするが、彼らはWindowsユーザーとなった。身内の中では俺一人Macユーザーなのだが、身内以外は周りにMacユーザーだらけだ。(Windowsとの両刀遣いも多いけど)

 私の教えた人には色々居る、一人は電気店への購入に付き添い、取り付けインストールセッティング、メモリー増設全て1からやってあげた人もいる。お礼にごちそうして貰ったのだけれども、それもまた楽しかった。Macどうのこうのと言うより友人とまたひとつ繋がりが増えたからだ。

 もう一人は素晴らしい。私が教えたと言っては申し訳ないと思うのだけれども、Miniのクラブで知り合ったtd-taroさんという方で、友人であり、人生での先輩であり、素晴らしいアーティストでもある人だ。Mac購入は私が進めたわけではなくご自身で購入されていたのだが、一番はじめの使い方を少し教えた程度なのだけれども、その後の作業は素晴らしい。元々美術系や音楽系に堪能だったのもあるのでしょうが、見事に使いこなしている様子。DMやらWeb、自身が参加されているBandのアルバム制作、かなり多岐にわたって使われている。前の記事で書いた様に根っこにアナログが有るからこそ出来る技だと尊敬する。
td-taroさんのブログ「Velvet Beach Time Diary

 次は別に教えた訳じゃなく、Mac仲間といった所かな?同じ時期にMacを始めていて、最初に買ったMacも Performer6420という全く同じ機種だったのもおもしろいのだが、お互い持ちつ持たれつ、彼の知らないところ、俺の解らないところを補完しあっている、お互いに情報を得たり与えたりとなかなか言い関係だと思う。最近では二人とも同時期にWindowsを購入し、情報や知識も共有しあえていて良い持ちつ持たれつな関係が出来ていると思う。それ以外でも普通に友達で旅行したり呑んだり、良い親友である。彼はフリーでグラフィックデザインやWebデザインなどをし、自身のサイトでTシャツやグッズなどの販売もし、彼もまた私のような心底オペレータとは違い良いアーティストだと思う。元々は音楽を学び、その後映像の方を学んでいたらしく良い感性を持っている。
彼のサイト 「Romantics JUJU
「Cute」や「Zipper」などにも広告が載っていたりしているので知ってる人は知っているかもしれませんね。各紙に登場するモデルさんを使っていてかなり本格派です。グッズの購入も出来ます。

 一番最近Macを買わせ教えたのは自分の相方である。元々写真やデザインの知識がある方なのでMacを使いこなせば幅はかなり広がるであろうという楽しみがある。でもまだ一年たってないから徐々にかな。

 さて、教えるには良いことと悪いことがある。いつまでたっても訊いてくる人。あれには参るね、しかも本業がグラフィックデザイナーだったりするときだ。使い方が解らないと、ま、私も知っていることだったら情報は教えてあげるのだが、時と場所を考えずに訊いてこられると参る。仕事中、深夜、訊けば解ると思っているようで自分で独学し覚える気はないらしい。困ったときのqozy頼みだそうだ。PhotoshopやIllustratorに関することもあったけどOS,システムやハード的な事が多かった。恐らく4年くらいはその質問攻撃にあっていた気がする。最近では随分仕事でこなせるようになり質問は皆無になったが長かった。結局覚える人って言うのは自分で新しいことを吸収する意欲がある人だけだと思う。独学でも何でも、知りたい!使えるようになりたい!◎◎を作りたい!ってな具合にね。

 でも、まだまだ私も知らないことが多い。システムの内部やUNIXに関する知識は皆無だ。そこに興味を持てるのか疑問だが徐々に勉強していこうと思う。最近はWindowsのシステム的なのを勉強するので精一杯ではあるのだが、Macに関してもまだまだ勉強したかったりする。好奇心はつきないものだ・・・・

俺とMac/デジタル〜画像処理〜デザイン〜教育〜アナログ その1

そう、気がついたら随分とMac歴が長くなった気がする。きっかけは以前書いた記事を読んでね!

 Macとの出会いは1995年仕事で出会ったのだが、自分が購入したのはその会社を退社後の1997年。そう今年の夏で丸9年となる。

 当時専門学校でPhotoshop4.0とIllustrator5.5を学んでいたのだが、それは3ヶ月コースというとてつもなく短期間での講座でした。別に「Macで仕事をしよう!」とか、そのような物ではなく、取りあえず使いたかったから学んでいた感じでした。その後3DCGの方へ進んだ為、MacではなくUNIX環境でのAliasPowerAnimatorという現在のMayaの原型になったソフトを学んだのだが挫折、結局めぐりめぐってMacで仕事をすることになったのでした。

 たかだか数ヶ月MacをかじっただけなのにMacで仕事。元々は全く違う職種だったのにMacが使えたからって言うだけでなんと最終的には画像処理技術者&なんちゃってデザイナーになって、毎日スキャニングー加工ー合成ー色調整ーポジ出力ーデータ出力ー紙出力&デザイン業務ーDM作成ー広告作成と明け暮れていました。まぁ元々絵を描いたりするのは大好きだったので楽しんではいましたが、3ヶ月の勉強で何も解っていなかった私としては技術的知識がかなり当初は厳しく悪戦苦闘していたのを覚えています。

 システムについての勉強は独学で覚えていったのですが、画素(Pixel)と解像度(dpi)さえ理解し切れていなかったからです。当時の会社の人で周りにはMacやデジタル知識を熟知している人がいなく大変な思いをし、作業に追われながらも追い込まれ、自分で本を読み勉強し、実作業により理解していきました。その会社の運営状態にも問題はあると思うが・・・なんせちゃんと解っていない私を作業者にしちゃうから・・・ちょっと使えるだけだったのに。そう、画像処理などの技術的な作業は実作業でどうにでも身に付くのだ。しかしよく考えてみよう。それはデザインに関することだ。何で俺がデザインまでやっているのかしら?確かにMacでPhotoshopやIllustratorは使いこなせていた、しかしデザインとなると話は別なのである。デザイン的な勉強したことあるのか?俺。高校時代に美術を専攻していたくらいでデザイン技術は何にもない。

 そこでだ、何を思ったのかデザイン力の乏しさに嘆いた私は20代後半で手書きのデザインを学び始めたのだ。さらにMacに関しても独学という事で若干蟇目を感じていた。だからMacの学校にも通い直しPhotoshopとIllustrator、QuarkExpressを学び治すこととし、さらに自分の中の空白的な知識Windows環境でのWeb制作も学び治すこととした、Webに関しても97年に独学でサイト作りも始めては居たのだが・・・そう、独学でやっていたため通常みんなが知っている基礎的知識の欠如が自分で許せなかったのだ。独学の限界を感じていたのかもしれない。仕事では周りに自分より詳しい人がいなかったのも影響はかなりあり成長の限界を迎えていたのであろう。そこで感じた事なのだが、パソコンは道具に過ぎない。画像処理やWeb制作に限って言えばMacやWindowsが有るからこそ行える事なのだが、デザインに限って言えば全く違う。デザインするのはあくまで感性、IllustratorやPhotoshopはデザイン道具で言う雲形定規やスケッチブック、鉛筆、アクリル、アクリルガッシュとかと何の違いもないただの道具なのだ手作業で作画していた部分、着色していた部分をコンピュータ化しただけ、レイアウト、キャッチコピー、書体、全ての基本はアナログ&感性のはずなのだ、それに手書きで絵を描き、デザインし、線を引き、Macをやっているより遙かに楽しめたのを覚えている。絵の具を塗る筆の力加減。デジタルにはない魅力だった。そう、思い出した、そういえば小さい頃小学生の頃は毎日のようにチラシの裏に絵を描き遊んでいたのを覚えている。あの感覚だ、あの感覚を思い出した。大人になり全く絵を描かなくなっていたからだ。

 確かに小中高とかなり絵は描いていた、両親には美大へ行けと勧められていたのだが何故か行かなかった。だから普通のデザインや絵が好きな人とは順番が違っているのかもしれない。みんなは先に絵を勉強し必要に迫られMacやWindowsによる作業を覚えていく。私は逆だった気がする。だから仕事での実作業で限界を感じていたのかもしれない。そう、その空白部分にふがいなさを感じていたのであろう。

 そんなわけで今は心底思う。MacやWindowsはたかが道具だ。あくまで感性なのだ。デザインや音楽制作もそうだ。感性でしかない。デジタルを利用することで広がりを見せるのだが基本はアナログ。アナログ無くしてデジタル化はあり得ない。それにWindowsで文章書くっていうのもそうだ。文章を書くのも感性が重要なのだ、人を引きつけいかに自分の意見を文章に入り込ませるかが重要なのだ。

 だからといってMacでの作業をやめられるか?と問われれば既にそれは不可能だ。Macには何故か魅力があるのだ、この操作性、デザイン製だけでは語り尽くせない何かがあるのは事実。それに魅了された一人なのであるから。大人になってからの9年間Macは常に私の右腕として働いてきてくれたのも事実。慣れ親しんだこの環境を捨てる気にもならない。最近Windowsを導入したのだがそれはまた幅を広げるために過ぎない。

 で。今はMacで仕事をすることはしていない。情熱が失せたのかもしれないけどね。

 しかし、このMacの魅力は何なのだろう。。。ただの道具なのにね、おかげでいったい何人の人にMacを教え、新たに買わせ、Macユーザーを拡販したのか。。。数え切れない。今思う。Macに出会えて良かったと。

次回に続く

新製品発表、で思ったりしちゃったり。

im_ib_chip_060110.gifさ、今朝になりますが、色々Appleさん新製品出してきました。昨年発表されていたCPUのIntelへの行こうが思ったよりも早い段階で始まりましたね。
 さて、予想していたのは、MacminiとiBookからのコンシュマー向け下位機種からIntel化を計るのかと思っていたのですが実際というか、予想は外れコンシュマー向け上位機種のiMacと、プロ向けノート型PowerBookがアップデートされました。

インテル搭載新機種は、iMacと、MacBookProです。

詳細などはApple Storeを見たら解るので割愛させていただくが、他のサイトさんも書かれているし。そこでちょっと思ったことでも書いておこうか。さて、このに機種に搭載されたIntel製CPUはどれにあたるのかしら。Intel Core Duoプロセッサという名前なんだけど、実際問題PentiumDにあたるのかしら?でもPentiumDのクロック数は2.8GHz〜3.2GHz程度なので恐らくノート型用の省エネ番CPUなんでしょうな。うーん、どの程度の物なのか。あ、でも省電力版のYonahって名前でしたね。それが搭載されたのでしょう。実機を買う金はないので新製品レビューなどが早く色んな所にアップされるのを気長に待つとするか。

今年中には全てのIntelへの移行が完了すると言うことですから今年末にはPower Mac系もIntelへの移行が行われるでしょう。どの様なスペックになるのか気になるところですね、
PowerBookがMacBookProって名前になったから、PowerMac G5はMac Proとか言う微妙な名前になっちゃうのかしら・・・。

あ、どうやら新機種のiMacと、MacBookProですが、PowerPC版のiMac G5PowerBook G4もしばらくは平行販売される模様ですね、


そう言えば気になる点としては、PPC用はRosettaが搭載されてエミュレーションは出来るらしいけど結局OS9のClassic機能はサポートされたのかな?Intel版Macで。どうなんじゃろ。新製品発売に注目しがちだが過去の遺産は引き継ぐのかしら。

後、iLife ’06iWork ’06とか.Macもアップデートされましたが、ポッドキャスト機能が強化というか搭載され、色々連結して作業が出来るようになったようですね。どっちかというとこっちに興味があるかも。もう少し検討して導入するか考えようか、Garagebandで作曲して公開するのも楽になりそうですね。

気になる新機能としてはiLife ’06に入っている新アプリiWebに入ってるブログ作成機能ですが、これは.Macにアップデートされるのでこれからブログを始めようとしている方はアフィリエイトを利用できない点を理解してから始めた方が良いですね。.Mac内サイトはアフィリエイトの利用が確か一切出来ないはずですから、利用規約的に。アフィリエイトやりたい方は無料のブログサービスで可能なところを利用した方が無難でしょうね。でもちょっと興味有るのでもしかしたらもう1個のブログを閉鎖してiWebで作ってみても良いかな?なんて思っても見ます。アフィリエイトに関してはここでやっているからなぁ。

シリアルポートはないよねぇ

で、買ってきたVAIO type V 17型ワイドですが、家の身内が一生懸命セットアップ・・・おい、これは何処に繋ぐんだい?・・・・そうプリンター・・・なんとシリアルポートタイプの古いプリンタだったのです。エプソンなんだけど、USB付いているだろうと裏側やら色々見た結果付いていない。あわわ、ダメじゃん。以前俺もMacでプリンター繋ぐときに昔のPerformerからG4買い換え時にプリンターポートが廃止になったことからシリアル-USB変換ケーブルを利用していたため夏ぐらいまでは持っていたのだ、とっくにプリンタ買い換えたため使っては居なかったのだが。。。タイミング遅し、既に俺はヤフオクで売っちゃってました。

 そんなわけでまたまたプリンター購入、今回俺はめんどくさかったので買う本人が一人で出かけ買って帰ってきたのだが、購入してきたのは・・・PX-A650、またまたエプソンです。しかもオールインワンパッケージ!スキャナつきじゃないですか!俺も使わせていただこーっと、なんせ俺のスキャナーはスカジーので古すぎてOSXじゃ使えないのです・・・。

と、言うことででPX-A650が我が家にやってきた。年末年始色々買いすぎな気がするが全部俺の物ではない。ま、良いけどね。

VAIOかい

年末の押し迫った時期に家の家族が長年(6年くらい)使っていたSonyのVAIOが壊れた、治してくれと言われたが私には解らない。CDドライブがハード的に認識されていなくて初期化しようにもどうにもならなかった。ま、Windows98だったしそろそろ買い換えようという話になり、私はまたもや付き添いで新しいマシン購入に付き合った。もちろん店員に質問して値切る役なんだけどね。

 さて、いろいろある。何せ自分のWindowsは九十九で組んで貰ったマシンだし、メーカー物にはてんでうとかったりする。しっかし色んな種類があるなぁ。そんななか何故かまたもやSonyのVAIOに目がとまる。とりあえず色々なメーカー品を物色していきVAIOのtype H type Vの2つに絞った。あとスペックやら何やらを決めるのは購入する本人、一応アドバイスしマシンのサイズや、置き場所の問題などからVAIO type V に絞った。あとは価格によってスペックが決まる。VAIO type V 17型ワイドが店頭表示価格178000円位だったのが転倒現金値引きで155000円まで下げてくれた。購入する本人はこれってかんじで決めたみたいなのでよしとしよう。個人的にはCeleronDだったのでPentium4タイプの方が良いかとも思ったのだがサイズ的に20インチモデルの物しかそのスペックはなかったので辞めた。ま、Sonystyleでネット購入すればPentium4 630 モデルのも17インチであったんですけどね。現金値引きにはかないません。

Mac使いのWindowsマシン購入計画09「後書き」

さて、数日使ってみての感想だが、MacとWindowsどっちかしか選べないというならば迷わずMacintoshを選ぶな。Windowsは色々なシステムの設定と果実に面倒くさい、ソフトのインストールもそうだし、ドライバのインストールもそうだ。マックだったらドライバ最初からOSに入ってるからインストールしないで使える物がほとんどだ。グラボなんかもOS標準ドライバーで動くからね。Windowsは面倒くさいと言ったところか。Macとwinで同じソフトを使う分には操作性に大差はないのでどちらでも良いんだけど、interfaceとかは、なれている分Macの方が使いやすい。一番面倒くさいのはBIOSだね。MacではあんまりBIOS気にすること無いからね、Windowsの場合はハードの構成は多岐にわたるわけだからBIOSでWindows上で同じように認識させるには不可欠な機能ですから仕方ないんですけどね。ま、私が別にWindowsが使えないわけではなくその操作とかは何の問題もない。ハード的なシステムOSの中身的な知識がないので美味くいじれるかは不安だが少しずついじっていこうかと思う。

 メインをMacからWindowsに切り替えるのか?と問われたらそれはないな、今まで通りSawtoothでの利用がメインだろう。Windowsで少しネット使っていただけでスパイウェア&ウイルスファイルを目の当たりにした。購入直後のため90日限定の駆除ソフトが入っていたのでそれで事足りたので事なきを得たが今Macに到着してくるSpamメールのカズを考えるとこの状態をそのままWindowsに持って行ったら恐らくVirusだらけになっちゃいそうで恐い。Macでも怪しいメールは開かないようにはしているが自動実行されないと言うところでMacでは助かっている部分もある。だからずーっとMacを使っていてWindowsのこの貧弱さ、脆弱さを目の当たりにすると何でこんなに普及したのかがいまいち解らない。ま、AppleとMicrosoft販売戦略による差なんだろうけど。

 だからといってWindowsが全然ダメという物でもない。公共のサービスなでは以前も書いたがMacでは受けられないこともあるからだ。Macで出来ない部分を補完、Windowsでは使いづらい部分をMacで補完、そんな感じで使っていこうかと思う。Windowsでエンコード作業をしてる最中にMacで仕事をこなすとか、逆もまたあり得ることだがこれでかなり効率的に色々な作業が出来るのは嬉しい。

 意外と楽だったのがMacとwinのネットワーク設定です。以前OS8-WIN98時代にネットワーク組もうと思って四苦八苦したことがあったけどあのころから比べたら実に簡単でビックリした。このネットワークはかなり重宝するデータのやりとりなどで。

