« 9月 2020 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > Tags > 改造

改造

スポンサードリンク

Mac不調 4 交換後のさらに動作チェック編

 各CPU比較の記事を書く前に、もう少しフリーズしていた他のソフトに関しても動作確認が出来たので軽く書いておく。
20060226022743.jpg20060226023142.jpg

上の画像のように2種類のソフトを使いDVDの二層データを一層用に圧縮処理を行ってみた。以前よりずっとフリーズしていた作業だ。DVD2oneX2とTOAST 7 TITANIUMを利用した、TOAST 7 TITANIUMでは圧縮後そのまま買い込みも続けて行った。はっきり言って何にも問題ない。まったく動作不安定にもならず、CPU温度も37℃以上に上昇しない。うーんもっと速く交換したら良かったかな?でも今の時期だから+1000円でSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを買うことが出来たわけだから。まぁ良いだろう。

よくよく考えてみたら秋葉館オリジナルCPUに交換したときからこのフリーズは有ったのよねぇ、熱対策してたけどダメでしたもの・・・。きっと当たり外れが激しい製品なんだろうね。六回交換した人は何を思って六回目までやったんでしょうね。

ちなみに昔秋葉館オリジナルCPUの2台目に交換して貰った後取り付けたときの記事はSawtooth改造の所から探してね!

Mac不調 3 CPU交換〜動作チェック編

 交換したSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを早速取り付ける。必要なソフトは秋葉館オリジナルCPUと同じなのでなんにもインストールはしない、物理的にCPUを交換するだけである。購入した商品写真はこれ
sonnet1.4_009hako.jpgsonnet1.4_003.jpgsonnet1.4_008ura.jpg

(次の別記事にて今まで使った全4種類のCPU比較しようかと思います。しばし待て)

で、取り付けた画像がこんな感じ。左がそのまま付けた状態、右側は [AKB-MCG4-14]を付けていたときと同じように温度計センサーと4センチ角のファンを取り付けた状態。
Sonnet1.4_002.jpgsonnet1.4_004fan.jpg

 さて早速起動、・・・無事起動。ちゃんと認識されているか確認、左は「このMacについて」右は「CHUD」
20060225171924.jpg20060225171932.jpg
ともにちゃんと1.4GHzで認識されています、

では実際この様に、Quicktimeなどで書き出しチェック
20060225172622.jpg20060225172704.jpg20060225172714.jpg

こんな感じでCPUに長時間最大負荷をかけ続ける。QuicktimeやピクセラのPixeStationTV、等の動画関係でチェック。数時間後無事何の問題もなく動画変換も出来、PixeStationTVにかんしても長時間テレビ視聴も出来たし録画も出来た。はっきり言って何の問題もない。ビックリしたのは温度計の温度だ。今の季節柄というのもあるが負荷かけない状態では28℃〜30.5℃位。CPU最大負荷数時間での最高温度が37℃位。ファンを一機増設しているとは言え全く熱くない。熱暴走とは無縁のようだ。良く7455系CPUは高発熱と聞くが一概にそうとも言い切れそうもない。7455Bという7455Aの後継で発熱抑えてはいるのだけれども。たしかに7447系に比べたら熱いのだろうけどもこのCPUに関しては全く熱くない。次の記事で今まで使ったCPUの比較をやろうかと思うのでそっちで検証したい。 [AKB-MCG4-14]はクロックアップ製品だから高温だったので単純比較は出来ないけどね。

 購入しての取りあえず負荷チェックや温度チェックでは得に問題は見受けられない。全ての動作を調べたわけではもちろん無いけど今のところはすこぶる安定し熱暴走の気配さえない。CPUチェンジの判断は正しかったと言えると今の段階では思う。

Mac不調 2 CPU編

 と!言うわけで、すんごく久々に秋葉原へ、んで秋葉館まで足を運ぶこととなりました。秋葉館CPU1.4GHz [AKB-MCG4-14]を取り外し、買ったときの箱に説明書とCDROMと保証書を確認し持って行きます。

