« 9月 2017 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Home > Tags > モニター

モニター

スポンサードリンク

REGZAが家にやってきた。

 先日購入した地デジテレビ TOSHIBA REGZA 37V型 Z8000ブルーレイディスクレコーダー HDD320GB BDZ-T55が到着していた。

 いままでは三菱のアナログテレビ25インチ君が君臨していたところにRAGZA君が設置された。ちなみにアナログテレビは家電量販店にリサイクル料を支払い引き取って貰うことになった。元々壊れていたのでアナログ停波を待たずその天寿を全うすることになる。
三菱製アナログテレビ東芝REGZA Z8000 37インチ

アンテナ

 とりあえず設置しアンテナの受信感度やら色々テストしたのだが、今まで地上アナログオンリーでそれ以外の選択肢が無かったので全く予想していなかったのですが、どうやらアンテナチェックで地上デジタル電波はバッチリ+なんとBSデジタルを受信している〜!! どうやら地デジ+BSデジが集合アンテナから来ているようだ。ただ残念ながら110度CSは受信しないようで、元々スカパー用アンテナを設置できない場所に住んでいるのでCS放送とは縁がないようである。 まぁそれでも予想していなかったBSデジタルが受信できたのはラッキーである。 BSってけっこう良い番組やっているので楽しみではあるのだが、深夜になると地上波以上にテレビショッピングしかやらないのね・・・。

光沢画面

 Z8000の最大の売りであり最大の購入躊躇の原因とも言われている光沢液晶の「フルHDクリアパネル」の実際の感想だが、私自身はパソコンモニターが光沢なのは大嫌いでいつも普通の光沢ではないのを希望してきたし、現在のiMacの光沢液晶でさえ嫌なのに今回のテレビは光沢である。正直購入時に少し心配したが家で見ると全く気にならない。なんだろうか、光沢であることを忘れるくらい全く気にならない。真っ暗な画面の時に若干映っているが、全く気にならずこれを気にするのはただの神経質な部分でしかないので全く気にならない。

Continue reading

iMac-Late2006 メモリー増設02 装着認識動作確認とベンチ編

 そんなわけで到着したメモリーを取り付けていろいろちゃんと動いているか調べてみました。

取り付け写真

iMac-memory-03.jpgiMac-memory-04.jpgiMac-memory-05.jpgiMac-memory-06.jpg
こんな感じにひっくり返して下のネジゆるめて外して差し替えです!

MacOSX10.5で確認

このMacについて(4GB)システムプロファイラで確認(2GB×2)アクティビティモニタで確認(実質3GB)PhotoshopCS3で確認(3GB)
左から このMacについては4GB表示。 システムプロファイラで確認すると2GB×2表示。 アクティビティモニタで確認すると空き2.37GB確保中631.77MB、合計実質約3GB。 PhotoshopCS3で確認すると使用可能メモリー3072MB表示。

と、いうわけで4GBと表示される場合もありますが実質このiMac Late2006ではメモリー最大は3GBです。

BootCamp WindowsXP SP3で確認

XPシステム表示(増設前)XPシステム表示(2.98GB)XP-CPUZで確認(4GB)
 左から増設前のシステム表示0.98GB。 増設後は2.98GB(実質3GB) CPU-Zだと4096MB表示で一応Dualチャンネルに対応しているのが解る。

Continue reading

Macmini2009とフルHD液晶購入(につきあっただけ)

 私のじゃない。またしても私のじゃないのだが今年の春先(3/4)に発売された新型Macmini。今までとは違いグラフィック部分が大幅に改善されたり、もっともっと細かな部分でも旧タイプよりかなりのアップデートされ注目を集めた小さなApple製お弁当箱のMacminiを購入した。

 購入したのはその日の朝刊に入っていた近所の家電量販店のチラシ。限定で新型Macminiの下のグレードHD120GBのモデルだが、それにメモリーを4GBに増設して販売していたのでついつい購入しに行ってきた。(某Mac専門店の方が後で気がついたが安かった。(´・ω・`))