 やっぱり向き不向きはあると思う、現在ではWindowsによるDTP等も以前に比べ随分普及はしているが作業性はやはり弱いと思う、慣れなのかもしれないが・・・。人が手を加える作業、たとえばDTP作業、DTM作業、Web制作、動画編集などはMacの方がかなろいやりやすい。Windowsはそのネットワーク性、MACで作業した物の確認、動画エンコードなどの自動処理、要するにほっておけばやってくれる作業はWindowsに限ると思った。手を加えるのはMACで!コンピュータ任せはWindowsってな感じですな。将来的にはWindowsにキャプチャーボード載せてビデオ系はWindowsに移行したいと思いますね。編集はMACですけどね。

Mac使いのWindowsマシン購入計画08「ベンチマーク」

 さて購入したばっかりとかいじったときには定番のベンチマークをやってみました。Windowsにはどの様なベンチマークソフトがあるのかよくわからんので色々とググった結果何個かみつけたので早速やってみました。
PC Mark 05は何故か計れなかったのでパスしておきます。今回は3D性能ってな感じのベンチマークテストです。3D Mark 05で計ってみました。

3D Mark 05 結果
2515

良いんだか悪いんだかは微妙ですが、グラボの性能通りといった感じでしょう。

 次に利用したのはWindowsのネット3Dゲームの定番であるFinalFantasy11のベンチマークソフトをつかって謀ってみました。

FINAL FANTASY XI for Windows オフィシャルベンチマークの結果
4275 「とてとて」

グラボ性能そのまんまな結果ですが、このゲームをやるには何の問題もないでしょうね。

さて最後に計測したのはCINEBENCH 2003です。このベンチソフトはMacでも定番なソフトでWindowsでも計測できることから言い比較が出来ると思い計ってみました。せっかくなので今現在の愛機Sawtoothと比較してみようかと思います。

Mac G4 結果


CINEBENCH 2003 v1
****************************************************

Tester :

Processor : PPC G4 7455B Sawtooth
MHz : 1.4GHz
Number of CPUs : 1
Operating System : OSX 10.4.2

Graphics Card : 9700PRo
Resolution :
Color Depth :

****************************************************

Rendering (Single CPU): 116 CB-CPU
Rendering (Multiple CPU): — CB-CPU

Shading (CINEMA 4D) : 135 CB-GFX
Shading (OpenGL Software Lighting) : 378 CB-GFX
Shading (OpenGL Hardware Lighting) : 657 CB-GFX

OpenGL Speedup: 4.85

****************************************************

Windowsの結果


CINEBENCH 2003 v1
****************************************************

Tester :

Processor : Pentium4 630 HTテクノロジ搭載 Cube xp
MHz : 3.0GHz
Number of CPUs : 2
Operating System : WindowsXP

Graphics Card : 6600
Resolution :
Color Depth :

****************************************************

Rendering (Single CPU): 261 CB-CPU
Rendering (Multiple CPU): 313 CB-CPU

Multiprocessor Speedup: 1.20

Shading (CINEMA 4D) : 342 CB-GFX
Shading (OpenGL Software Lighting) : 1292 CB-GFX
Shading (OpenGL Hardware Lighting) : 2671 CB-GFX

OpenGL Speedup: 7.81

****************************************************

圧倒的にWindowsの勝利でした、この結果はOSの差ではなくハード性能の差でしょう。販売時期から比較してもMacを購入したのは1999年ですし、改造しているとは言え最新(これが最新かは知らないが)のハード性能には追いつかないですな、Power MacG5とか持っていたら良い比較が出来たかもしれませんがね。Pentium4のHTテクノロジ搭載タイプなので一応CPUのはマルチプロセッサ扱いになっていますけどその効果は1.2倍程度でしょうか。

Mac使いのWindowsマシン購入計画07「起動、温度チェック」

さて早速WindowsXPを起動し色々このマシンの性能をチェックしてみた。
systemp.jpgシステムのプロパティの画面で確認したところです。

さて実際の感想はと言いますと、色々な負荷をかけると結構な騒音を醸し出してくれます。CPUの発熱が相当あるのでしょう。BTXのフロントにあるファンが1100RPMを過ぎた辺りからグゥオーンっていう爆音を出します。静穏を歌っている製品の割にはかなりうるさいです。本体背面からかなりの熱風が排出されるのでエアフローの流れは問題ないのでしょうけどね。ちょっとうるさいです。shuttleが配布しているXPC toolsというソフトを利用し状態を把握できます。
XPtools.jpgこのソフトを利用し計測しているとCPU温度の上昇の仕方は凄いですね、最高値は65度くらいです、私のメイン機MacG4 AGPとは偉い違いですね。でもファンが同調して高速で動くと一機に50〜55℃くらいに落ち着きます。
 さて、問題のHDですがやはり廃熱処理を施しても数時間起動し使っていると50度辺りで落ち着いちゃいますね。どうやらこれ以上下げるにはHDD用にファン搭載を検討するかHDD用の再度に付けるヒートシンク導入も検討しておいた方が良さそうですね。

Mac使いのWindowsマシン購入計画06 「到着」

注文していたマシンが本日到着した。どの様な物か色々見ていこうかと思う。
実物を見ての第一印象、「でか!」へぇー意外と大きいなぁ。奥行きが長い。
外観はこんな感じ
DSCF0099.jpgピンぼけになったが正面斜めからの写真

DSCF0088.jpg次のチェックはHDD部分。搭載されているHDDはなんだろう?発熱の観点から日立製のHDDを希望はしていたのだが何故かやって来たのは残念なことに一番避けたかったMaxtorの6L160M0と言う機種だったこのメーカーのHDDは爆熱で有名、悪評高い機種の物でした。残念、しかしいろいろこのベアボーンでのHDD発熱問題を九十九電機も解っているようで対策が施されていました。左の写真にあるようにHDDの上に約4ミリ圧のアルミ板を熱伝導シートでサンドイッチした物がHDDの上部に貼り付けられています。丁度蓋の天板に熱が伝わる仕組みでSB86iのボディ本体に熱を逃がし廃熱するという仕組みです。ちょっと一安心しました。不安な部分がきちんと対応されていて良かったです。この部分を九十九電機はHP上にでも紹介しておけば購入を検討している人にしたら良いと思うんですがね。下の写真左側のほうがHDDにくっついている廃熱版の厚みが解ると思います。

DSCF0095.jpgDSCF0096.jpg

 グラフィックボードに関してはNVIDIAの6600です。なんと静穏を意識してかファンレスの物でした。有りがたいですな。

Mac使いのWindowsマシン購入計画05 「ポチリの後に気がつく」

九十九電機ツクモオリジナルPC 「eX.computer」 コンパクトモデルの一つであるeX.computer Q52Jiconをポチッたわけですが、色々この機種のベアボーンに対して調べたりしてからのポチリではあったのですがもっと調べると結構苦労されている方が多いみたいです。まずは熱感系BTXという新規格に対応して冷却機能をアップはしているのですが、PrescottのPentium4はそれでも厚い様子でシリコングリスの塗り方に不備があるとそれでもダメみたいですし、ま、その部分はきちんと付けられていれば問題はなく、私の場合自作ではなくショップブランドPCとして売られている物を購入したわけですから恐らく大丈夫であろうと思います。しかし、問題はHDDの様でこのベアボーンの構成上HDDの搭載される部分に熱がこもりかなりの高温になるらしいとのこと。果たしてこの温度大丈夫なのか・・・・もう今更手遅れなのでどんな感じなのかは到着してからいろいろ動かしてみての検証でしょうが、冷却対策を施さないといけないかもしれませんね。

首相官邸デジタルコンテンツ・ワーキングにもの申す

 首相官邸のサイトで意見を募集しているデジタルコンテンツ・ワーキングに関する意見募集に意見を出してみた。私が書いたのは・・・・

MacとWindowsの情報格差を無くしてください。機能的には大差がないはずの両OSですが、シェアの問題だけで不当にMacユーザーが排除されるのはおかしいと思います。独占禁止法とかにはふれないのですか?この情報格差には不満が大きいです。Windowsでは受けられるサービスもMacでは出来なかったり。逆にMacを販売しているappleはWindows用にも音楽配信サービスを行っている。これは市場や企業の問題として進めるのではなく法整備などで全ての人にサービスを受ける権利があるようにしていただきたい。たとえば政府機関のhttp://www.kantei.go.jp/jp/nettv/promo/index.htmlにある、政府インターネットTVもそうです。明らかにWindows向けのInternetExplorerで見なさいって言う感じのシステムです。Mac標準のsafariなどではサービスを受けづらい状態です。一般企業ならず政府までもがサービスを受けられない人を作るのはいかがな物でしょうか?ご検討願いたく思います。

と、こんな感じで書いて送信してみました。情報格差は不利益を被る以外何者でもない。

Mac使いのWindowsマシン購入計画04 「スペック決定!注文」

九十九電機ツクモオリジナルPC 「eX.computer」 コンパクトモデルの一つであるeX.computer Q52Jiconに決めたわけですが、実際に注文しました。色々検討した結果。有る程度の機能、能力は持たせたかったというか欲は出ましたね。

パーツジャンル 商品名
CPU Intel Pentium4 630 (3GHz / L2:2MB / FSB 800MHz / EM64T / XD bit対応)
OS 【推奨】 Microsoft Windows XP HomeEdition SP2 (プレインストール/OEM版)
キーボード 【ホワイト】 Logicool製 ウルトラフラットキーボード Light-Pearl (型番:iK-40LP)
ストレージ 【白ベゼル】 DL対応 DVD SuperMulti (LG製 GSA-4167B / ソフト付)
ハードディスク 160GB (Serial ATA / 7200rpm / 8MBキャッシュ搭載)
マウス Logicool製 オプティカルマウス (型番:CLK-31BK/ 色:プレミアムシルバー)
マザーボード キューブ型BTXベースキット (Shuttle製 SB86i / USB2.0、IEEE1394対応 / 275W電源搭載)
メモリ1 PC3200 DDR-SDRAM 1GB (512MB x2枚 / 6層基板 / メジャーチップ)
追加ビデオカード nVIDIA GeForce 6600 / 128MB (PCI-Express / VGA/DVI/TV出力 / バス幅128bit)

と言うスペックです。昨日火曜に注文しました。九十九からのメールが到着し本日入金も済ませました。はたしていつごろつくのやら。。。無事に進んでおります。

Mac使いのWindowsマシン購入計画03 「本体のデザインに…」

 ではショップブランドPCで探すことする。どの様なショップがあるのか?色々ネットで探してみるとピンからキリまでいろんな店がある。そのなかから自分に合うグレードの品を探していこうと思う。しかし、ショップブランドPCはショップがいろんなパーツを自作してくれるので相性問題や動作保証とかがあるのは良いんだけど、デザインが自作系になるのは悲しいのよね。ずーっと純真Mac使いの私としてはあの何とも言えないDOS/V系のデザインが嫌いなのだ。少しでも良いデザインの物を探したい。しかしなんともまぁ・・・不憫な見た目のマシンたちしかない。省スペースという希望も相成って。。。少ないなぁ。・・・!あ!キューブタイプでいいじゃん!ATXタワー系のへんな見た目のマシンに比べたらまだまだキューブ系のマシンのほうがバリエーションに飛んでいて見た目は全然良い!ま、昔appleが出していたG4キューブに比べたらキューブと呼べないような直方体の奥行きが長いタイプばっかりだけどミドルタワーやミニタワー系に比べたら雲泥の差でしょう。それに以前とは違いキューブ系マシンでもかなりの最速マシンを組めるらしいので私の希望するスペックだとしても機能的には問題無さそうです。

 ただどうやらキューブタイプはスペース&温度問題的に大容量電源を搭載できない物が多いようです。だいたい250W〜350Wと言ったところでしょう。さらにその省スペースの観点から静穏、冷却問題も気にして探さなければいけません。

 と、色々と上記のような問題点も考慮し色々さがしていくとIntelが提唱している冷却機能の一つである*BTXと言う規格があるのですが(*参照)この機能をキューブタイプのベアボーンに搭載したマシンが有るではないですか。これはファンも二台しかなく静穏性に優れ、尚かつ冷却性にも優れていて私の希望に当てはまります。デザイン的にもオッケーな範囲です、奥行きが長いのは気になるけど、BTXの規格サイズと言うことなので仕方ないでしょう。その商品はshuttleが販売しているSB86iiconと言う商品で、詳細は、CPUソケットは Socket775、チップセットは i915G、PCI-Express搭載、 IEEEポートも搭載されているのです。電源容量 275Wは仕方ない範囲でしょうが、取りあえず私の希望スペックには問題ない容量ではあります。

 ではこのベアボーンを使いショップブランドPCとして販売しているショップを探してみます。何カ所か有るのですが次の2ヶ所に絞りました、一個目はマウスコンピューターキューブPCシリーズであるEasy Cube86STとEasy Cube86GT6でしょう。
 次のショップは九十九電機です。九十九電機ツクモオリジナルPC 「eX.computer」 コンパクトモデルの一つであるeX.computer Q52Jiconです。この2つのショップに絞りBTOで色々パーツを付け替えて自分好みの構成にして比較したり検討してみたりましました。オーバースペックな部分をダウングレードしたり、必要な物を足したりとかなり自由度が高いのは後者のeX.computer Q52Jiconのほうで、こちらに決めました。納期的にもeX.computer Q52Jiconの方がEasy Cube86GT6に比べても非常に早いのも決め手ですね。

 続く〜

Mac使いのWindowsマシン購入計画02 「希望」

さて、どの様な構成のマシンを買うかを検討していく。まずはAppleiPodなどのオーディオ分野でライバル関係にあるSONYのVAIOを検討してみる。いわゆる大手メーカー品だ。初心者にはもってこいって感じの品ですね。タイプも色々あり、購入に値するグレードと言ったらVAIO type HVAIO type M辺りとなるでしょうか。色々構成を見ているとCPUがCeleron〜Pentiumとなっていて。搭載されるCPUはこの冬モデルのPentiumは4ではなくPentiumDとなって居るではないですか。デュアルコアはPentiumのはあんまり評判が良くないらしいということで迷ってみる。タイプVにはPentium4の630を搭載したモデルもあるけど、予算の都合もあり、予算は10万辺りで納めたいのでそうなると下位モデルのCeleron搭載機となってしまう。それにダブル録画とか今のところ必要ないし、メーカー品特有の余計な機能は不要でもあるのだ。正直Macで録画も出来るし、必要な機能は一通り揃っているのでもっとシンプルな構造が望ましい。さらにMacにはない3Dゲームにもちょっと心惹かれる部分もある。MacでもシムシティやThe Sims 2などのゲームもあるけどね。ちょっとFinalFantasyなんかやってみたいのいよね。ゲームが目的ではないからその部分はそんなに重要ではないんだけど、将来的に機能を追加したくなることも否定は出来ないのでその部分の拡張性は確保しておきたい。さらに今部屋にはメイン機のPower MacG4 AGPgraphics(Sawtooth)とCRTの19インチモニターが幅をきかせているのでスペース的な問題もあり小型のWindowsマシンじゃないと置き場所に困ると言うところもある。徐々にどんなマシンが良いのかが見えてきたのでここでまとめてみたいと思う。

希望構成、グレード


予算      10万位(若干オーバーは可能)
サイズ     省スペースPC
拡張      PCI-Express(AGPはもう消えていくと思うので)
        PCIスロット、USB2.0、Firewire(IEEE1394)、1000BaseT
CPU      Pentium4 or Athlon

利用目的    ネット、書類作成、動画エンコード、ゲーム、
        Macとのネットワーク構築、DVD鑑賞、他色々

希望      静穏(マックが改造のせいで非常にうるさいためこれ以上は・・・)
        最低4年は使えるマシン

 と、だいたいのスペックは見えてきた。OSに関してはXP Homeで十分ではあるのでHomeを導入する方向で検討する。安いに越したことはないけど後々後悔もしたくないので将来的な拡張性は残しておきたい。USB2.0があればかなりの拡張性はあるんですけどね。それに来年末あたりには次期OSVistaも発売されるようなので最低限Vistaを搭載できるスペックはほしいと思う。余計な機能はいらない。だってVAIO type Hとかに付いているFeliCa対応なんて不要じゃない?どうも無駄な機能が多くて高いんだよねぇメーカー品って。そう考え始めると自作機?でも自作機を作る技術や知識ノウハウなど持っていないし。まぁ本読みあさったりネットで調べて勉強したら作れないことはないと思うけど。俺の性格上はまったら抜け出せなくなるのは目に見えているのでどうも足を踏み入れたくない、それにせっかく買ったパーツとかが相性問題で使えないって言うのもなんか無駄な気がしているので躊躇する。そこで、良い感じに希望の剃ったマシンが出来る物もある。ショップブランドPCだ、徐々に見えてきた私の希望マシン。ショップブランドPCで検討していくことにしよう。

Mac使いのWindowsマシン購入計画01 「俺のwin歴」

 さて、このブログはMacがメインではあるんですが、Windows関連も書こうかとは思っていたので、ちょろっと書こうかと思う。俺のWindows歴はMacと比べたらしょぼいもんで、自分のマシンは持ってない、しかも今まで買ったこともない。Windowsに最初に触れたのは当時、勤めていた会社の伝票作成マシンのOSがWindows3.1でした。伝票作成しか使っていないのでほとんど中身は知らない。次は家族のマシンがWindows98搭載のバイオがあるのでそれを少しだけ触った。しばらく間が開き、次は社会人になってから学校へ通ったことがあるのですが、そのときに使用したマシンがWindows2000&Me、ソフトを使っていただけです。次に触れたのは会社でMacのオペをやっているときにWindowsマシンを一台導入すると言うときに何故か自作機を導入することになってしまい、それを同僚が組み立てはしたがOSのインストールやBIOS設定で挫折したらしく俺の所に放り投げられてきたのをせっせと最後までやらされたことがある。Windows XPでした。本も何も読まず基礎知識無しで最終設定をさせられた私。Macで画像処理をしている合間にウインドウズの設定。分け解らなかった思い出がありますね。

 と!言うわけで私の知識はマックを100とするとWindowsの知識は5%程度でほぼ初心者程度と言ったところでしょうか。使えないって言うわけでは無いけど、どうもマックと比べるといまいちシステムや設定などを理解しきっていない部分は多いですね。

 そんなことで私はWindowsマシンを持っていません。仕事等の都合でWindowsマシンを導入する計画を立てました。何を買うか、メーカー品か、最初から自作機か、ショップが独自に組み立て販売しているショップブランドPCか、色々と検討していこうかと思います。
windows_masthead_ltr.gif

目標!両刀遣い!バイリンガル!バイセクシャル!・・・?