 半年ぶりの秋葉原、ますます気持ち悪い町になっていますなぁ。んなこたどうでも良く目的を果たすためだけ秋葉館へ行きます。

 秋葉館へ到着し地下一階のサポートセンターへ持ち込み「昨日電話した者ですけど」と名前と用件を伝えると交換してくれる新しい秋葉館CPU1.4GHz [AKB-MCG4-14]が用意されていた。で、いろいろまた確認し話していると店員さんが「2回目の交換と言うことですので3台のCPU全部が全部不具合というのは考えにくいですね、ただどうしても使っている機種が相性などの問題で利用できない物が存在します。」と言うことだった。さらにビックリしたのは「最高で6回交換した方がいらっしゃいます、7台目のCPUでやっとそのマシンでは使えないという事が判明しました」と言うことでした。たしかにCPUの個体差もあればMacintosh本体の個体差もありそれぞれの相性もあるようです。さらに店員さんが「この3台目でだめだった場合他のCPU、Sonnet Encore/ST G4 1.4GHzなどに交換しお試しいただいてみるのも一つの方法かと思います。」と言ったので私は「今回もう3回目になってしまい心配ですので、今日今、この秋葉館CPU1.4GHz [AKB-MCG4-14]を返金してもらって1階でその言われているSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを購入するって言うことは可能のですか?」と伺ったところ「はい、良いですよ。」との事でした。既に [AKB-MCG4-14]は生産終了しているのもあるのでしょう。そんなわけで購入金額37000円位を現金で返金して貰った。でお礼を言ってエレベーターに乗り一階へ上がる。さて購入だ。

 一階へ上がりそのCPUを物色する。Sonnet製品に限らず同価格帯37000円前後の商品じゃなきゃ替えませんけどね。で、ガラスケースを物色すると有る商品はSonnetの製品しかない。どうやらギガデザインとかは売り切れ中みたいですね。そんなわけで無条件でSonnet製から選んでみる。1GHz 1.2GHz1.4GHz1.8GHzが候補になる。シングルで良いのだ。37000円という同価格帯が購入ラインなので1GHz 1.2GHzは辞める。1.4GHz1.8GHzのどちらかから選ぼうかと思う。でも、1.8GHzは出費に+10000円以上かかってしまい、さらに7447系CPUを搭載しL3キャッシュが無いので却下。そのような理由から秋葉館オリジナルCPU1.4GHz [AKB-MCG4-14]を返金して貰った37000円+1000円で買うことが出来るSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを購入することに決めた。どうやら今日から値下げとなっていたようでラッキーと言いますか、良いタイミングでしたなぁ。と、言うことでSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを購入し、帰路につくのであった。・・・

 秋葉滞在30分くらい。用事が済んだらとっとと帰る。それ鉄則(^.^)

 しかし、秋葉館サポート良くないって言う噂を聞いたことがあったけど、そんな事は俺はなかった。きちんと対応してくれました。しかも購入半年後も保証期間内ではあったにせよ交換ではなく返金対応を可能にしてくれたのはありがたい。サンキューサポートの人。

 さて、このSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを買ったことが正しい選択だったかどうかは取り付けて、いろいろチェックをしてからの判断となるだろう。でも得なのか損なのか微妙か?得したかな?だって確かおれが昨年夏にPowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]を購入した頃って秋葉館オリジナルCPU1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]が使っているG4 7455Bと同じ石と思われるSonnetの1.2GHzはもう少し高かった。秋葉館オリジナルCPUは少し高くても1.2〜1.5まで一応の動作は可能でその速度の恩恵は受けていた訳だ、同じ速度設定で言えばSonnet Encore/ST G4 1.4GHzはもっと高く4万円台だった事を考えるとコストパフォーマンス的には一番お買い得だったわけだ。クロックアップ製品だったとしてもその速度で利用できたという点では一長一短あるにせよ良い製品ではあったのだ。発火するって言われるけど使い方なのだとは思う。発火した人はどんな使い方していたのか・・・気にはなる。とにかく昨年夏の時点で購入し、今回返金、で+1000円で新しいのを購入し新たに保証一年が今日から付く。秋葉館CPUでの不具合に対応していた俺の時間を考えると損をした気もするが、結果的には相殺か少し得をした気分にはなった。うふふ

 さて!帰って取り付けて検証だ!