 購入したのは下にも記してあるが、本体のMac mini、薄っぺらのKeyboard、これが最近はテンキー無しばっかりになってしまったらしく在庫がないかもと思われたが運良く残っていてテンキー付きを購入。Mighty Mouse、そしてI-O DATA 製の21.5型ワイド液晶ディスプレイ( 黒 LCD-MF221XBR)を購入した。

Continue reading

iMac2回目の同じ故障で再修理、SB86iが死亡

iMacのその後

 
 書き忘れていたが昨年11月退院したばっかりのiMacだが復帰後一週間で全く同じように液晶に縦線が入った。本当に全く同じように壊れた、違うのは線の位置が左か右か程度・・・・せっかくたった数日で治ったのにと思ったら一週間で壊れるという悲惨なiMacの液晶。

 そんなわけで前回の修理から3ヶ月以内なら無料と言うことで再度電話でサポートへ連絡、すると前回とは違い結構な平謝り。それと他に何か不具合がないですか?的なことを訊かれので「DVDを焼くときに全く関係ないと思いますがたまにエラーが出る位ですかねぇ」と伝えておいた。そしてまた修理の依頼をし、今回は前回よりももう少しお預かる期間を長くして修理後色々負荷をかけ大丈夫かどうかを念入りにするようなことを言っていた。

 そんなわけで全く前回同様同じ運送業者が取りに来てiMacは去っていった・・・・

iMac修理 2回目 一週間から十日ぐらいだったか、iMacは戻ってきた。液晶は治っていて一応線もなく1週間後再度同じ事が起きないか心配ではあるが一応治った。 しかし吃驚はこの後である。 先ほど書いたたように「他に不具合がないか?」と訊かれたときにこたえたDVDが少し・・・というのがなんと正式に無料で交換されてきてしまった! えええええ!.。ooO(゚ペ/)/ そんなわけで液晶となぜかDVDドライブが交換されiMacは復活しましたとさ〜

Continue reading

iMacの液晶に縦線が・・・

iMacモニター 11/16にDVDを焼いていて、焼いている最中放置し他の部屋にいて、数十分後戻った。するとiMacのモニターにこんな物が。
 画面向かって左側に縦に上から下まで一本線が入った。なんだこれ?まだ購入して1年ちょっとしかたってないよ。昨年の7月に購入したのにもうモニター壊れるの?とりあえず画面の端っこに一本だから様子を見るか・・・・納得いかないので色々調べてみた。すると同様の故障が頻発しているらしい。放置しておくと徐々に線が増えるのか・・・。

Continue reading

GIGABYTE GF6600付属のHDTV/Video-outケーブルがもげた

21PRPSVPPCL._SL500_AA125_.jpg九十九電機SB86iを購入し早2年半。もうこんなに使っているのかとちょっとびっくらこいた〜♪わけだが。

 このPCに搭載させてあるグラボnVIDIA GeForce 6600に標準で搭載されている機能 TV OUT、要するにパソコンのモニターをテレビに出力できるって奴です。その出力に必要な付属のHDTV/Video-outケーブルがもげました!もげました!そう、根元からもげました。ちょうどGF6600に接続させている部分がもげちゃった。

 私はDVDプレーヤーを単独で持っていないのでPCからTVに出力させてみているので無いとまいっちんぐな訳です。

 はてさて単独で売ってるわけでもないし、Macで使ってるATI 用TVOUT用ケーブル接続してみたけどさすがに予想通りnVIDIA GeForce 6600じゃ出力できませんでした。

Continue reading

嗚呼、Sawtoothよ。わがままな奴目。

内蔵電池 そろそろ先日も書いたが本当にSawtoothが限界のようだ。また壊れた。基本的にソフト的に壊れた場合は自力でだいたい直せるのだけれども、ハード的に壊れるとさすがにスキルがないので修復が難しい。内蔵電池も多摩市にあるPLUSYUまで行って買ってきた。さらには起動ディスクに使っていたハードディスクもさらに死亡した。これはバックアップが前回復旧させたときのものが残っていたので若干ファイルの消失はあったものの、復旧は出来ると思う。