Quartz 2D Extremeを使わないで!

AppleがQuartz 2D Extremeを使わないようにと言う旨のコメントを出しているとのこと。
内容は・・・

2D描画を高速化する技術「Quartz 2D Extreme」について、カーネルパニックなどの問題を引き起こすとして有効化しないことを推奨する旨のコメントが出された。この機能は Developer Tools付属の「Quartz Debug」で有効化できるが、Tigerでは非サポートの機能だとしてAppleは公式にコメントすることを避け、Tigerの”隠し機能”として認識されてきた経緯がある。

なるほどね、確かに以前は私もこの機能をONにして、利用していたのだが、実は使っている鬱に不安定になることがあったのだ。このQuartz 2D Extremeが影響しているかどうかは解らないけどカーネルパニックも確かに数度起きていたし、Dockがしばらくフリーズするようなことも起きていてレインボーマークがくるくるとビジー状態になってしまうことも多々あったので結局この機能をOFFにしていた。ま、正式に対応を発表している機能ではないので不具合が起きても自己責任というのはあったのだけど、やはり利用は自己責任って言うのを覚えておきましょうね。ハード的に壊れてしまうと言うわけではないみたいですけどね。

生まれくる子供たちのために

 AppleのiTunes Music Storeで先日放送された日本テレビの実写版火垂るの墓(http://www.ntv.co.jp/hotaru/)のエンディングテーマソングで使われたBankBandの「生まれくる子供たちのために」が期間限定で販売されています。この曲はこのドラマの趣旨、テーマに賛同したiTunes Music Storeでだけ販売されるとのことで、一般にはCD販売などはされないとのことです。元々の原曲はオフコースの曲で今回BankBandとしてMr.Childrenの桜井和寿さんと、小林武史さん他がカバーした物です。なかなか良い曲です。ドラマをみてこの曲始めて知りました。てっきりミスチルの曲かと思っていたらiTmsで販売とのこと。さっそくダウンロードして見ました。良い曲です。

曲のURLはこちらhttp://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=85737280
20051103150526.png

久々キャラもん RX-78ヘル

どうやらこのブログはネタはなくなるとキャラモンを書く傾向があるのだが、そんなわけでかなり久しぶりにキャラ物を紹介してみよう。今日はこんなもんだ!
『バイクヘルメットTYPE RX-78 “GUNDAM”』
■バンダイネットワークス
■20,790 円 (税込)
話題のガンダムバイクヘルメットシリーズ第7弾!
RX-78″ガンダム”をコンセプトにしながら、バイザー付きヘルメットをベースにデザインしました。ガンダムヘッド上部を意識したバイザーデザインを施し、走行中に注目される後頭部にモビルスーツのボディをイメージして、あなたのマシンを引き立てます!公道で使用できる本格仕様のヘルメットです。
地球連邦軍マーク印刷のヘルメット収納袋付。

しっかし、なんじゃこりゃ。すごいな。ガンダムのヘルメット。企画的には良いかなって思うんだけど実際にこれかぶって走る人って相当すごいよね。目立ちそう。

今週のフリーダウンロード・・・ええ?

 iTms Jで今週のフリーダウンロードが公開されていますね。今週は「Ao」の「君はひとくせ」です。リンクはこちら
20051019135252.png

と!言うことは昨日やっと通常にフリーダウンロード出来るようになった、モダーン今夜さんの風の道しるべ(こちら)は、実質通常な状態になったのは昨日一だけ、おいおい。こんだけミスや失態を犯しているのにたった一日で終わりですか?iTmsさん、もう少しミスによって相手に与えた損失など考慮して柔軟に対応できない物ですか?一週間延ばすのかと期待していたら見事に破ってくれましたね。まぁ、順番とか決まっているからスケジュール変更できないのかもしれないけど、それなら両方のアーティストとも無料で配布したらいいじゃないですか。そのくらい出来るでしょうに・・・。


追記

今回の件で再度該当曲を別の期間にフリーダウンロードとして行うようです。以下は株式会社ヒップランドミュージックのコメント

iTunes Music Store「今週のシングルフリーダウンロード」 モダーン今夜『風の道しるべ』における不具合について-その後 2005/10/17(月)

いつもモダーン今夜を応援していただきましてありがとうございます。 10月13日よりiTunes Music Storeにおいて無料配信予定でしたモダーン今 夜『風の道しるべ』ですが、iTunes社による不具合により今現在(10月17 日23時45分)、iTunes Music Store「トップページからのリンク」による ダウンロードができない状態が続いております。 ただし、末尾のリンクアドレスからはダウンロードが可能となりましたので、 是非アクセスしてみていただければと思います。 今回の件につきまして、iTunes社と協議を行ないました結果、新たに10月 26日(水)より11月1日(火)までの期間において、同楽曲『風の道しるべ』 にて「今週のシングルフリーダウンロード」を行なうこととなりました。 これに伴いまして、ミニアルバム「愛しいリズム」につきましては11月2 日(水)からの配信となります。 iTunes Music Storeにおいて予定しておりました本来のリリーススケジュ ールを変更することとなり、弊社としましては苦渋の決断ではございまし たが、現状考えうる最善の策として決定させていただきました。何卒ご理 解の程よろしくお願い申し上げます。 なお、iTunes社に対しましては、引続き、原因・経緯・謝罪・対応等につ いての公式なコメントを要求しております。 この度、ご迷惑をおかけいたしました皆さまには、重ねてお詫び申し上げ ます。本当に申し訳ございません。 また、モダーン今夜のファンの皆さまをはじめ関係各所の皆さま、iTunes 社に対して本件に関するメッセージをお送りいただきました皆さま、今回 を機にモダーン今夜に興味を持っていただきました皆さま、本当にありが とうございます。この場を借りましてお礼を述べさせていただきます。今 後とも引続きモダーン今夜をご声援いただけますよう何卒よろしくお願い 申し上げます。 2005年10月17日 MOTEL BLEU 株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション

もうそろそろ・・・

このブログに限らずほとんどのブログに皆さんアクセス解析を搭載されていると思うのですが、その中の機能にどんな検索ワードで検索しリンクされてきたかとかが解る機能が付いているのです。で、久しぶりにこのブログがどんな検索ワードで表示されるのかを見たところ・・・
20051018001407.png左のような感じでした。・・・で、よーーーーく見てみると・・

20051018001523.png

iPotってあんた・・・。確か同名のネットに繋がるポットがあったような・・・。しかしまだ間違えてるかぁ・・・。結構メジャーな製品だと思うのだがiPotかぁ、ってこのブログにiPotなんて書いたことあったかなぁ・・・・ みなさんiPodです!

ちなみにGoogleで検索するとこんな感じ「iPot

さらに、amazonで検索をすると普通にiPodの紹介ページへとジャンプするからみんな気がつかないのかな?試しに検索どうぞ。

Capty DVD と Toast 7の連携

以前Toast 7 のなんちゃってレビューを書いたのですが、その後利用していてなんとも良い機能があるので使ってみました。PIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0と良い連携が出来る点も良いですね。

 まず、PIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0でmpeg2動画をDVD焼く用にオーサリングするのだが、そのときにキャプチャするときの計算違いなどにより一層では焼き切れない状態になることがある。要するに容量オーバーだ。
20051017003122.jpgじゃ、試しにやってみる。利用したデータは一つ当たり1.1GBのmpeg2ファイル。NHK大河ドラマ義経をキャプチャーした物を4話分。

20051017003137.pngすると、右側の画像のように4GB制限をオーバーします。PIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0でオーサリングし、直焼きした場合は 4GB制限です。(アップデートにより二層書き込みにも対応、しかし4GBを超えると二層扱いになる。)
*4.4GB以下(実際にはセクター数とか色々関係します)だとToast 用にDVDイメージ化することにより1層で焼けます。(PIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0単体では無理)

20051017003203.png で、左の画像のようにオーサリングし、DVDイメージ化したデータ容量が4.67GBと、一層の4.4GBを超えてしまいました。今回はたった数百メガオーバーしただけで1層DVDに焼くことが出来ません。

20051017003219.png20051017003327.png
そこで便利なのがToast 7 です。Toast6までとは違い[Fit-to-DVDビデオ圧縮]という機能が用意されています。この機能を利用することにより、2層でしか焼けないDVDイメージをセットしたDVDブランクディスク用に勝手にToast 7 が圧縮作業をしてから焼いてくれるのです。二層を指定容量に圧縮する機能を持ったソフトではDVD2oneXも有りますが、直接Toast でDVDに焼きたいときは一度で済むのでToast 7 を利用した方が全然楽ですね。

20051017003347.png左の画像のようにどの部分を圧縮するのかを指定も出来ます、この部分はDVD2oneXの方が細かく設定は出来ますが、手軽さはToast 7 のほうが上でしょう。

 この様にしてたった少し容量がオーバーしただけで焼けないときなんか結構むかつき、やり直すのにまた時間をかけるのは面倒だったのですが、Toast 7 の登場によりこの機能が搭載され非常に便利になりました。ま、この様な手間を避けるためキャプチャーするときにちゃんと計算していれば問題は起きないのですが、計算と実際は若干の誤差が出るのでどうしてもこの様な状況下には少なからずなる物です。非常に便利な機能であると思われ、ありがたいです、重宝しますね。DVD2oneXでも可能なのですが、結局焼くときにはToast 等を利用するし、DVD2oneXは設定でちょっと間違えると容量オーバーしかねないのでやり直しを何度かやったことがあったのでめんどくさかったのです。まぁ、圧縮率の固定か、変動かでのオーバーなのですけどね。Toast 7 これは良いですね。

 

Capty DVD2のバージョンアップスピードアップ版も出ています。それはCapty DVD/VCD 2をご覧下さい。最新バージョン(Ver2.5.4)有料販売です。

iTunes Music Storeミスりすぎ!!

 ずーっとダウンロードしたいんだけど未だに200円のまんま!iTunes Music Storeの今週のフリーダウンロードで紹介されている「モダーン今夜」の「風の道しるべ」いったいいつになったら治すのかしらiTunes Music Storeさん、ミスは解ったから早くなおしなさいよ。遅すぎです、
20051016181419.png

それと、マツケンサンバ3が高すぎだった件に関しては治っていますね。1500円でしたからね、たった4曲のみにアルバムなのに、今では修正されて600円になり、一曲ずつ購入が可能となりました。要望の多かったばら売りが可能となっています。一曲150円成 マツケンサンバ3

モダーン今夜さんにかんしてはせっかくの宣伝効果だったのにこんなミスでイメージを落としてしまうのは勿体ないですね。っていうか良い迷惑でしょう。早く治してあげていただきたいです。結構良い曲なので欲しいんですけどね。200円じゃ買いませんよ!フリーのページなんだから!

色々来たね!NEW iMac G5/FrontRow/iTunes 6 /NEW iPod/

サンフランシスコで開催していたスペシャルイベントでAppleさん、またまた色々発表しちゃいましたね。毎月頑張るね、年末商戦に向けて頑張ってる感じです。
では今回はどんな物が出たのでしょう。

indexhero20051011.jpg まずは、iMac G5がパワーアップしました。カメラ付きです!なんとiSightを内蔵し、従来のモデルよりもさらに薄型になり、画像で解るとおり向かって右側側面にMac用リモコンの「FrontRow」が、くっついてます!
 さらに、新しいソフトウェア「Photobooth」も発表されました。このソフトは、スライドショーアプリケーションで、プリントが出来ることや、エフェクト処理などを加えることが出来るそうです。新しい「iMac G5」の性能は、20インチ/ G5 2.1GHz/1,799ドル(199,800円)、17インチ/G5 1.9GHz/1,299ドル(152,800円)、で、共に本日発売です。もちろん付属マウスはMighty Mouseです。

iMac G5 スペック 詳細
17 インチワイドスクリーン LCD
1.9GHz PowerPC G5 プロセッサ
512MB のメモリ(533MHz DDR2 SDRAM)
160GB シリアル ATA ハードディスクドライブ
8x SuperDrive(スロットローディング、2 層記録式)
ATI Radeon X600 Pro グラフィックカード(128MB DDR メモリ搭載)

20 インチワイドスクリーン LCD
2.1GHz PowerPC G5 プロセッサ
512MB のメモリ(533MHz DDR2 SDRAM)
250GB シリアル ATA ハードディスクドライブ
8x SuperDrive(スロットローディング、2 層記録式)
ATI Radeon X600 XT グラフィックカード(128MB DDR メモリ搭載)

 index34indock20051011.jpgそして、かねてより噂されていた動画対応iPodが発表されました。おそらく今まで販売されていた通常のiPodと置き換わる物と思われます。それによりiPodシリーズのラインナップはiPod shuffleiPod nano、と今回発表されたビデオ対応のiPodとなりそうですね。容量は30GBと60GB、nanoと同様にホワイト、ブラックの2種類のカラーが用意されています。液晶モニタは従来品より大きい2.5インチ、320×240ピクセルの解像度で、比率は4:3、26万色のカラーディスプレイを搭載、コーデックはMPEG4/H.264をサポート、ビデオでの出力も可能とのことです。(H.264 ビデオは最大 768 kbps、320 x 240、30 fps;MPEG-4 ビデオは最大 2.5 mbps、480 x 480、30 fps)価格は30GBモデルが299ドル、 60GBモデルが399ドル、 来週発売予定とのこと。おそらく日本でも来週になる物と予想されます。U2が出演している新しいTVCMも公開されました。(こちら
 30GBモデルが34,800円で、約7500曲。60GBモデルが46,800円で約15000曲です。

20051013034328.pngそしてついこの間バージョンが5にあがったばっかりのiTunesが「iTunes 6」になりました、ビデオ対応です。iTunes Music storeで2,000点のミュージックビデオを各1.99ドルで販売し、Pixarのショートムービーも販売されるようです。著作権の観点でCDに焼くことはできないが、最大5台までのMacで再生が可能の様です。日本版ではどの程度のミュージッククリップが販売されるか期待したいところですね。さらに、米ABCと提携、放送した番組を1.99ドルで購入可能になったうえに将来的にはiTunes Music Storeでテレビ番組のダウンロードも可能になるとのことです。こちらも日本のテレビ番組が購入できるようになれば Windows media player等で配信されてる動画配信サイトを利用しなくても良いかもしれないですね、と、言いますかマックで見られないことがほとんどですのでこのサービスはマック利用者にとっては期待大です。「iTunes 6」は本日リリースされます。

ほんとかなぁ・・・

うちのブログはあんまり噂系を記事にしていないんだけど、何が何日頃発表されそうだ系とか、次は何が発表されるとかだが、まぁ理由はアップルのアフィリエイトに参加する場合の規約に書かれているためしていないのだが、今回のこれは気になったので書いてみる。まぁたいしたことじゃないがintel採用ののMac、intelCPUが4個各デュアルコアで8機ってな記事が出てたので見てみた、これは本当かなぁ、事実としたらすさまじいのかな。もしかすると。
20051011004242.png

 このくらいの記事なら規約に触れないだろうと思う。

その記事はこちらhttp://www.hardmac.com/news/2005-10-10/#4588

アップルストアアフィリエイトの規約に関する記事はこちら
その1
その2

Capty DVD/VCD Ver.2 がバージョンアップだが・・・・

ピクセラのVCD/DVDオーサリングソフトの PIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0 がバージョンアップする模様ですね。今現在の最新バージョンは2.0からバージョンアップできる2.5.1が最高です、今回発売されるのはバージョン2.5.4と言う物です。(製品詳細ページ
 しかしこれ無償アップデートは出来ない模様。おそらく若干の修正とスピードアップキットを従来品に組み込んだ程度の物だと思われるのだが、これを有料販売だけというのは何とも悲しい。ただスピード上げただけなのにこの価格。ま、実際にはもっと色々機能アップしているのでしょうけど従来品を持っている私としては無償アップデートなどで対応してほしかったかなと想うところです。2.5.1〜2.5.4へのアップデートが有料ってなんか気分的に嫌だな・・・。せめてバージョン3.0とかって表記だったなら買うかもだけど、この0.0.3だけのバージョンアップに期待は出来ないよね、購入するには至らないな。

主な機能アップは

対応ムービーファイル形式
QuickTimeがサポートするムービー形式(MPEG-4形式除く)、QuickTimeムービー形式(.mov)、AVI形式(.AVI)、DV形式(.DV)、MPEG形式(.mpg)、MPEG形式(.MOD)

約250パーセントの速度アップ(従来品より、スピードアップキットと同等の性能)

2層対応 (しかし従来品アップデートで対応されてる)
DVD-R、DVD+RどちらのDL(2層タイプ)ディスクにも対応。8.5GBの大容量で高画質、長時間の映像が1枚のDVDディスクに残せます。さらに、DVD-Videoの映像コンテンツに加えてパソコンでアクセスできるデータDVD記録をサポート。

持ってるけど使わない Virtual PC・・・

持っていても全く使わない高価なソフトがある。Virtual PC for Macだ。非常に優れものでマック上でWindows XP Professionalを動かせるなどの良い物なのは確かなのだが、いかんせんまだ遅すぎる。持ってるのは良いけどはっきり言って要らないかもしれない。だって俺のG4でどのくらいのスペックのマシンなのかを見ると
20051009173812.png20051009173822.png

20051009173748.png

683MHzだ、1.4GHzのG4でこのスペックか、悲しいかな遅すぎる、表示されるこの683MHzって言うのも本当かどうか疑わしい速度ですね、このVirtual PC for Mac上でWindows XP Professionalを走らせているんだけど間違ってもマルティメディア系の物をやっちゃいけない。ダメダメです。使いどころとしたらWebを見る程度でしょうか。自分で作ったサイトがWindows XP Professionalでどの様に表示されているのか?レイアウト崩れていないのか?位に使うだけですね。ま、実際このブログWindows XP Professional上のIEで見るとレイアウト崩れてますが・・・FireFoxで表示させたら問題ないんですけどね。こんなに遅い物買うなら格安のWinマシン勝った方が良いよね。 
以上ただの愚痴でした。

Mighty Mouse買っちゃった、で、Firefoxを設定し直す

P1030061.jpgと!言うわけで買っちゃった買っちゃった。Mighty Mouse買っちゃった、

近所の電気屋さんに何故かさらりと置いてあり俺に哀願してきたので思わず買っちゃった。

さっそくUSBポートにくっつけて電源入れて無事認識!で、ドライバーをインストールして詳細を設定
20050930220154.png

左を主ボタン、右を副ボタン。クリちゃんをアプリケーションスイッチャー、サイドをExpos?に設定してみました。もっと使いやすい設定があればそれに替えるかもだけど、今はこの設定に満足。

不満点はFirefoxだけだろうか。クリちゃんの左右でページ移動になっちゃいますからね。まぁこれも URL欄に

about:config

と、入力し
20050930221912.png

mousewheel.horizscroll.withnokey.action
mousewheel.horizscroll.withnokey.numlines

の数値を以下のように変更します

actionの値を0
numlinesの値を1

20050930221953.png

すると無事にFirefoxでもクリちゃんボタン・・・真ん中のスクロールホイールボタンで左右にスクロールを行うことが出来るようになりますね。

これで取りあえず不具合はなく良い感じで使えるようになりました。FirefoxでイライラされてるMighty Mouse使いの皆さんお試し下さい。


mmousew_468-60

またまた値下げ あとちょっと!