次回へ続く

Sonnet Encore/ST G4 1.4GHz 37980円

秋葉館Sonnet Encore/ST G4 1.4GHzを値下げしていました。先日生産販売が終了した同社のPowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]に変わる売れ筋にしたいのかもしれないですね。PowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]と同じ価格帯設定です、最後の方は34000円台まで値下げしていましたから。で、このSonnet Encore/ST G4 1.4GHzは39,800円から37,980円への値下げです。そろそろ消えつつある7455系を搭載したCPUですので、ほしいと想ったときに買っておくのがベターかもしれませんよ。結構底値近いです、


採用のG4プロセッサは同速度で稼働する256KのL2キャッシュをチップ上に採用し、さらに 2 MBの L3 キャッシュを搭載した画期的な設計。
対応機種:Power Mac G4 (AGP Graphics, Gigabit Ethernet, Digital Audio, Quicksilver 733/ 800/ 800DP/ 867/ 933, Macintosh Server G4)

参考リンク
メーカー商品ページ:http://www.sonnettech.com/jp/product/crescendo_stg4.html

Mac不調 その1 検証編

Macが不調だ。先日の初期化作業で直ったかに思えた愛機Sawtooth改。でもどうにも不安定さが拭えない。思えばいつから不安定?OS10.4.4あたりにしてから不安定だったか。でも特定動作では常に不安定だった気もする。まとめてみると・・。

OSX10.4.4以降のフリーズ、カーネルパニック不具合
ピクセラのPixeStationTVにてテレビ視聴、録画中ともに
DVD2oneX2による2層→1層圧縮
safari落ちる
何もしていないときに勝手にフリーズ
Spotlight牽引作成中にフリーズ

OSバージョン関係なくフリーズしていたのは
Quicktime7Proによる書き出し。
Toast7によるエンコード、2層→1層圧縮
iSquintによる動画変換

さてと、原因はいくつも思い当たりはする。結構改造しているから。疑うべき点は色々調べてみるか。OSクリーンinstallした状態でもフリーズは連発していたのでOS側ではなくハード側であろうという判断だ。そんなわけでハードの方を考えてみる。まずは交換した電源が安物の為による電圧不安定、・・・テスター見る限り問題ない感じなのだが・・電源を元に戻すには面倒くさいので最後の最後に疑おうかと思い、電源放置。

 次の疑いはTempo ATA133カードだ、これは結構不具合の原因になりやすい。でも問題無さそう。起動ディスクをTempo ATA133じゃなくマザーボードのATAに繋いで同様の作業を行ってもフリーズやカーネルパニックを起こす。と、言うことはこれではない。

 電源のみは改造されているまんまでCPUを元の400に戻し、不要なHDD外し、起動ディスクのみで同様のテストを行った。遅いけどフリーズはしなかった。安定もしてる。ただ激しく遅いけどね。

 うーん最後にって言いますか、一番最初に疑っては居たけどやっぱりっていうような結果ですね。恐らくCPUでしょうか。私の使っている秋葉館オリジナルCPU 1.4GHz [AKB-MCG4-14]なんですけど、いぜん一度交換して貰っているので、それに交換する前の一個目の秋葉館オリジナルCPU 1.4GHz [AKB-MCG4-14]は1.4でしか安定起動せず、1.2-1.3共に超ド不安定だったので明らかに初期不良品て事でした。そんなわけで秋葉館さんに問い合わせして交換していただいたのが現在の2台目秋葉館オリジナルCPU 1.4GHz [AKB-MCG4-14]なのです。

 上記の書いた不具合、一応1.2〜1.5GHz全ての設定で試して見るも、1.3〜1.5GHzは100%フリーズかカーネルパニック。1.2に関しては成功するときもあれば止まることもある。そのときのヒートシンクに付けた温度計の状態では、1.4GHz設定でこの季節、起動し数時間後何もしていない状態だと35〜39℃位。CHUDやアクティビティモニタでCPU使用率を確認し長時間100パーセント状態で負荷をかけ続けると45℃〜50℃あたりまで上昇。熱々になる。一応サイド扉を開け、ヒートシンクには4センチ角のファン。冷却化には少し気を遣ってきたのだがこの季節で熱暴走って言うのはどうなんだ?だいたい48℃〜50℃当たりでフリーズがおこることが多い気がする。でも短時間負荷なら問題はない。長時間負荷を掛けると止まってしまう。動画系のエンコード作業が一番止まる。

 と!言うことで秋葉館のサポートに電話をしてみることとした。自分で検証しこれ以上の何か設定があるかどうか聞きたかった。上記に書いたような内容を説明し、何か対応策を伺ってみたところ、
「マシンを初期状態に戻し、OSをクリーンインストールしてもフリーズが連発するというのは何かしらやはりCPUの個体的問題だと思われますので、交換させていただきます。」
と言われたので早速翌日開いた時間に半年ぶりくらいとなろうか秋葉原へ行ってくる。

次回へ続く

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

Home > Tags > 改造

スポンサードリンク
Feed
Other
Ranking

Return to page top