 で、初期化したりinstallし直したり、新しくハードディスク買ってきてそれにインストールしても起動はするけどupdateがエラーになったり、updateできたと思ったらカーネルパニックの嵐。ATA133カードに接続したHDDからだとupdateが効かなかったり、効いたり。これが参った。どのディスクをどの位置に繋いで、インストールしたらいういのか、しかも改造しまくってるMacだから原因を追及するのがもう大変。各パーツの相性もあるだろうし、さらにはパーツとOS10.4のバージョンとの相性もある。限りなくある組み合わせを色々試してもいっこうに満足行くようにセットアップが上手くいかなくなってしまった。試行錯誤に約一週間。長いことMacの復旧に時間がかかってしまった。半分切れてました。

Continue reading

iPodがアップデート!

 今朝iPodが各種アップデートされました。新機種発表です。色々注目の商品ですよこれは。
では、どんな感じの物が出たのかしら?

新しい「iPod nano」を発表
 新しいiPod nanoはボディがアルミになり、24時間保つバッテリー、記録容量も約倍増となったのに価格据え置き。操作するコントローラー部分もクリックホイールになりました。しかし一番の注目する点はiPodnanoに移行してから消えたiPodMiniの5色バージョンだったのですが、ついにそれがiPodnannoで復活しました。銀、緑、ピンク、青、黒と5レンジャー復活です!残念なのが白が消えた点ですかね。黒は残ったのに白は消えた、これは残念ですが、Colorバリエーションを待ち望んでいた女の人には朗報じゃないですか?
Apple Store(Japan)
リンク
新しいiPod nano

新しい「iPod shuffle」
 今回のshuffle、昔噂されていた形にそっくりな形状での登場ですね。なんとさすがこのサイズ、世界最小最軽量という付加価値付きです。1GBのフラッシュメモリを搭載していて、価格は9,800円です。今までのshuffleよりは高くなりますが、style的には今回の新しい奴の方が正直格好いいですね。
Apple Store(Japan)
リンク
新しいiPod shuffle

新しい「Pod」
 メインのiPodもバージョンアップされていました。ただ、「お!コリャすごい!って言うようなアップデートではなく、マイナーチェンジですね。60%明るなったモニター、ラインナップは30GB、80GBです。
リンク
新しいiPod

そういえば「iTV」を発表していました。開発中の段階だそうですが、来年には発売されるようです。機能としてはマックで取ったテレビ番組、iTunesで買った映画やMusicビデオをネットワーク経由でテレビに出力できるようになり、家族で楽しめますよ!ってな感じの物らしいですね。要らないなぁ。

NIKE&Apple

 

 おっと!以前から噂になっていたNIKEとApple Computerが手を組んだ商品が近々発売されます。アメリカのAppleサイトで公表されていました。NIKEとiPod nanoです!

 このAppleサイトによると、Nike+iPod製品の第1弾はNikeのフットウェアがiPod nanoと無線で通信する「Nike+iPod Sport Kit」を近々発売すると言うことです、NIKEのスニーカーの中敷きの下に機器を入れて、Nike+iPod Sport KitをくっつけたiPod nanoと通信します。これにより無線でデータ通信を行います。走った時間、実際の走行距離、そして運動による消費カロリー、やジョギングのペースなどの情報がiPod内に保存されていくらしいです、

 他のメーカーのスニーカーなどでも使えるのかどうかは今のところ良くわかりませんしNIKE専門なのかもしれませんが、これはジョギングやスポーツを行う方には結構面白い商品化もしれませんね、消費カロリーがリアルタイムでiPod nanoのモニタに表示されるわけで、さらに音声により運動しながらその情報を耳から聞くことも可能なわけで、こりゃすごいですね。運動選手にも導入される方が多いかもしれませんね。