またまた秋葉館PowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]を値下げしていました。でも、期間限定で10/2までです。ついに35,000円を切ってしまってますね。他のCPUたちも値下げされたりしているのでそれにあわせてるのかな。まぁ、とにかく期間限定ではあるけどもう少ししたらこれが標準価格になるんでしょうね。年末頃までにはこの値段が標準価格に落ち着くと見た!



欲しいものメモ ハード ソフト 何でも!Mac関係

まったくどうでも良いのだが欲しい物が結構ある。購入するかしないかは微妙なところだけど、自分が忘れないようにするためにブログでメモっておこうかと思う。

 まずはハード編、周辺機器なども含めてね。

1.以前も書いたけどSCSI機器をUSB2.0で利用する変換ケーブルU2SCX USB2.0-Ultra SCSIコンバータ!これが結構高いので躊躇している次第。

2.次がAppleの多機能マウスMighty Mouseだね。このあいだ実機を触ってきて、その使いかっての良さに今更ながらMighty Mouseが欲しい!って興味津々。こりゃいいねぇ

3.次が二層書き込み対応のDVD-Rドライブ、パイオニアのDVR-110D。これの以前の機種であるDVR-107Dを利用しているのだが、速度や機能面から考えるとDVR-110Dに興味を引かれる。ただ未だに二層式メディアが高額なので購入してもその利点が少ないので躊躇している。OS10.4.2以降だと標準にiDVDやiTunesに対応もしているので良いなぁと思う。

4.次がiPod nanoかなぁ・・・。一応第3世代の40GBを持っているので今すぐに必要か?と問われたら要らないんだけどね。持ち歩くには丁度良いサイズなんだよねぇ

 ソフト編

1.これは検討したいのがATOK 2005です。今年の4月にATOK17 for Mac OS Xへアップデートしたばっかりなので躊躇しています。本当は見送ろうかと思っていたのですがATOK17 for Mac OS XよりもATOK 2005の方が安定している上に頭も良くしかも軽いときたもので、良い評判が多いなと、て思うと欲しくなっちゃうのです。昔からのATOK使いとしてどうにもこうにも今更ことえりを使おうとも思わないのでね。アメリカ人の作った日本語変換ソフトの馬鹿さ加減に昔苦労して、ATOK に出会った時の感動は言葉に言い表せないほど(そこまでか?)。まぁ阿波徳島って意味のAwaTOKshimaでATOKだから。日本人の作ったソフト!良い変換してくれるのでATOK 2005は買いたいなと・・・15-16のバージョンはあんまり良くなかったけどね。ATOK 2005はかなり良いらしいと言うことなので重要検討!

2.次がAdobeの Creative Suite 2 Premiumです。前バージョンのCSは持っているのですがAdobe Creative Suite 2 Premiumの中のAdobe Illustrator CS2だけでも欲しい気がする。結構大幅な機能アップしてあるし。Adobe Illustrator CS2だけでも欲しいなぁ・・・高いから今は無理だけどね。でもそんなにこの手のソフト最近使うのか?と言われたら以前画像処理を本職にしていた私としては今じゃ全く使わないので要らないと言えば要らないかも・・・前のCSで十分事足りちゃうからね。IntelMacになった場合は Creative Suite 2 Premium以降じゃないと対応してくれ無さそうなのを考えると Creative Suite 2 Premiumの購入もそのうちやむを得なくなるのかな・・・。

以上個人的に欲しい物メモでした。

Toast 7 を使ってみた。なんちゃってレビュー

さて、もうすぐ日本でも発売されるToast 7を早速使ってみた。いったいToast 6 と何処が違うのか。Toast 5 から使ってる私としては気になるところだ。ま、私は普通にバックアップ撮るようにしかToastを使っていないので新機能とかは全く解らないが取りあえず使ってみる。

まず見た目の違いだ、若干Toast6ともデザインが変わっているが基本的なインターフェースは同じですね、参考までにToast 6 と5の画像も掲載しておきます。
Toast7Toast6Toast5

左から Toast 7 , Toast 6 , Toast 5

普通にドラッグしてデータ焼きは何の問題もない。あたりまえか。ではビデオ系の性能を見てみよう。Capty TV
FIMで録画したmpeg2動画をToast 7 でエンコードし DVDビデオにしてみる、
20050916175005.png

こんな感じで取りあえずDVDメディアが勿体ないからディスクイメージで保存してみた。動画のサイズは44分30秒。これをエンコードするのにかかった時間は何時間だろう・・・死ぬほどかかった。で実際に書き出されてMac標準のDVDプレイヤーにて再生できた。チャプターも自動で作成されている。しかしこれはToast 6 にも付いてる機能ですね。

じゃあこれかな?新機能は
20050916174955.png

iTunesの中身が表示されそこからそのままドラッグして音楽CDも焼けるようになってます。これはもしかしたら便利ですね。iTunesで作成したプレイリストもそのまま表示されます。

それと気になる新機能がありました。
20050916175015.png

動画をエンコードするさいの書き出しオプションにPSPicon用が付いてます。PSPicon用にToast 7 でエンコードが出来るようになった模様ですね。

ま、何処までいい機能が追加されたか知らないが、使いこなしてるわけでもないし。俺の場合はただ焼くだけ派だからね。でも必要な人には良いかもしれないですね。

Toast 7は、デジタル音楽、ムービーおよび写真をCD/DVDで保存、共有、活用するための最高の環境をご提供します。新しいToastでは、iTunesの曲とLPやテープを音楽DVDにして聞いたり、iMovieの作品をワイドスクリーンのDVD及びDivXディスクとして観賞したり、さらにiPhotoライブラリを素晴らしいHDスライドショーにして楽しむことも出来ます。また大事なデータを安全に保管、音楽CDやムービー及びDVDのバックアップも簡単です。Mac OS用ライティングソフトで高い信頼性を誇るToastで全ての作業は簡単かつ確実です。

vintagecomputer : roxioToast 7 Titanium

Roxioサイト:http://www.roxio.jp/

MacでDVDを・・・

このブログにアクセス解析を貼っているのだが、その機能の一つに検索エンジンからどのようなキーワードでヒットしてこのサイトに来るかが解るようになっているのですが、その中に常に上位に来るキーワードがある「Mac DVD コピー」といった感じでMacでのDVDコピー術だ。そんなに知りたい人がいるのか?と思えるくらいに多い。

ま、一般的というか、簡単なのはToast 6 Titaniumの様なライティングソフトを使うのが手っ取り早いのはご存じだろう。しかし2層の物を1層にコピーしたい!等と思った場合はToast 6 Titaniumでは無理だ。そんなときには一度DVDの中身を自分のMacのHDにコピーする必要がある。その後圧縮操作を行い、一層のメディアにToast 6 Titaniumなどを使って焼くのだ。ではその抽出ソフトと圧縮ソフトを紹介しておこうかと思う。

まずは抽出ソフトだ。MacTheRipperと言うソフトで抽出を行う。次に圧縮はDVD2oneXと言うソフトで行う、この圧縮時にDVD一層用の容量を指定してやることによって一枚の一層DVDに焼けるように圧縮される。基本的には動画部分が圧縮されるのでビットレートを固定、可変上手く使い分けることが重要だ。可変の方がシーンによってビットレートが変わるので見やすくなると思う。最終的にDVD2oneXで作った圧縮ファイルをToast 6 TitaniumでUDF規格のDVD-ROMとして書き込むというわけだ。

MacTheRipperはフリーウェア。
DVD2oneXはシェアウェアなので登録が必要である。
Toast 6 Titaniumはご存じのようにその辺で売っている、もうすぐバージョン7が出るのでまた新たに新しい機能が追加されるかもしれないですね。

注意!あくまで家庭で撮ったDVDの複製などに利用してください。販売やレンタルされている著作権保護されたDVDを複製(コピー)することは法律により禁止されています。全て各自己責任で行ってください。これらの方法を使用して起こった事故、損害において、当サイトは責任を負わないこととします。

もっと詳しく知りたい場合はttp://homepage.mac.com/hallucinogen_/dvdbackup/index.html等を参照するか、各キーワードでググって下さい

一度にコピー圧縮を完結したい場合にはfastdvdcopyを利用するのが良いかもね、

ゲームボーイミクロ発売!でファミコンを懐かしむ

久々にGAMEに関する記事でも書いてみるか。発売されましたね!ゲームボーイミクロ! ちょっと欲しい気がする・・・。私みたいな初代ファミコン世代としては懐かしすぎるのさ! 我が家にファミコンがやってきたのは私が当時小学校4年生か5年生くらいだったでしょうか。マリオブラザーズやらドラゴンクエストシリーズやらファイナルファンタジーシリーズ、ポートピア連続殺人事件バンゲリングベイ等を生み出したファミコン!随分お世話になったな〜。実家には未だに初代ファミコン置いてあるし。こないだ何度から引っ張り出してみたら取りあえず動いてビックリしたけどROMカセットがガタガタと動かすとすぐバグッちゃうくらいに半分ジャンク品と化していて残念だったのだが・・・ 
 このファミコンには色々思い出があるね。そういえばスーパーマリオブラザースは当時小学校六年生だったんだけど 通っていた小学校の中で一番早くクリアした記録を持っているのだ。って俺しか知らないかも・・・。とにかく一番早かったのだ。あと、もう一つの名作スターソルジャー!ハドソンが出していたゲームなのだが高橋名人見たさに晴海で開催されていたファミコン大会に行ったことがある。しかもテレビに映っちゃって(テレビ東京の番組)翌日友達に「おまえ!テレビに出てたよ!」と言われてビックリした。そんな思いでもあるのさ、俺の年齢ばれるね。こりゃ・・・。

で、このゲームボーイミクロ!いいなぁ・・・昔懐かしいソフト達がお手軽に遊べそう。ファミコンミニ スーパーマリオブラザーズ(スーパーマリオブラザーズ20周年記念再販)これなんか、一番やりたいわ。懐かしすぎて屁が出るよ。無限アップ裏技とかやりたいもん!

買うならこのファミコンのコントローラバージョンだね!
ゲームボーイミクロ
amazon価格では11,499 円(税込)

商品名 : ゲームボーイミクロ
発売日 : 2005年9月13日(火)
希望小売価格 : 12,000円(税込)
サイズ : 横101mm × 縦50mm × 厚さ17.2mm
セット内容 : 本体1台(OXY-001)
ゲームボーイミクロ専用ACアダプタ(OXY-002(JPN))
ゲームボーイミクロ本体用ポーチ(OXY-007)

参考リンク
メーカー商品サイト:http://www.nintendo.co.jp/micro/hardware/index.html

USB2.0化の果てに….どうする?SCSI機器編

さて昨日の記事で書いたようにREX-PCIU4 USB2.0 PCI BOARDを購入し取り付けたのだが、その課程で行き場の亡くなった悲しき物がある。いわゆる過去の遺物だ。SCSIカード・・・。USB2.0を挿すのに抜いたのだ。実はMOとスキャナとCDRドライブのSCSI接続のタイプを持っている。ホント過去の遺物とかしているのだが何せパフォーマ6420を使っていた頃からの周辺機器であるので当時G4に買い換えた時にPCIスロットにスカジーボードを増設したのだ。しかしスキャナーはOSXでは使えないタイプだし外付けCDRドライブは内蔵のDVR-107を載せたことで役目を終えてる。そしてMOもほとんど使わない。以前仕事のデータなどをMOで受けたりしていたので有るのだが。まぁ昔のバックアップなんかは未だにMOに入っている。そうMOの中身をさっさとDVDとかにバックアップ取ってしまえば何の問題もなかったのだが。この状態だとMOが使えないのがね、滅多に使わないから良いって言えば良いんだけど。使う時だけボード差し替えれば使えるし。最悪沈黙の眠りについてるパフォーマ6420をよみがえらすことも可能だ。しかしそれもなぁと思う。そこでUSB2.0で繋げる変換ケーブルが商品として売っていることを思い出した。幾らくらいするの?。。。。ぐぐって調べてみたところどうやら2種類の製品が存在した。あくまでUSB2.0とSCSIの変換だ。もちろんMacで使える物だ(USB1.1は考えないのと以前自作の方々の間で流行ったSCSIのUSB化ボード取り付けってな改造は頭に入れないこととする。)

一個目はU2SCX USB2.0-Ultra SCSIコンバータだ!値段はamazon価格で 6,405円、定価は7,700円。高いなぁ・・・
メーカーの商品サイトはhttp://www.ratocsystems.com/products/subpage/u2scx.html

もう一つはLogitec LUB-SC2(USB 2.0-SCSI変換ケーブル)だ。amazon価格は6,070円、定価は7,300円 と同じくらいの価格帯。
メーカー商品サイトはhttp://www.logitec.co.jp/products/henkan/lubsc2.html

そんなわけで高かったのでもうすこしせっぱ詰まったら考えようかな・・・。
もしくは臨時収入があったら買おうか?程度にしておこうかと思います。パチンコ行くか!宝くじ当てるか!totoやるかぁ!
U2SCX USB2.0-Ultra SCSIコンバータ
Logitec LUB-SC2(USB 2.0-SCSI変換ケーブル)

でもこれがあるとスッキリするんだけどね。機能的には前者のU2SCX USB2.0-Ultra SCSIコンバータだと言う話だ。細かい話は知らないが、どうやらMac用の新しいドライバ開発しているという話らしいからこの先長い目で見るなら良いのかもしれない。ただ、このU2SCX USB2.0-Ultra SCSIコンバータというのはWINではかなり利用できる種類が多いのだがMacではMOとHDD等のストレージ系にしか利用できないらしい。その新たに開発中のドライバだかファームウェアだかがあるとスキャナも使えるようになるらしい。Logitec LUB-SC2(USB 2.0-SCSI変換ケーブル)も同じようにMacではストレージ系オンリーのようだ。あと、両方の変換ケーブル共にMacだと数珠繋ぎは出来ないみたいですねSCSI機器の。一度に一個までしか無理のようです。Winだと普通のSCSIの用にID振り分けて何台までか繋げられるSCSIモードというのが有るみたいですけどね。

USB2.0化 その2 カード取り付け、動作認識編

購入したREX-PCIU4 USB2.0 PCI BOARD (メーカー詳細ページはこちら)を早速取り付けてみた。起動させてみるとあっさり普通に起動。さっそくUSB機器を繋げたところ認識。でその状態で再起動を試してみた。USB機器を全部繋いだままだ。・・・・起動しない。起動画面に駐車禁止みたいなマークが出る。そこで全部USB機器を外し再起動。無事起動。なるほどね繋ぎっぱなしじゃダメなんだ。と思いまたそのように全部外して再起動。OS9でも再起動とか色々試していたらなぜか全く立ち上がらなくなった。どうやら以前取り付けたSonnetTempo ATA133が影響しているようだ。PCIカードの接続先のスロットを替えたりしてみたがどうにも起動しない。しかたなく10.4のDVDから起動してみた。起動はするがHDDを全く認識しない、SonnetTempo ATA133のカードも認識されていないみたいだ。そこでもう一度元の場所に確実に差し込み再起動したところ何故か無事起動。それなら!と、思いREX-PCIU4 USB2.0 PCI BOARDも差し再起動。無事起動した。そこでまた全てのUSB機器を接続したところあっさり認識。そこでチャレンジ精神でUSB機器繋いだままもう一度再起動・・・・あれ?問題なく起動した。いったいなんなんだ?

そんなわけで不具合があったと言えばあったが結果的に何の問題もなく使えている。この不具合はなんだったのか原因が全くわからないが取りあえず結果オーライで使えてるので良しとしよう。これでUSB2.0機器が色々使える!やったね!