 もちろん、iPodに保存したその消費カロリーなどのデータはマックに接続することによりsyncされるようで、マックに保存し何ヶ月単位、何年単位でメニューを作れば効果的にダイエットカリキュラムや、トレーニングメニューを考えやすくなるかもしれません。これは良いなぁ。スニーカー装着する奴以外も作って欲しいですね、Swimmingの時の消費カロリーが解る機器やその競技をプレーしている最中のデータも知ってみたいですね。得に裸足で行う競技、柔道や剣道、もちろん水泳とかのデータも欲しいところなので今後この機能、性能が発展していくことに期待したいですね。
20060524171009.jpg

参照リンク
NIKE+:http://www.nike.com/nikeplus/
NIKE+Apple:http://www.apple.com/ipod/nike/
ナイキがiPodとともに走り出す–ランニングシューズ「Nike+ Air Zoom Moire」発表(CNET JAPAN)

次期ATOK

ATOKを販売しているJustsystemが、「次期ATOK 試用ベータ版」のテストモニターを募集していました。要するにβ版テストです。気になる方は応募されてみるのも良いかもしれません。その代わり不具合などを報告する義務があります。

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
        Macintosh版 ATOK をお使いのみなさまへ
   ………………………………………………………………………………
     「次期ATOK 試用ベータ版」テストにご協力ください
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

 日頃はATOKをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

 ジャストシステムでは、Mac OS X版 ATOK の次期バージョンを開発して
 おります。
 次期ATOKは「Universal アプリケーション」(ユニバーサル アプリケー
 ション)となり PowerPCおよびインテルプロセッサ搭載のMacintoshの
 両方で動作します。

 この度、より使いやすく安定した、完成度の高い製品をご提供するために、
「次期ATOK 試用ベータ版」テストの参加者を募集します。

 このテストは、お客様の環境で実際に「次期ATOK 試用ベータ版」を
 導入してご試用いただき、様々な条件下で発生する問題点をご報告いた
 だくことにより、さらに完成度を高めることを目的としています。
 よりよいATOKをご提供するために、ぜひご応募ください。

 ┏━━ ▼次期ATOK 試用ベータ版テスト ご応募はこちら▼ ━━┓

     http://www.atok.com/betatest/entry.html?m=at11c01

    テスト応募の受付期間は、4月11日(火)〜4月17日(月)です。

   ※応募の際は、お客様のUser ID・User ID用パスワードを
    お手元にご用意ください。

   ※応募者多数の場合には、お申し込みの際にご記入いただく
    使用環境を参考に、弊社にて選考させていただきます。
    あらかじめご了承ください。
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ■テスト実施要項/障害報告について

  選考の結果、本ベータ版テストにご参加いただくお客様には、5月中旬
  より順次、ユーザー登録いただいているメールアドレスへテスト実施
  要項および、障害報告方法についてご連絡させていただきます。
  「次期ATOK 試用ベータ版」テスト中に発生した動作不正など、
  障害の報告にご協力ください。

———————————————————————————————————
 ※今回のご案内は、ATOK 2005/17/16/15/14 for Mac OS X 登録ユーザー
  の方に、ユーザー登録時にご記入いただいたメールアドレスをもとに
  お送りしています。

 ※お客様にいただいた障害報告は、弊社における製品開発等を目的として
  個人を特定しない形で利用いたします。メールアドレスについては、
  報告内容について弊社からご本人に連絡をさせていただくためにのみ
  利用し、他の目的に転用することはございません。

 ※本製品の詳細については、後日正式に発表させていただく予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                2006年4月11日 株式会社ジャストシステム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当たり前のことですが、β版にテストに参加できるのは登録ユーザーだけとなっているようです。Intel Macをお使いのATOKのuniversalbinary版を待ち遠しく待っている方、開発に協力してみてくださいな。

STUDIO QOZY Photo-Gallery

 久しぶりにPlanting Field内サイトの「STUDIO QOZY」を更新しました、
PhotoカテゴリーにPhotoGalleryを掲載しました。
以前他のサイトで掲載していた写真もこちらに統合し、新たに少しプラスした感じです。

 写真自体ちゃんと習ったこと無いので結構適当な写真ですが、お暇なときにでもどうぞ。
解像度はちょっと大きめなのでモニタ解像度が1024×763だと、少し切られちゃいますね。・・・・、ご了承下さい。!
Gallery.jpg