参考写真。
商品の箱はこんなの
P1030059.jpg

取り付けた状態。1枚目が中から。2枚目は後ろのポート部分
P1030056.jpgP1030057.jpg

カードリーダーを繋いだ状態で下記のように認識される
20050912034807.png

ちゃんとUSB2.0での接続となっているようだ

USB2.0化 その1 カード選び編

さて、何度もこれが最後と思いながら色々と増設したり改造したりなのだが、今回こそこれで一通り終わるのではないかと思う。そう最後まで残っていたUSB2.0化だ、ご存じの通りSawtoothはUSB1.1が標準なので悲しいかなUSB2.0用の高速な物があっても低速でしか繋ぐことが出来なかったのである。そこでUSB化を検討。どんな物があるのか調べてみた。色々調べていくと色んな候補が挙がった。

まず第一に来るのが秋葉館オリジナル Mac用 USB 2.0 PCIカード [AKB-USB2-PCI]だ。これは安くてお手頃感があるのでこれにしようかと思ったがディープスリープが出来ないようなので、もう少し色々検討しようかと思い探してみた。

そして次の候補DOS/V用だがMacで使えるもので玄人指向のUSB2.0N-LPlだ。これは破格で中々良いがちょっと迷ってしまう。

でさらに探すとI・O DATAのUSB2-PCI3 (PCIバス対応) か USB2-PCIL3だ、しかしこれは中々良いかと思ったのだが生産終了していて見つからないので辞めることにした。

もっとさらに探すとクレリバー?といかいう会社のバルク品なのかな?詳しくは解らないのだが290K@スポイラーと言うのもあった。これはなかなか!と候補に入れておく。1200〜1300円程度か、一番安いかもしれない。

もっともっと探していくとSUGOI USB2.0もあった。これはWIN/Mac両対応をうたっている製品だ。2000円台半ばと結構値が張る。

しかしまだある。ラトックシステムのREX-PCIU4 USB2.0 PCI BOARDだ。これもそこそこ値が張る、2000円台半ばだ。しかしこれもWin/Mac両対応でなぜかiPod対応まで歌っている。

ほかにもmatheyのUSB2.0カードシリーズなどもあります、

さて、こんだけ有るとどうしたらいいか解らない。そこで色々調べるとNECのチップを採用している物が安定して良いという話を良く眼にしたのでその辺で洗い直してみた。NECチップにも旧タイプと新タイプがあるので、その辺も注意だ。

旧タイプ?PD720100 新タイプ?PD720101(詳細
と言うことでこの新タイプ搭載の種類を買うことに決めた。ここまで来たらお店に行っておいてある奴を買うことにした。そんなこんなで新宿のヨドバシへレッツゴー!
最初DOS/Vパーツ売り場に行ったが玄人指向ばっかりおいてあったのでMac売り場へ移動。先日発売されたばかりのiPod nanoが大人気で人だかりが出来ていたが軽くいじって触ってブラックのiPod nanoの方に指紋いっぱい付けただけにしてその場を移動しPCIボードコーナーへ!そこにあったのは3種類のUSB2.0ボードでした。

ラトックシステムのREX-PCIU4 USB2.0 PCI BOARDSUGOI USB2.0とmatheyのUSB2.0カードである。全てMac対応を歌っている商品だ。最初の2種類がNECのチップ新タイプ?PD720101(詳細)を搭載しているのでどちらかを買う。迷う迷う。で何となくだがラトックシステムのREX-PCIU4 USB2.0 PCI BOARDを購入した。

購入したのは

REX-PCIU4 USB2.0 PCI BOARD
 (メーカー詳細ページはこちら

頑張って誰か試して欲しいのはI・O DATAのUSB2-PCI3 (PCIバス対応) とか USB2-PCIL3の後継機のI-O DATA USB2-PCIL4もおそらくMacで使えるかもしれない。人柱挑戦者よ試してみてくれ。

そんなわけで次回へ続く
これでiPod nanoも使えるか!(USB1.1でも取りあえずは使えます)

QuickTime SDK と iTunes Phone Driver

QuickTime SDK と iTunes Phone Driver がソフトウェアアップデートよりインストール可能となっております。

QuickTime SDK
The QuickTime 7.0.2 SDK contains QuickTime headers for use in creating software that employs QuickTime APIs. The SDK also includes examples and documentation that describe the capabilities of the QuickTime APIs, including the new functionality introduced in QuickTime 7.

After installation, you will find the QuickTime headers in the following directory on your system:

/System/Library/Frameworks/QuickTime.framework/Versions/Current/Headers/

Documentation will be installed in the following directory on your system:

/Developer/Documentation/QuickTime

Example code will be installed in the following directory on your system:

/Developer/Examples/QuickTime

iTunes Phone Driver
iTunes 4.9 以降から、携帯電話に音楽を転送する機能が搭載されています。このドライバは、「iTunes」がサポートしている携帯電話と通信するために必要です。

ってか、これインストールする必要有るのか?でもしておかないと永遠にソフトウェアアップデートの画面に出続けるから結局しちゃうんだけどさ。iTunes電話日本じゃ使えない形式だから意味無いしね。まぁ、やっておきましょう。

スペシャルイベントでちょろっと新機種!

20050908032250.pngApple Computer, Inc.がサンフランシスコで開催したスペシャルイベントでちょろっと色々新機種などを発表しましたね。

20050908031645.png簡単に発表された物をまとめると
1.iTunes 5、本日リリース
  プレイリストをフォルダで管理可能になったり、新たな検索機能が追加された模様。

2.Motorola社のiTunes携帯「ROKR」を発表
  100曲を保存可能、日本では規格が違うため使えないであろうとの事
詳細は独占販売を行うhttp://www.cingular.com/indexcを見てください。以前から出回っていた画像そのまんまですね。

3.新しいデザインの「iPod nano」を発表
  本日発売、ラインナップは2GBモデル、4GBモデルの2種類。共にカラー液晶搭載で本体カラーは白と黒

iPod nanoの購入はiPod Storeをご利用下さい。
20050908033352.png

やばいなぁ黒が欲しいなぁ。でもUSB2.0接続か、俺の1.1だよ〜
「iPod nano」に関して、従来のFireWireケーブルを接続すると、オートシンクせず、バッテリー充電のみとなるそうです。てなわけで使えないジャン(T T)

iTunes Music Storeでシェア回復?

ニュースで出てましたね。Appleの音楽プレイヤーiPodシリーズがiTunes Music Storeの日本上陸を気にSONYiconに奪われていたシェアを取り返しまた一人勝ち状態になったと。

参考記事
[市況]アップル、シリコン携帯オーディオで1位奪還、iTMS日本上陸はどう効いた?

どうやらiPod Mini 4G モデルのトップは変わりないとのことですがiPod shuffle512MBのシェアが4%も伸びたとのこと、手軽に購入できるシャッフルの下位タイプが取りあえずiTmsを試したい層に売れたのでしょうな。実際一時的なものか、そうでないかはしばらく静観としましょうか。でも一社独占てあんまり良くないから一応Apple派だけどSONYiconにももちろん頑張って競争しあって良い物をお互いに売り出していって欲しいですな。

曲の購入にはiTunes Music Cardsを利用すると便利です。

SONYiconのシリコンオーディオプレイヤーといえば
これ売れてたみたいよ。結構。まぁ手軽だよねこれも

島唄が世界20か国で同時配信(iTunes)

iTunes Music StoreでThe Boomの島唄が世界20ヶ国で同時配信されているみたいですね。しかし何故島唄?
島唄←クリックするとiTunesが立ち上がります。

「島唄」iチューンズが世界20か国で同時配信Yahoo!ニュース

 米アップルコンピュータは6日、同社のインターネット音楽配信サービス「iチューンズ・ミュージックストア」で、ロックバンド「THE BOOM」のボーカル宮沢和史さんの楽曲を、日本を含む世界20か国で配信すると発表した。

 楽曲は「SHIMA—UTA(島唄)」などで、同社が、日本人音楽家の曲をこれだけ多くの国で同時に配信するのは初めて。開始は7日から8日にかけてを予定している。

 対象国は米国や英国、フランス、イタリアなど。「SHIMA—UTA」は、ヒット曲の「島唄」を宮沢さんがソロで歌い直したCD未収録バージョン。
(読売新聞) – 9月6日22時10分更新

参考記事
島唄を聴き何を考え何を問い何を云う Planting Field

QuicktimeのtrailersにZG2登場

お!お!知らぬ間にアップされているじゃないですか!AppleのQuicktimeのtrailersに機動戦士Z ガンダム2 -キスの記憶-  が!またまた予告編見て見たくなっちゃった。
声優陣の中に女優の池脇千鶴さんが入っていますね。サラザビアロフの役みたいですが実際はどうなんでしょうか。いやぁ楽しみだ。公開は10月29日からです。
それに先だって機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-のDVDが10月28日に発売されます。

20050826194959.png

予告編のURLは
http://www.apple.com/jp/quicktime/trailers/shochiku/zetagundam2_large.html

バンダイチャンネル:http://www.b-ch.com/contents/z_movie/p03.html

Amazonでの価格はこちら:
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

バンダイサイトでの価格はこちら:
DVD 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

原因はAllow Nap?

昨日取り付けたPowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]ですが、4種類の速度設定が出来るのでどんなものかと色々確認してみました。

 まずは今は1.4GHzで安定しているのでもう一度1.5GHzで起動を試してみたいと思います。・・・一回目はカーネルパニックを起こしましたがしばらく時間をおいてもう一度1.5GHzで起動すると無事起動。昨日は途中でフリーズしてしまったXbenchをつかって無事ベンチマークもはかれました。意外と安定動作をしたのにビックリしています。ただやっぱり重たい動作を行うと結構ヒートシンク部分が高熱になってきます。1.4GHzよりも。ではもっと速度を遅くした設定なら発熱は少なくなるはずと思い、次は1.3GHzで起動してみます。起動に時間がかかったのと意外と不安定でした。
 色々見てみるとCPU速度が350MHzとなっていました。そこで確か速度をちゃんと表示させるにはSonnetのSonnetCache(現在バージョン1.4b1)が必要と書いてあったので、それをインストールすると無事1.3GHzと認識、しかし下記写真にあるCHUDでは350MHzのまんまです。とりあえずデフォルトでは認識されているので問題ないのかな?でも1.4GHzの方が発熱は明らかに少なく感じます。1.3GHzでは軽い作業でも常にヒートシンクが高温の状態です。これはあきらかにまずい!
 と、言うことで1.2GHzの最低速度設定で起動させてみました。するとカーネルパニック連発。1.3GHzのときに高温になったまま1.2GHzにして再起動したからか?と思ってしばらく電源切って冷却し1.2GHzで再起動。無事起動しましたが明らかに不安定です。みるみるうちに温度が上昇していきます。Xbenchでベンチマークを計っても途中でXbenchが落ちたりします。ヒートシンクをさわってみるとCPU使用率がほとんど数%にもかかわらずかなりの高温でした。

 一番良いのは1.4GHzじゃん?と思い何が違うのか色々な設定で調べていくと違いは一ヶ所でした。CHUDでの表示です。1.4GHzと1.5GHzはSonnetのSonnetCacheをインストールしなくてもデフォルト状態で速度認識されています。それにCHUD表示も1.4GHz1.5GHzと問題なく表示されるのに対し、1.3GHz1.2GHzの設定ではSonnetのSonnetCacheをインストールすることによって1.3GHz1.2GHzとそれぞれ認識されますがCHUDだと1.3GHzの場合は350MHz、1.2GHzの場合は0MHzとCHUD上で記されます。さらに違いはCHUDの画面右上にあるチェックボックス「Allow Nap」です。問題はこのチェックです。1.5GHz1.4GHzはチェックが入っていますし、設定で外すことも可能ですが 1.3GHz1.2GHzでの状態だと「Allow Nap」のチェックが外れているしチェックを入れることも出来ません。

 どうやらこの「Allow Nap」が原因のようです。これが効いていないと温度上昇が抑えられないようですね。省エネ的な働きをするのでしょう。
20050804205728.png

と言うことでOSXで動作させる場合この「Allow Nap」が利用できない設定では高温になりすぎて使えないと思います。1.4GHzが一番安定しているのでこのままで問題なく行けそうです。低速の設定はもしかしたらOS9.2用かもしれませんね。OS9.2はOSXと違い温度はかなり1GHzを超えると高くなるのでOS9.2で使う場合には速度を落とした方が良いのかもしれませんね、OSX利用の場合は1.4GHzで何の問題もありません。

 試しに1.4GHzでCHUDを使い「Allow Nap」のチェックを外してました。すると数分後にはヒートシンクがかなりの高温になります。「Allow Nap」はCPU交換したG4 Mac には超必須項目でしょう。またチェックを入れ直すと見る見るうちに温度が低下していくので明らかです。

 CPUを交換した場合はCHUDをインストールしてどのような設定なのか確認しておくべきでしょうね。ちなみにOSX10.4のインストールディスクに入っているのでご自分でインストールしましょう。(Developer Tool)

 この間まで使っていたSonnet のEncore/ST G4 1GHz 日本語パッケージ版 [SG4-1000HS-2M-J]はもちろん「Allow Nap」の設定が利用できました。

Mighty Mouse !!!クリちゃんマウス?

おっと!おーっと!なんだこりゃ?AppleからMighty Mouseが発表されていました!こいつ、かなりの優れものかもしれません。先頭部分にはタッチセンサー搭載、左右には感圧センサー搭載、そして乳首のようなほくろのようなボタンはクリック対応360度スクロールボールです!おいおい結構優れもののマウスだぞ!乳首マウス!いやいや一個の突起物だからxxトxスマウス!・・・すんまそん、でも一個の突起物・・・まぁ
しかしこれはいいね。Mac OS X Tigerから正式対応で他のOSでは機能を完全に利用できないようですがこれはいいなぁ・・・。
Mighty Mouse
価格: ¥5,670

mmousew-ani_468-60.gif

新CPU G4 また出た?

たまたま秋葉館のサイト見ていたら新しいG4のアップグレードカードが出たみたいですね。

Encore/ST G4 1.8GHz 日本語パッケージ版 [SG4-1800-J]

SonnetのG4 1.8Ghzのアップグレードカードです。そっかぁこれが出るからこの間1.7の限定安売りやっていたのね。でも1.7も普通に売ってるみたいだけどね、1.7との値段差たった1000円だけど、どうなんだしょ。やっぱり3次キャッシュ無いタイプなんでしょうかね。
Sonnetsale5.jpg
Sonnetsale050722.jpg

この1.7Ghzモデル限定セールはとっくに終わってます。

7a-1620u.jpgそれとギガデザインのG-Celeratot for PMG4 2.0GHz設定モデル 日本語パッケージ版 [7A-2000U]も予約開始されていました。こちらは7447系CPUです。

速度的にはもうこの辺りが限界ですかね。G4CPUの。ただ今年の秋に7448系が量産開始されるというのでそれがどんなものなのか興味のあるところですな。ただOS9も利用したいならどうやら7455系をおとなしく使ってる方が良いみたいですよ。7447系はOS9利用サポート外みたいですから。

1998年以降OSのBuild(ビルド)一覧表。

AppleがTech Info Library 日本語版を更新していました。
TIL-25517Mac OS: コンピュータに含まれているバージョン、Build(ビルド)(1998 年以降) (更新)
よく、アップルメニューのこのMacについてを表示させると掲載されてる英数の羅列です。このヒョウ便利ですね。一発で解りますな。

TIL-25517Mac OS: コンピュータに含まれているバージョン、Build(ビルド)(1998 年以降) (更新)
1998 年 1 月以降に発表されたコンピュータに含まれている、Mac OS のバージョンの一覧について学びます。

重要:一般に、コンピュータに含まれている Mac OS のバージョンより前のバージョンは使用できません。以下で掲載する関連記事、および Mac OS X: Use Original or Later Disc for Installation, Utilities(英語の情報です)を参照してください。

注記
一部のコンピュータは、時期によって異なる Mac OS バージョンがプリインストールされています。コンピュータに最新バージョンが付属していない場合は、「後期に含まれている Mac OS 」欄に「-」が表示されています。
ビルド情報は「この Mac について」ウインドウから入手できます。
製品名の注釈部分 (Summer 2000) および (Summer 2001) は北半球での夏を指します。
iBook (Early 2003) とも呼ばれます。
(*) この種類コンピュータの一部、またはすべては、Mac OS X でのみ起動します。詳しくは、Macintosh: 一部のコンピュータは Mac OS X でのみ起動します を参照してください。
追加注記:
– xx303xxxxxx 以降のシリアル番号を持つ iMac (Flat Panel) は、Mac OS X でのみ起動します。
– SuperDrive 搭載の eMac (ATI Graphics) は、Mac OS X でのみ起動します。

一部のコンピュータには、Install や Restore ディスクに、ハードディスクにプリインストールされているバージョンに比べて、少し新しい Mac OS X のビルド(ただし、バージョンは同じ)が収録されている場合があります。これは正常な動作です。
一部のバージョンのコンピュータ専用ソフトウェアは、それらのソフトウェアが付属する特定のコンピュータ機種用の NetBoot、または System Images でのみ使用されます。これには、次の Power Mac G5 コンピュータ専用ビルドが含まれます:6S74、6S75、6S80、6S90。

20050727140537.pngビルドの表示のさせ方はアップルメニューの「このMacについて」を選択しバージョンの記載されてる部分をワンクリックするとビルドが表示されます。

エアコン!

3a-1.gifさて真夏ですね、暑いです。PCも暑いっす。真っ盛りな日々です。そしてパソコン無いの温度に神経をとがらせている人も多い季節。私もMacを改造してるから少しはMacの温度を気にしているのだが、パソコン内の温度を下げるには、ファン、チップにヒートシンク、水冷等々あるがついにこんなモンが出ましたね。クーラー付きパソコンケース!強制冷却ですな。ま、私はMacだからいらんが、PCを自作してる方にはいいかもね!PC自作だけは手出したらはまりそうなので辞めておこうと心に誓ったりする。Macで十分っす!やっすいPC買おうかなぁ。。。。自作の方が安く済むなんてわけでもないし、自作売り場で売ってる初心者用のキットにするか、でもはまりそうだから手出さないでおこう。まぁとにかくついに時代は空冷→水冷→クーラーと相成りました、って普及するのか?こいつ。京都議定書に引っかかりそう、温暖化するぞ!部屋が、ケースの下から温風がでるっぽいんで設置場所も選ぶケースですな。温度に過敏になってる貴方!如何?

エアコンを内蔵したタワー型PCケース「ICS 8200」
sytrin

PowerMac G4(Gigabit Ethernet)400MHz Mysticの電源交換は?

先日Sawtoothの電源記事を書いたところGigabit Ethernetでも同じですか?という問い合わせが来ました、自分の電源交換時に調べる課程で違っているというのは知っていましたがどのくらい違うのかはほとんど気にせず自分のSawtooth用の方法だけ見ていましたが、質問があったのでGigabit Ethernetの電源交換方法を載せていたサイトを紹介しておきます。

参考リンク
http://www.inohome.net/kuma/g4/pw_unitch/index.html

ATX電源のピンアサイン
http://homepage1.nifty.com/Jo/special/010621.html
GEのピンアサイン(英語)
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=95064

簡単に解説すると

>ATX電源のコネクターから18番ピン(-5V)と
>9番ピン(+5Vスタンバイ電源)を引き抜きます。

>*通常9番ピンは待機時のスタンバイ電源ですがこのタイプのG4では使用していません。
>18番ピン(-5V)はMac側ではGND(グラウンド)になっているのでそのまま繋ぐとショートします。
(情報源は某掲示板、この方法でMac壊れても責任は負いかねますので自己責任でチャレンジしてね)

G4パワーアップ、次は何やる?

さてさて以前に比べると随分とここのブログのアクセス数が減ってきている気もするが、ま気ままに個人的にやっていこう。マイペース!
 で、ここんとこ愛機Sawtoothの改造を続けているのだがだいたいの基本的なパワーアップは終わった気がするので、残った一個を検討しなくてはいけないですね。
 よくCPUをSonnet ギガデザイン パワロジ と色々変えている人も多いですが、安定が一番ですよね。まぁ、早くなるでしょうけど結構不安定になるって話も聞きますからね。

 では今現在のG4 AGP Sawtoothの状態を記しておきます。ちなみに1999年の11月に新品で購入したMacですよ。

ベース機 Power Mac G4 AGP400 ZIP (Sawtooth)

CPU   : G4 400 → Sonnet Encore/ST G4 1GHz [SG4-1000HS-2M-J]
メモリー : 1.25GB  256+256+256+512
HDD   : 30 GB  IBM-DTLA-307030
       120GB  IC35L120AVV207-1
        80 GB  SAMSUNG SV0813H
DVD-R  : PIONEER DVD-RW DVR-107D
グラボ  : ATI Radeon 9700 Pro
PCI    : REX 130P(スカジーカード)
電源    : SWテクノロジー製 400W ATX電源
側面吸気 :  XINRUILIANの12cm角DCファン 1700回転/分

と言う状況です、では後は何をすればいい?足回りを鍛えておこうかと思います。どう考えても王道的なパワーアップ街道を突き進んでおりますがもうしばらくこのSawtoothを使うためには改造するしかないですからね。
FMPro.jpg そんなわけで次はATA関係を検討しております。RAIDは今のところ考えていないのでATA-133対応って言うので検討しています。そうなると種類は狭まってくるので自ずとだいたいこの2種類の製品となるでしょうか。まず一個目はACARD製[AEC-6280M/J]、そしてCPUアクセラレータカードで有名なSonnet製Tempo ATA133でしょうか、色々とATA133関連でぐぐって見ると速度的な勝者は「[AEC-6280M/J]」らしいですね。ただ「[AEC-6280M/J]」スカジーとして認識される見たいですね。では「Tempo ATA133」の利点は?スカジーじゃないって事かな〜個人的には「Tempo ATA133」に何故か惹かれているのだが、値段も両方大差なく市場では1万前後で推移してますからね。後若干気がかりなMac本体の温度問題もあるので今後USB2.0カードも欲しいなって考えている手前PCIスロットを全部埋めるのには若干の抵抗があるのでどうしようか考え中ですね。SawtoothのPCIスロットは3つしかないので現在私のMacにはスカジーカードが刺さっているのでこれにATA133カードとUSB2.0カードを挿したら全部埋まっちゃうわけですからね。温度対策にPCIスロットに付ける廃熱ファンを取り付けようかとも思っていたのでね。はてさてどうするか、スカジーカードを抜くか、・・・・

 ま、でも最後の手段はこのカードって事なんでしょうけどね。たった一枚のカードにATA-133、USB2.0、Firewireの3つの規格に対応したPCIスロット用カードの「Sonnet Tempo Trio [T133FWU2-M-J] 」でしょうか、これが一番お得な気がしてきましたね。スロット消費一ヶ所ですからね。これ挿して空きスロットに廃熱ファンカード搭載できるし、電力も考えるとベストチョイスかな?・・・しかーしこのカード高いね。手が出ないですね。あきらめかなぁ。。。。17000円〜19000円くらいの相場ですからね。やっぱり普通のATA133カード買ってUSB2.0かスカジーを諦めればいいかな・・・・ あ、ATA133の大容量HDも欲しい・・・やばい金がない。頭グルグル回して色んな方法検討していこう。

 なんて独り言&悩みの今日の記事でした。

「PIX-FTV300UM」の最新ドライバ公開

PixelaのサイトCaptyTV PIX-FTV300UMアップデートが公開されていました。これによりUSB1.1に対応し、Mac OS X Tigerにも正式に対応した模様です。USB1.1対応って言うのは良いですね。古い機種を利用している方でもUSB接続でキャプチャー可能となるようです。ただ最大ビットレートは5.5と微妙な速度ですが取りあえず録画するには可能な画質ではないでしょうか?USB1.1ポートを標準装備したPower Mac G4(AGP Graphics)以降でも利用できるようになりましたね。旧機種ユーザーには朗報?

CaptyTV PIX-FTV300UM

「Mozilla」が「SeaMonkey」

ブラウザの「Mozilla」が「SeaMonkey」として生まれ変わるようですぞ。「Mozilla」と言えばネットスケープとかFireFoxを思い浮かべるけど、基本は「Mozzilla」なんすよね。今の奴はネスケそのまんまって具合なんだけど、とにかく開発団体が変わるそうです。つーか、だからって「SeaMonkey」?シーモンキーかい!懐かしい名前だな〜袋を水槽に開けて水入れると孵化するのかしら・・・・

とにかく「SeaMonkey」と生まれ代わり開発されていくとのことです。その技術は「Firefox」や「Thunderbird」にフィードバックされるとのことです。

参考リンク Yahoo!ニュース
「Mozilla」が「SeaMonkey」と改名して生まれ変わる、近日中にv1.0 αが公開

プリンター購入のお供

今年の頭にうちの相方がiMac G5を買ったんだけど、しかもはじめて買ったパソコンだったので他になんにも持っていない、と言うことなのでプリンターが欲しい!そんな訳で近所のパソコン屋さんのPCDEPOTへプリンターを購入しに行ってきました。私はただのお供。何にもないって事でせっかくなのでスキャナーとプリンターの一体型を買おう!ってなことで色々物色。もちろん高いのは買えない。で、目についたのがPM-A700です。通常価格、って言うか、販売価格 (税込) ?19,800のところが?14,800で売られていたのです.
こりゃお買い得!ってなことでとっとと購入。ちょっと相方の家まではうちの近所のPCDEPOTから電車で持って帰るのは遠いし重いので発送して頂いたのでどんな具合かはさっぱりですが、俺もスキャナ一体型の買えば良かったなぁと思いました。だって俺が買ったプリンターPM-G720と実際買った値段が千円くらいしか違わないんだもん!むき〜。ま、4色インクと6色インクの違いがあるけどそんなもん、ぱ!っと見た目誰も解らないしね。うらやましいなぁ・・・・。

これが購入したPM-A700です。

デジカメ:Nikon D50

出ましたね!Nikonからデジカメ一眼の入門機!Nikon D50 です。これはNikon D70の機能をすこし省いた感じでしょうか?

 Nikon D70のシャッタースピードは最高1/8000秒なのに対してNikon D50 は1/4000秒です。他の部分はだいたい一緒でしょうか。ソフト的なのはもしかしたらNikon D50 の方が新しいので良いかもしれませんが、CCDのサイズとかも同じですのでどうなのかなぁと、ただamazonで新品価格見ると新しいNikon D50 の方が値段が高いですね。今ならNikon D70の方がお買い得かも知れないですね。ただプロカメラマンじゃないので一眼のデジカメ持っていても大して使わないんだろうなぁ・・・。欲しいけど間違いなく使わないと思う・・・。デジカメは小さくて持ち運びやすい奴の方が良いモンね。


Nikon D50

Apple純正にマカーは弱いのか?

ヤフオクのApple純正ってだけで高いのは今や常識ですな。前にDVD-RドライブがApple純正ってだけで値段がちょい他のより高くなるって書いたんだけど、まさかHDまでとは・・・・120GBで一万超えてる〜中古品なのに。これはびっくり。

これ
 ↓
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k20852379

高いなぁ・・・。3000円くらい相場より高いよ。俺は何の魅力も感じないけどなぁ。バルク品で十分じゃよ。

Power Mac G5 Single 消えた

ついにPower Mac G5の一番安かったSingle(June 2004)/1.8GHzモデルの販売を終了していましたね。米国のApple Storeでは既に販売終了していたから時間の問題かと思っていましたが日本のApple Storeでも終了です。性能でも大差ないiMac G5との区別が難しかったですからね。拡張性くらいですか。売れなかったのかなぁ。確かに一番下のを買うならiMac G5の方がオススメですからねぇ。新機種出すとかじゃないのか・・・やっぱり。未だしても売れなさそうですしね。来年の今頃にはintel版が出てるのかなぁ・・・。コンシュマー向けが先って話だからその間に出すのかなぁ・・・。

どうでも良い悩み。

P1000016s.jpgさて先日ATI Radeon 9700Proにグラフィックボード交換しましたって言う記事を書いたのだけど、このグラボはOS9には対応していないのでOS9を利用する時はATIアクセラレータ関連の機能拡張外して利用しているのだが、実際OS9環境で起動する事ってほとんど無いのである。将来新しいMac勝ったとしたらOS9環境無くなっちゃうからその時用に今のMacでOS9使うためにって考えて今まで付けていたnVIDA GeForce4 MX 32MBを残しておいて居るんだけど、実際問題必要なのかなぁ・・・。売っちゃった方が良いのかしら。この位の性能だとYahoo!オークションでも大して値が付かなさそうだなぁ。5千円〜8千円くらいでしょうか・・。あー悩みどころだなぁ。使うのかなぁ・・・。これ

Macで出来ないこと。他力本願その2

以前書いた、たぶん昨年11月頃の記事「Macで出来ないこと。他力本願」で書いたWindowsで出来てMacで出来ないこと。そのとき書いたのが「Windows Media Player」での「ライセンス所得」がMac版では上手くいかないって事だったんですが、未だにほとんどは上手くいきませんね。Yahoo!動画に関してはIEを標準ブラウザに設定した場合は見られますが、動画配信サイトの大手「showtime」等の配信動画は未だに見られないですね。VPCとか使えば出来るけど。それはWindows上って事ですからね。早く何とかならないですかねぇ、と思っています。でもまだありましたね、そういえば。
 Macで「.avi」拡張子のついた動画を見ることはたいていのものは見ることが出来ます。「Divx」とかのコーデックだとちゃんとインストールしたやれば見ることがMacのクイックタイムでも出来ますし。クイックタイムで再生できなくても「VLC」などの動画再生ソフトを利用したらほぼ見られます。でも拡張子が「.avi」であってもコーデックが「WMV3」形式のものだと未だに見られないんですよね。Mac版の「Windows Media Player9」を利用しても見られないし「VLC」を利用しても見られない。ま、もしかしたら裏技があって見ることが出来るのかも知れないけど、今の段階で俺は解らない。Google検索してもわかなかったしひさしぶりに嫌いな某巨大掲示板も除いてみたけど無理って書いてありましたわ。

Macだから出来ないって訳じゃなくMac用のソフトが存在してないから何だけどちょこちょここーゆーのって未だにありますよねぇ、以前に比べりゃ減りましたけどね。
20050613161659.png20050613161711.png20050613161723.png

参考までに。
Apple TIL:「QuickTime: AVI ファイルの再生について」

追記
WMV3Serverというソフトが登場しています。映像がwmv3 音声がMP3のAVIファイルをMacで見るためのヘルパーアプリだそうです。
詳しくはhttp://www.geocities.com/Tokyo/Bay/8128/

継がれる者継がれない者

macos9cd50.jpgAppleがintel製プロセッサを採用すると発表し、各界で波紋が広がっており賛否両論有りますが、決定事項なのでしかたないでしょう。しかしどこまで今現在使えているものが使え、使えなくなるものが出るのかは未知数と言ったところでしょうか。

pr-macos.gifそう、68kからPPC、OS9からOSX、PPCからintel製。と大変革の度にいろんな過去の遺物が葬り去られてきたのも事実なのである。そんなわけでついにOS9のクラシックも葬り去られる事になりそうですね。実際に新たに購入したマックにはクラシック環境はオプションでインストールしないと入っていないし、それにほとんどの新規ユーザーはクラシック環境を利用していないという。そんなわけで一切提供しないと言うことではないのかも知れないが優先順位は高くないらしい。クラシックのね、

問題はDTP業界広告業界か。以前私も画像処理オペやっていたんだけどそん刻は丁度OS9メインで作業し、試験的にOSX利用しながら移行している最中だったからね、また大変七日ね。長い時間かかるだろうし。クオークなんかなかなか対応しないからね、やっとOSX板が普及し始めたのか?と思ったところにこれだから。きっとAppleとしてはインデザイン使えばいいじゃない!って戦略もあるんでしょうね。Adobeはすぐ提供できそうだからね。ま、でも時間はかかりそうですな。

そんなわけでまた過去の遺物と化すアプリが増えるんでしょうな。クラシック環境よ。intel製からおさらばとなりそうだな。後、数年の命と見た

やっぱり本当でしたね。MacがIntel製CPU搭載

iup32289s.jpgいやいや、ずっと噂だったAppleがIntel製プロセッサの搭載をついに発表しましたね、最初聞いた時は「まさか!」と思っていたのですがどうやら事実の模様。正直ガビーンです、しかしAppleもIntelも株価は上昇しており市場は好印象として受け止めているようですね、まだ発表されたばかりなので徐々に詳細はあきらかになるとおもうけど、
 2006年からIntelのマイクロプロセッサを採用を開始し2007年中には移行を完了させる模様です、どうやら懸念されていたPPCとIntelでは同じソフトが動かないって言うのもXcode2.1でx86とPPC両用のFat バイナリをコンパイル可能にって事らしいので問題はないみたいです。さらにMac OS X “Leopard”を2006-2007年に発売します。(Leopardはヒョウのことです。)

ってことはDOS/V機でMACOSが動いちゃうって事か?その逆にintel CPU搭載MacでWINも動いちゃうのか?・・・うーん歴史的な発表だけど素直に喜べない、って言うかびっくりしすぎた。PPC愛用して早8年、ついにお別れか、でもそんなら新しいMac今は買わない方が良いのかな?てか買い控えになるような気がするけど。
どっちにしろIBMが中々PPCのロードマップをちゃんとしなかったのもあるし、パワーブックG5用に省エネG5を開発できなかったのもあるし。どうなんだろしばらく新機種は出さないって事かな?あーなんだかめんどくさそうだなぁ・・・・・

でもビックリなのは過去5年間に開発されたMac OS Xは,PPCとIntelのどちらでも動くようにコンパイルされてきたらしいです・・・。えーえーえーえーえー
工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

ってかAMDのほうがまだよかったんじゃないかなぁ・・・と思ったり。

名前はどうなるんだろ。パワーPCだからパワーマックG3G4G5って来たのかと思っているのだが、PEN4MACとかになっちゃうの?ペンマック、マックペン4・・・・いーやーだー

参考リンク
intelプレリリースhttp://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20050606corp.htm
Appleのニュースhttp://www.apple.com/pr/library/2005/jun/06intel.html
ちなみに↑のAppleニュースをExciteで翻訳するとこんなかんじ。

アップルは2006年に始まるインテルマイクロプロセッサを使用します。
今日、Worldwide Developerコンファレンスアップル(R)が配送するのを計画していると発表したWWDC2005、サンフランシスコ—2005年6月6日—Atは来年今回までにインテル(R)マイクロプロセッサを使用するマッキントッシュ(R)コンピュータと、変遷に2007年の終わりまでにインテルマイクロプロセッサを使用することへのMacsのすべてをモデル化します。 アップルは非常に賞賛されたオペレーティングシステムのバージョンを下見しました、Mac OS(R)Xタイガー、最高経営責任者スティーブジョブス’に出席する3,800人以上の開発者にインテルベースのMac(R)の上で作業して アドレスについて強調してください。 また、アップルはDeveloper Transition Kitの有用性を発表しました、アップル’sソフトウェアのプレビューバージョンに伴うインテルベースのMac開発システムから成って。開発者はソフトウェアでパワーPCとインテルベースのMacsの両方の上で作業する彼らのアプリケーションのバージョンを準備するでしょう。

私たちの目標がある“は世界一良いパーソナルコンピュータを私たちの顧客に提供します、そして、インテルとして前を見るのにおいて、最も強いプロセッサ道路地図が断然あります、” 前述のスティーブ・ジョブス、アップルの’s最高経営責任者。 “、それ、パワーPCへの私たちの変遷以来のある10年、および私たちが、インテル’s技術が望んでいると思う’sは、私たちが10年次”のために最も良いパーソナルコンピュータを作成するのを助けます。

私たちがぞくぞくしている“は顧客、”として世界の’のs最も革新的なパーソナルコンピュータ会社を持っています。 インテルの前述のポールOtellini、社長、および最高経営責任者。 “アップルは、PC産業を設立するのを助けて、数年中に新鮮な考えと新しいアプローチに関して知られています。 私たち、外観は. ”を高度なチップ技術を提供することと、そして、アップルが、長年革新的な製品を提供し続けるのを助けるために新しいイニシアチブで共同することに送ります。

私たちが計画している“はパワーPCとインテルプロセッサ、”の両方をサポートするMacのためにマイクロソフトオフィスの将来のバージョンを作成します。 前述のロズHo、マイクロソフト’sマッキントッシュBusiness Unitの部長。 大きいプラットホームのかなりのアプリケーションを. ”にする私たちが私たちの長い伝統を続けるためにアップルと共に強い関係を持っていて、それらで密接に働かせるつもりである“

私たちがこれであると考える“はアップル’s部分とマッキントッシュのためのパワーPCとインテルプロセッサの両方を支える私たちのCreative Suite、”の将来のバージョンを作成する計画における本当にきびきびした移動です。 前述のブルースChizen、Adobeの最高経営責任者。

今日すべてのアップルDeveloper Connection SelectとPremierメンバーへの999ドルに出発して、Developer Transition Kitは利用可能です。 アップルのDeveloper Connectionメンバーへの詳細はdeveloper.apple.comで利用可能です。 インテルは、今年のツールが後でアップルのためにサポートする産業の主な開発を提供するのを計画しています、含んでいる、アップルのためのインテルC/C++Compiler、アップルのためのインテルFortran Compiler、アップルのためのインテルMath Kernel図書館、およびアップルのためのインテルIntegratedパフォーマンスPrimitives。

また、インテル(www.intel.com)(世界の’のs最も大きいチップメーカー)はコンピュータ、ネットワーク、およびコミュニケーション製品の主要メーカーです。

アップルは、1970年代にアップルIIでパーソナルコンピュータ革命に火をつけて、1980年代にマッキントッシュでパーソナルコンピュータを再発明しました。 今日、アップルは、受賞デスクトップ、ノートパソコン、OS Xオペレーティングシステム、iLife、およびプロのアプリケーションがある革新で産業を率い続けます。 また、アップルはそのiPod携帯用の音楽プレーヤーとiTunesのオンライン楽器店によるデジタル音楽革命の先頭に立っています。

macinintel.jpg

最近使えない「Safari」対応

このブログOSX10.3.9からのSafariで落ちまくっていたのですが原因が、と言いますか以前は問題なかったんですけど。とりあえずの対処法がわかったので、たぶんこれで問題なく閲覧可能かと思います。左サイドメニューに貼っていた「サイドバーJP(http://sidebar.jp/app/)」というサービスのjavascriptコードがたぶん原因です。外したらSafariがこのブログでは落ちなくなったので。でも他のサイト見ていても落ちるので根本的な問題解決にはなりませんけど・・・。
Safari以外のブラウザは何の問題もないのに。まったくIEの次にできの悪いブラウザだなぁ・・・。GIFアニメーションも動かないし、Safariでこのブログのjavascript更新すると書き換えられてるし。なんとかならんもんかねぇ。

ホントはほっとこうかと思ったんですけどこのブログMacintoshメインでやってるし、たぶん利用されている方も結構いらっしゃるようなので来てくださった方のためには対応しないとですよね。ネスケやFireFoxとか全く問題ないんだけどなぁ・・。

*ここから先の「続きを読んじゃう?」をクリックするとそのjavascriptが貼ってありますのでSafariだと落ちます。注意してください。

Continue reading

400とは違うのだよ400とは!

20050514173831.pngなーんて意味不明なタイトルだが。ランバラル風に言ってみました。
そんなわけで以前より書いていたとおりにCPUを微妙にパワーアップ!SONNETのCPUカード「 Encore/ST G4 1GHz [SG4-1000HS-2M-J]」日本語版なのでCrescendo (クレッシェンド)という名称ですが、それを購入!しかもたぶん一番安い所で税込価格?23,800で購入できました。新品で。中古価格でも21000円程度だから新品の方が良いかな?と思って近畿地方にある某Macショップにて通販購入致しました。入金して翌日すぐに到着!でもやっぱりここがSONNET製アップグレードカードの販売価格では本家SONNNETよりも秋葉館よりも五州貿易よりも一番安かったですね。今後ちょこちょこ利用しようかしら。

P1070024s.jpg←これが買った奴です。今日のお昼過ぎに到着!

早速取り付け作業ですが、日本語の説明書もちゃんと付属しているので簡単でした。ものの10分程度で取り付け完了。

P1070023s.jpgP1070022s.jpg
こんな感じにとりつきます。元のヒートシンクやCPU基盤を傷つけないように外し、今回購入したG41GhzのCPUを設置します。ファン付きモデルなので騒音が心配ですが取りあえず起動してみましょう。

心配したことも全くなく。いとも簡単に無事起動。しかも早っ!いやいや今までのG4 400Mhzから比べると既に旧機種並みの速度の1Ghzでさえ早く感じる!って時代遅れ感は否めないが、こんな速度でも十分じゃん!さっそくいろいろ見てみよう!

20050514174053s.pngまずこれで見てみる。PPC7455ですね。バージョンは速度が低速用なので最近の高パフォーマンスの奴よりかは前のバージョンです。でも何の問題もなく稼働中。L3キャッシュもあってうはうはっす。もっと早く交換してたら良かったかな〜と思うが今のような値段ではちょっと前まで買えなかったからね。G4 1Ghzが二万数千円で入手できるんだからね。

20050515133458s.png

20050514192339.pngで、ベンチマークです。Xbenchを使用しました。[G4_400Ghz]と[G4-1Ghz]です。クロック数に比例した結果となりました。でも何故か疑問なのがディスクテスト部分が落ちているのが不明点です。同じディスク使っているのに何でかなぁ・・・

次世代プレステ、年内に発売?

ソニーiconプレイステーションの次世代機が年内に発売されるかも!ってな情報がでてますね。低迷中のソニーiconがこれを気に復活するかどうかですね。ま、天下のソニーiconだ!プレイステーション3(?)は期待に応えてくれる出来と信じてみよう。今回のはユーザーの感情までも認識可能らしいし、ますますクオリティーがあがっているのだろうなぁ・・・・、って俺は何歳までゲーム機買うのかしら。

次世代プレステ、年内に発売も=低迷打開の起爆剤に−ソニー
ソニーの湯原隆男執行役常務は、12日までに時事通信社のインタビューに応じた。同常務はこの中で、家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)2」の次世代モデルについて「年末商戦では、欧米で携帯型のプレイステーション・ポータブル(PSP)とPS次世代機を同時展開することも選択肢の1つに入る」と述べ、早ければ年内にも発売する可能性を示唆した。

関連リンク
次世代プレステ、ユーザーの身振りや感情も認識可能に;Cnet japan

CPU探しで「相場」に疑問

先日書いた記事でCPU購入を考えてるって書いたけど同じCPUでも結構値段が違うのね、販売店によって。一番幅が広いのがSonnet の 1.7GHz SG4-1700かな?Sonnetだと56,800円、東京A社だと?53,990、東京G社だと?56,490、近畿K社?51,980と約5000円の差がありますね、
私が購入検討している発売当初から随分値下がりした1GHzタイプのCrescendo/ST G4 1GHz, 2MB Cache (SG4-1000-2M)も値段差がありますね。Sonnetだと25,800円、東京A社?26,480、東京G社?28,300、近畿K社?23,800、と一番高い所との差は5000円近くはありますね。

でもこんだけ値が動いてるからヤフオクで落札相場を調べると1Ghzタイプに一月前くらいで中古に3万以上の値が付いてるのもある。
うーん、やっぱりCPU相場は読みが難しいなぁ。ってかヤフオク相場も随分独特ですな。Mac用CPUは中古でも値下がり率低いし。 
 ま、1Ghzに関しては発売当初から考えたら随分下がったからこれ以上は中々下がらないだろうし。今が買い時なんでしょうなぁ。

Macminiにそっくりじゃん!

秋葉館がMac miniにそっくりな 外付ハードディスクの販売を開始していました。

重ねて置いても良いかもね!

元ははmicronet社製です。重ねるとこんな感じですね。

物欲CPU編

さて、物欲の波が押し寄せています。しかし金がないというのが悲しいところ、あったらとっくにPower Mac G5とか買っちゃっている訳だし、そんなわけでもう少し、後何年使うか解らないけど今の愛機Power Mac G4(AGP グラフィックス)君をパワーアップしようかと思い出した、今までのパワーアップはメモリー増設、高速流体軸受けHDD、NVIDIA GeForce4 MX 32MBに交換、光学ドライブをPioneer製のDVR-107D(DVR-A07-J同等品)と交換、と徐々にやってきたのだが、最後まで残していた部分がある、CPUだ。ホントは一番最初に手をつけるところのような気もするが何故か最後まで残しておいてしまった、
 そんなわけでCPU購入を検討しようか、しかし残念なことにそんな金がない。そうそうパソコンに金をかける裕福さはないのだ、そんなわけで軍資金調達しなきゃ、ヤフオクだね。色々売ってやる〜。ってもうそんなに金になりそうな物はないのだが懸賞の景品とかちょろりと売ってみよう。一番安いCPUなら買えるだけのお金になるかもしれないしね。

 では、その安いCPUはどんなのがあるのか?コストパフォーマンスに優れ、有る程度早くなって貰わないと意味がない。ま、今の環境がG4-400mhzなわけだから何にしても早くはなるだろう。

みつけた!これなら手が届くか!G4-1Ghzで SonnetのEncore/ST G4 1GHz 日本語パッケージ版 [SG4-1000HS-2M-J]が秋葉館で?26,480だ。Sonnetのオンラインショップだと25,800円と表示されているけどドルと円の為替相場で変動するらしいから、秋葉館の1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]なんかも?37,980でCPUにしちゃお買い得感ありだけど、4万もCPUに使うならMac miniとかもう少しで買えちゃうわけだし。そう考えると今の激遅Macをちょっと現実味のある速度にしたい程度なら間違ってもSonnet の 1.7GHz SG4-1700までは考えないし。L3キャッシュ無いみたいだからね。さてさてどうなることやら、

そう言えばSonnetの製品がちょろりと値下げされていました。
オンラインショップで確認してください。
それとMac OS X Tigerの対応状況がこちらで出ていました。

100%…SOかもね!解決。

20050505020307.pngさてここ連続で書いてきたCPU使用率100%についての記事ですが原因、犯人が特定できました。とりあえずこいつです!Virexです。.Mac会員向けに配布されていたソフトなんですがどうやらMac OS X Tigerに対応していなかった模様です。「10.4 cpu使用率」等と検索したら結構同じように100%現象に悩んでる人がいました。そんななかで解決方法も書いてあり、早速チャレンジ!SpotlightでVirexを検索し関連ファイル全削除!再起動しまたアクティビティモニタでチェックすると通常に何とか戻ってひとまず安心と言ったところでしょう。でも利用するソフトによってはwindowServerと言うプロセスがCPUを結構占領して圧迫しているときもあるのでしばらく様子見つつ、またなにか現象が起こったら報告したいと思います。

.Macサイトをチェックすると「Virex (Pantherのみ対応)」と、書いてあったりしますね。いや、ひとまずこれでファンもしずかになりました。

ってもっと簡単にアンインストールする方法がありますね。「ターミナル」を利用する方法でAppleのTechInfoLibraryで書いてあります。その方法で無事アンインストールが終了すると以下のように表示されます。さあ、Virexでファンがうるさく困っている方とっとと削除ですよ!

/Volumes/Virex? 7.5.1? GM/Virex? Uninstall.command; exit
Welcome to Darwin!
your mac name:~ xxxx$ /Volumes/Virex? 7.5.1? GM/Virex? Uninstall.command; exit
Virex 7.5 Uninstall

100%…SOかもね!

20050504165311s.pngかもねかーもねそうか〜もねぇ〜♪byしぶがき隊
歌じゃないんだが先日の記事で書いたんですが、Spotlight牽引中CPU使用率が常に100%になっちゃってるって書いたのですが、Spotlight牽引作成が終了した現在でもCPU使用率は何にも作業していなくても(ソフトも起動せず立ち上げてそのまんま)CPUが常に100%なのです。で、もう一台のiBook DualUSB(G3 500Mhz)にMac OS X Tigerを入れたので同じように調べてみたらなんともなく、今まで通り作業に合わせて変動していました。
 そこで、G4には上書でインストールしたからか?と思い別のディスクにMac OS X Tigerをクリーンインストールして確認してみたところそれでも100%の使用率になっていました。って事は上書きインストールが原因ではないって事ですな、このマシンだけなのかな?それともCPUがG4だと効率よくって事で常に100%の使用率になるように仕様がなっているのかな?うむむ、常にCPUフル回転って良いのかなぁ・・・・。発火しないかなぁ〜 他の人たちはどうなのでしょう?良かったら教えてくださいな。

acs.png

無事解決いたしました。こちらの記事を参照してください。

気になるタイガー

さてMac OS X Tigerインストールし数日ですが、色々不具合なども目にしますね。本当に?って疑ったのがデータ消失。こちらで書かれているようなことが起きて居るみたいだし。まぁ、我が家の環境としてはそんなこと起きていないから個人的には問題視していないので大丈夫だろう。ってかデータ多すぎて気がついてないのかも知れないですけどね、さて我が家にあるもう一台のMac、iBook DualUSB(G3 500Mhz)にも入れてみよっかなぁって思い早速作業。iBookにはデータなんかほとんど入れていないネット専用機となっているのでそんなに問題は無さそう。で、上書きインストールでいいかなぁ?って思いさっそくやってみる・・・・・・・・・・。し!しまったぁこのiBookのHDD容量が10GBしかなくって今のまま上書きすると容量足りない!ってなことに気がついた。OS9も入ってるし、OSX、OS9両方のアプリケーションも入っているのでこりゃまた居る物といらない物の整理をしなければ。ま、取りあえずは空き容量が無いので手元にあるiPod40GBの空き部分にデータを丸ごとバックアップしてみる。でもって真っ新にしてiBookMac OS X Tigerを新規にインストール!
20050502032030.pngで、インストール終了後データ移行ってのがあるんだけど、それの他のMacからって言うのをチェックし ターゲットディスクから読み込むところをiPodから読み込んでみる、無事認識するかな?って若干思ったけど心配無用、何の問題もなく無事データ移行作業終了。
うーん、何の問題もない。メインのマシンG4でのSpotlight牽引時間の長さもデータ激小だし あ!と言う間に終了していた。マシンの遅さって言うよりかはデータの多さなんだろうなぁ結局。そんなわけで無事終了!いやいや心配するようなことは何もなく、何も起きないときは何も起きない物だなぁと思ってみた。

20050502033115.pngそう言えばこのブログでもよく使っているスクリーンショット画像だが「コマンド + shift + 3 or 4」って奴だけど変わりましたね。「pdf」から「png」に。仕様変更でしょうかね。買った当日にこのブログで利用するためスクリーンショットを撮ったときに気がついたんですが、特に問題ないし、逆にすぐWEBにアップできるから楽です。ただ「グラブ」を利用した場合は今まで同様「tiff」になっていますね。

20050502034527.pngそれと、どうでも良いことだがこの右の画像、Dashboardのお天気表示なんだけど、この雨模様あんまり上手くないなぁって思う。機能的には良いんで気に入ってるけど、これって週間天気部分閉じたり開いたり出来るんですが、閉じるとまたへんてこりん。

20050502034923.png←こんな感じになりますね。雨だれ雨だれ なんだか頂けない。せっかくMacintoshってなくらいなんだからデザイン部分もう少しどうにかならなかったのかしら。晴れとか、晴れのち曇りなんか良いと思うけど、この雨、したたり落ちすぎですな。どうでも良いけどちょっと気になってしまった。てかこの天気予報の表示最初迷った。起動してほっといても天気表示されないし、裏面で設定画面に「Tokyo」って入ってるから他になんか設定有るのかと考えてみたけど解らず、自分で「Tokyo」って入れて「enter」or「return」押したら表示されやがった。解るかい!んなもん。

20050502040327.png

 んでもって昼間と夜では色も変わるんですね。夜は赤紫?昼間は水色、そんな細かいところは好きですけどね。

ついにSpotlightが!&やっぱり落ちるぜサファリパーク

Spotlight関連記事3回目となりましたが、Mac OS X Tigerをインストールし初起動から・・・約24時間、ついに、ついに、一度も残り時間が表示されることもなく(気持ちの上で知りたかった)やっとこさSpotlightの牽引作業が終了しました!。いやぁ長かった。それなりに覚悟はしていたがいくら何でもここまでとは思いもよらず・・・。 よくよく考えたら3台の内蔵HDD、しかもそのうち2つはパーテーションを2個ずつにしているし、ファイル数も相当な気がする。はっきりいって不必要なファイルもいっぱい有ったような気がするなぁ。。。 

で、一個機になることがあるのだが。Safariだ、RSS機能が良い感じで満足していたのだが、落ちる。なぜだか落ちまくる。何か裏で作業とかしているわけでもなく、突如落ちる。しかも特定のページでは必ず落ちる。なんだろ、またJavaの問題なのか?うーん。やっぱりメジャーアップデートにはつきものだがそのうち修正版出るんだろうなぁ。

Mac OS X Tiger良いのか悪いのかは今後次第ね。大切なデータはバックアップを取ってからインストールしましょうね!泣くのは「あ・な・た」

Spotlight あんたって・・・・

SPO.gif今朝書いた記事で書いたけどSpotliget、インストールしてからかれこれ13〜4時間ほどたっているのだが未だに牽引中。え、?これはつかえるのかしら。っていうか無事牽引はいつか終了するのかしら。真っ新にしてインストールした方が良いのかなぁ・・・。案の定上書きインストールしたからなぁ。今回のは「移行アシスタント」ってツールがあるから楽荘は楽そうだけど・・・。

で、やっぱりなんか重たいなぁって思い「アクティビティモニタ」でCPU使用率を確認してみた・・・。こんな感じ。
acs.pngえー?ほぼ100%っす。なんでかしら、効率よくCPUを使うためにそう言う仕様なんでしょうか?何回か開いてみたけどほぼ100%です。[mdimport]って言うのが結構な占有率なんだけど、これが牽引行っている部分なのかしら?たとえばPhotoshop作業中やネット作業中にはちゃんとCPUはユーザーの方へふりわけられるんだけど、裏ではずっと動いて居るんですよね。どうなんだろ、システム的なことは解らないから謎ですわ。初期化して綺麗にインストールし直した方が良いのかなぁ・・・悩みどころでございます。

つーかSpotlightあんたの牽引作業はいったいあと何日かかるの?せめて残り何時間とか表示してもらいた。その表示さえも計算中という始末じゃ。計算中・・・・・。馬鹿なシステムじゃ。 パンサーの方が動きは軽快だったなぁ・・・・。

そんなMac OS X Tiger高速機種の方はいいかもよ!遅い機種には不向きかも!

虎君入城

Mac OS X Tigerを買ってみたので早速インストールトーラートーレスト!その前にさっきの記事でも書いたようにまずは10.3.9をバックアップ取ります。ま、簡単な作業なのでとっとと済ませて、その作業中に夕飯頂きます。ちなみに酢豚!何年ぶりかしら。ま、そんな飯の話は良いとしてバックアップも取ったので早速インストールです。

104.gifDVDをセットし再起動し、インストール開始!いやぁDVD一枚になったからディスク交換の手間が無くて楽ですわ。私の超初期型パワーマックG4でのインストール時間は約45分くらいでしたか。10.3に比べても随分早くなった気がしますね。インストール時間ですけど。で、インストールも無事終了!再起動・・・・・遅っ!ま、インストール後最初の起動はものすごく遅いんですけどね。それにしても遅くてビックラコイタ。

さて、無事に起動もしいろいろと動作チェックなんでしょうが、ま、気がついた点くらいか。SafariのRSSはいいねぇ。これは見やすい。感動してみましたよ。Dashboardに関しては私の持っている機種が古すぎるのでもちろんあのジョナサンジョースターばりの波紋攻撃は描画されませーん。VRAM32MBなもんで・・・。(T T)、で、少しもたつく感がありますね。
SPO.gifさてこいつはどうなんでしょう。Spotlight!きっと最新機種とかでは普通に使えているのでしょうか?私のはこの画像のような状態で全く動きません。牽引作成中の残り時間も表示されません。どうなのかなぁ・・・OS9時代に似たようなソフトがあったなぁ、牽引作成中って使わなかった機能が・・・。しかし起動しっぱなしにしておいても牽引作成の残り時間が表示される気配はない。どうなってんのかしら。無理なら無理で外せる機能なのかしら? ま、とにかく新しいOS、まだどうかは解らないけど俺のような低速機種で使う場合は10.3パンサーの方が軽いような気がしますね。G4の後期型くらいなら早くなるんでしょうなぁ・・・。ああ、どんなもんかしら。

Apple store in GINZA

初めて携帯から投稿してみよう。なぜ?それは今銀座に居るからです、並んでます 行列が京橋まで達していてかなりびっくり。 ギリギリ遅めに来たら大変だぁ。帰ろうかなぁ

追記。
で、結局17:50頃から並んで、店ん中入れたのが19:00ぐらいでしたか。1時間ちょいかかってしまいましたね。

店内の様子
P1070013s.jpg

P1070014s.jpg

結構込んでいました。で、店内にはいるとスクラッチカードが貰えました。ゴシゴシゴシゴシ削って・・・さて何が出るやら。
  ↓
P1070015s.jpg

ライトっす!(T T)ガビィーン
まぁ、パワーブックなんか間違っても当たらないか。残念。

で、「Mac OS X Tiger」こいつを買ってきました。さてさてインストール前に色々やることが山積みだわさ。とりあえずMac OS X Tigerに対応していないソフトも使っているので別のHDに10.3.9をバックアップ取らなければ。それからです。そんなわけでまた後ほど。

Capty対応の気はあるのかな?

pixelaのサイトでCaptyシリーズのハード&ソフトのMac OS X Tiger対応状況が公開されていました。が・・・・、なんとも未対応な結果です。私の持っている PIX-MPTV/F1Mも、つい先日発売されたばかりのUSB2.0対応のPIX-FTV300UMも!なんとも未対応。ま、録画は可能だけど「予約録画時、スリープから復帰ができません。&PixeDV for Macは対応しておりません。」だよ。スリープ復帰は100歩譲って良いとしよう。しかし付属ソフトのPixeDV for Macが対応していないって事はCMカットなどの編集作業がが出来ないことになる。だめじゃん。さらにDVD化するソフトCapty DVD/VCD Ver.1は×マークで完全未対応。PIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0については検証中とのこと。残念だ。っていうか対応はする予定なのか?それとも予定もないのか?そこがきになるところです。

詳細はこちら:pixela Mac OSX 対応状況/2005年4月26日現在

iPodにSONY迫る!

最近の携帯型音楽プレイヤーと言えばiPodって最近の情勢だが、ソニーがついにAppleに迫ってきましたな。携帯型音楽プレイヤーといえばやっぱりソニーウォークマンiconシリーズでしょう。で、今回の新作売れ行きが結構好調らしいです。

[市況]ウォークマン大逆転、ついにiPod Shuffleを抜き一躍トップに
 4月21日に発売を開始したソニーの新しいネットウォークマンが迫力あるスタートダッシュを見せている。シリコンオーディオではソニーがアップルを抑え大逆転。HDDでもアップルに肉薄する勢いだ。遅れてやってきた大本命ともいえるソニーの本格参入で、携帯オーディオ市場の地図はがらりと塗り替えられてしまうかもしれない。立ち上がり4日間の販売台数シェアから見る、発売直後の動向を追った。
●メーカーシェアが急進
 今回ソニーが発売した新しいネットウォークマンは、シリコンでは、FMチューナーがついた「NW-E505」(512MB)と「NW-E507」(1GB)、FMチューナー無しの「NW-E405」(512MB)と「NW-E407」(1GB)の4機種。一方HDDでは20GBの「NW-HD5」とWeb直販のみの30GBモデル「NW-HD5H」の2機種。それぞれカラーバリエーションも豊富だ。
 3月、携帯オーディオ市場全体でのソニーの販売台数シェアは、わずか6.1%。しかしこれら新しいネットウォークマンが発売されてから最初の日曜日までの4日間の集計では、ソニーのシェアはなんと26%まで急激に躍進した。さらにカテゴリーごとの動きを見ると、その力強さが垣間見える。
[ニュース記事の続き/Yahoo!]


icon
icon
でも確かに今回のネットワークウォークマン NW-E507/Niconは興味有るなぁ。結構格好いいかも知れないし。iPodシリーズとの熾烈なシェア争いとなりつつありますすな。

しかし今回のソニーは良い仕事って気がする。Appleな私としても浮気心くすぐられるなぁ。

今回の新作
iconiconiconiconiconicon

あら、早いのね。先走っちゃダメ!

Appleさんが今週末に発売するMac OS X Tigerを発売日前に発送しちゃった通販会社があったらしく(手違いで)あたふたらしいです。

あせっちゃったのかしら?先走っちゃったのかしら?カウパーカウパー(T T) あら、早いのねって感じですかね。
早めに手にした方は羨ましいですな。ま、本国アメリカでのお話みたいですけどね。

アップル社の最新OS『タイガー』、フライング出荷
  http://www.apple.com/ 米アップルコンピュータ社が29日に世界同時発売を予定している最新OS『マックOS X 10.4 タイガー』が、一部の通販サイトの手違いで、すでに米国の複数の予約客に出荷されていたことが分かった。発送後にミスに気づいた各サイトは、商品を“リコール”して回収に努めている。

 米国の複数のメディアによると、通販サイトの『マックモール』および『クラブマック』でタイガーを先行予約した顧客の一部が、発売日の約1週間前に同 OSを受け取ったという。予想外に早くOSを手にしたマックユーザーたちの“喜びの声”が、マック系ニュースサイトや、ユーザーのブログで伝えられている。

[ニュース記事全文/Yahoo!]

Macintoshな理由〜Performer6420〜

apple-styleさんのブログで「トラックバック企画 : なぜ貴方は林檎を齧ってしまったの?」という企画をやっているみたいなのでせっかくなのでまだ何故Mac?と言うのを書いていなかったから書いてTBしてみようかと思う。

97年のことだったんですが当時勤めていたのが某プロラボ。その関係上Macなんですが、その頃なんとなく写真の画像処理なんかで徐々に使われ始めていた頃だったんですよね。実際には’95〜’96位からかな?で結構画像処理の仕事のオーダーとかを受けて現場に運んでってやっていた頃に軽くオペレータの方からMacの説明されて、その頃は業務用だなぁって感じで見ていたんですよ。でその会社辞めた後パソコンを買おうと思って(97年8月)インターネットとかも普及してきたから「やりたいなぁ」って感じだったんですがどうもウィンドウズは文字とか表計算用っていう認識だったんで、元々絵とか写真の関係が好きだった手前Winは嫌だなぁって最初から思っていましたね。ちなみにパソコン自体は会社で伝票打ち用にあった専用機しか使ったことがなかったんですよ。(たぶんWin3.1の上で専用ソフト動かしていたやつ。)

6420.jpgでもって97年の8月1日だったかな? Macの入門機で当時有ったパフォーマシリーズで結構上位機種だった「Performa6420技術仕様)」をモニターセットで購入しました。もう、それからは独学独学!当時のOSは漢字Talk 7.5 バージョン7.5.3でした。その後OS7.6 OS8 OS9と思えば随分失敗しながらやったものですわ。いったい何回初期化したことか。(T T)失敗しながら覚えたんですが、だからこそMacがいいんだなぁって思ったりしますね。 ま、そんな感じでMacです。とくに本体のデザインから入った種ではないのでどんな形していようが基本的には気にしないけどその後出た初期型iMacではその斬新さに正直「いいなぁ買い換えたい」って思いましたけどね。そう考えたら今のMacは素晴らしい〜ますますMac街道ですわ。

 

ATOKにおいて行かれた 14-15

justsystemより日本語変換ソフトATOKのOS10.4の対応状況がサイトで出ていましたがどうやらATOK14.15は切り離され動作保証外になる様子ですね。ガビーン 俺14と15しか持ってない!11とか持ってるけど問題外でOS9用だしなぁ。
アップデート買っときゃよかったなぁ(T T)

「Mac OS X v10.4」への対応について
「Mac OS X v10.4」への対応につきましては、
以下の製品は、対応予定またはアップデータを提供予定です。
* ATOK17 for Mac OS X
* ATOK16 for Mac OS X
* ラベルマイティ for Mac
以下の製品は、動作保証外となります。
* ATOK15 for Mac OS X
* ATOK14 for Mac OS X
詳細はjustsystem MACOS対応状況

←ATOK最新版はこちら

Adobe+Macromedia え〜!

なんとMac用のソフトで有名な(Win用もあるけど)Illustrator Photoshop で知られているAdobe社がFlash Dreamweaver で有名なMacromedia 社を34億ドルで買収したとの報道が出てました。いやぁびっくり。まぁこの業界じゃよくある話だから良いんだけどね。これでFlash Dreamweaver もAdobe系のインターフェースになるのかな?でもDreamweaver 派の私としてはGoLive と統一されてしまうかもと言う予想もしてみたり。Dreamweaver GoLive が嫌だからつかってたのになぁ。生産開発続けてくれるのかなぁ・・・。心配だ。

AdobeがMacromediaを34億ドルで買収

mas.jpg Adobe Systemsは4月18日、Macromediaを買収する契約を締結したと発表した。買収金額は約34億ドル。

 Adobeのブルース・チゼンCEOは「顧客は作成、管理、そして優れたコンテンツとアプリケーションを提供する統合されたソフトウェアソリューションを求めており、両社が力を合わせ、強力な開発、オーサリング、コラボレーションソフトウェアを作り出すこと、PDFとFlashの相互補完的な機能とあわせて、Adobeはこのビジョンを現実のものとし、業界のテクノロジープラットフォームをもたらす」と述べている。

 合併は両社の取締役会の承認を受けており、Macromediaの株主はMacromedia株をAdobe株と0.69の比率で交換することができる。旧Macromediaの株主は合併後、全体の約18%を占めることになる。

 AdobeのCEOはチゼン氏が、社長兼最高執行責任者はシャンタヌ・ナライェン氏が合併後も担当する。Macromediaの社長兼CEOのスティーブン・エロップ氏はワールドワイドフィールドオペレーション担当社長に、マレー・デモ氏は執行副社長および最高財務責任者を継続。Adobe創業者の2 人、ジョン・ワーノック博士とチャールズ・ゲシキ博士は取締役会の共同会長に、Macromediaの取締役会会長だったロブ・バージェス氏もAdobe 取締役会に参加する。
記事全文/Yahoo!ニュース


Adobeプレリリース

TigerTigerTiger 虎虎虎 とらとらとら

Mac OS X Tigerの発売日が発表されましたね。ついについに来ました。タイガータイガー!! タイガーマスクぅ〜 4月29日(金)発売です!今Apple StoreMac OS X Tigerを予約すると発売日に到着する模様です。

で、私は買うのか?うーんもうしばらくしてから導入しようかと思ってます。・・・先立つものが(T T) もう少し安くして欲しいなぁ

MacでVHSをDVD化

先日購入したPIX-MPTV/F1Mでせこせこと今まで撮りためていたVHSをMacでMPEG2にキャプチャーして別売りのPIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0を使ってDVD化に励んでいたらすっかり時間を喰ってしまいブログほったらかしでした。PIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0を使いオーサリング処理をしているとMacのCPU占有率がほぼ100%となってしまうため他の作業が一切出来ないのです。これは痛いところだけどそのくらいパワー使うのね、って事でしょう。私の持っているiBookDUALUSBにPIX-MPTV/F1Mを繋ぎキャプチャーしiPod40GBに保存する、有る程度たまったらG4に付け替えてコピーG4側でCMカットやら編集作業とオーサリングとDVD焼き付けを行う。その時間は結構かかるのでその間にiPodをiBookに繋ぎ直しまたキャプチャーを続ける。二台Macがあるので効率よく作業が出来るのだ。でもキャプチャー中やオーサリング中にネットが全く繋げられないのが難点かなぁ。販売元のピクセラもオーサリング&キャプチャー中のネット利用は推奨していないし。そもそも古いMacでやってるから遅いんだけどね。

captys.jpgさてキャプチャーの設定だが最終的にはDVD化をするのでDVDの容量に収まるように最初っからキャプチャーしないといけないのだ。(DVでは無くってMPEG2形式だから後からの変更は無理なので)で、PIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0 を利用しオーサリング処理を行うのでソフトの都合上「4GB」までとなっている。そんなわけであんまり高ビットレートで取り込むとDVD一枚に1時間くらいしか収まらなくなる。かといってビットレートを「4Mbps」位まで落とすとさすがにブロックノイズがやや目につくようになるのだ。(「4Mbps」にすると約2時間半収録可能)そこで今回はあくまでVHS録画したものをDVD化という事なのだが、画面解像度を「フルD1(720×480)」で収録する必要はないのである。元々VHSは水平解像度240本程度の分解能しかないのだ。MPEG2に置き換えると横方向に300本程度の解像度があれば十分に再現可能なのである。
そこで「ハーフD1(352×480)」を利用するのである。画面解像度が低くなればその分1フレーム当たりのデータ量は自ずと減るのでMPEGエンコード時にビットレートを低くしてもノイズなどが発生しにくいのである。VHSからならば解像度を落とし画質を維持しつつ収録時間を増やせるのだ。私は最低4Mbpsまでしか落としては居ないのだが計算上は「ハーフD1」で「2Mbps」にすると4時間程度がDVD一枚に収録可能となるのである。

普通にチューナーから直接録画した場合はハーフD1を利用するとそれなりに画質は落ちてしまうがVHSからならばほぼ代わりはないのである。

*DVDの一層規格のお話です。DL(二層)にはソフトが対応していない。

PIX-FTV300UMだった。

しまった。すっかりブログの更新が止まってしまっていた。
ちょこちょこ書きますか。

先日の記事でキャプチャー新製品でるって書いたけどピクセラが発表していましたね。Mac用TV/MPEG1/2キャプチャー製品「PIX-FTV300UM」名称が先日書いた物とは変わったけど同じだと思います。USB2.0接続だしね。4月上旬発売です。

詳細はこちら
「PIX-FTV300UM」

Home > Tags > コラム

オススメ
スポンサードリンク
Feed
Other
Ranking
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top