Macの改造将来性を考えると・・・

iconicon 改造ネタを書いている私としては気にならないはずはない!ってなかんじで先日発売開始されたMac miniのCPUスロットはソケットタイプで交換可能って言うのは随分有な話だが。実際に交換したって言う記事がLINKAGE経由で知ったhttp://www.xtremesystems.org/forums/showthread.php?t=91459に出ていました。元々のは1.5GHzCoreSolo搭載のMac miniに2.16GHzのCore Duoiconを載っけたみたいです。でもただ交換しただけで熱とか平気なのかな?ノート型用のモバイル向けPentium Micon後継だからそんなに発熱は心配ないか? ま、もっともっと人柱報告が上がればおのずといろいろな結果報告が上がると思うので興味津々ですね。

 こう、Mac miniとかiMac (intel) 、とソケットタイプと言うことでCPU交換が出来るってなってくると得にタワー型の高性能モデルを買って後々まで延命していこうって言う今までのMacルール?ルールって決まってないけど長く使うならタワー型買って改造って言う定番が結構あったと思うんですよ。他のは改造中々手軽に出来ませんでしたからね。でも今回のIntelチップ化によりコンシューマー機でそれができるってなると随分変わってきますね。へタすりゃMac miniとかiMac (intel)でもかなり長期間ハイパワー改造が出来る可能性が出てきたわけですよ。CPU交換て言う点ではね。そう考えるとMacに新しいラインナップを追加欲しいですね。たとえば今のPowerMac系までの拡張性を求めるまで行ったら価格高くなりそうだから、せめてミニタワー、ミドルタワークラスのを1個バリエーションに追加して欲しいですね。もちろんCPU交換できて、さらにPCI-Expressスロットを交換可能な状態のを設置して欲しい。グラボ交換用って感じですよ。拡張性重視な感じでほんと欲しいですね。iMac (intel)と同じくらいの性能でモニター無しのミニタワー、ミドルタワー、スリムタワー辺りをラインナップに希望したいなぁ・・・今のラインナップの製品じゃCPU交換、HDD交換、メモリー増設くらいしかできませんからね グラフィック関係も強化したくなるんだからさ。なんとか出てくれたら嬉しいんですけどね。

十周年だよ99円セール

 九十九電機が、10周年記念って言うことで、3/8〜3/15までの期間限定で抽選に当たった人だけ99円でその指定されている商品が買えるという99円セールiconを行うみたいです。対象商品は、99円セールiconページに載っている商品です。

内容は、こんな感じ、

BenQ FP231Wicon(液晶モニタ)
Athlon 64 X2 4400+icon(CPU)
GeForce 7800GS搭載 AGP対応ビデオカード
Logicool G7 Laser Cordless Mouseicon(マウス)
SCYTHE XClio 6020-BKicon(ATXミドルタワーケース)
C-MEX AVOX CYTV-20W(ハイビジョン対応液晶テレビ)

バナー 10000009

Mac mini Intel

 Mac miniのIntel版出ましたね、詳細は今朝ほど書いたから良いとして、こいつはグラフィックがチップセットの物使っているとは言えCoreimage使えないわけ無いだろうし。(後に判明 使えません。Coreimage)今朝も書いたけどPPC版からIntel版へ移行をしてみたい!って思っている方には良いでしょう、モニター無しのiMac (intel)って感じですね。グラフィック性能に違いはかなりあるけど。それに新機能って言うかいろんな機能追加されましたね。注目すべき事は10/100/1000BASE-TギガビットEthernetを標準搭載!これは良いね。いっぱい買って繋げたらG5抜くかもよ!あと、こんな機能、

Mac miniに搭載されたFront Rowで、別の部屋にあるコンピュータと音楽や写真を共有して再生できます。つまり、Mac miniを操作して、お手持ちのiMacや家族のMacBook Proで写真を表示したり、書斎にあるiMaciTunes Music Storeから曲をダウンロードし、リビングルームにあるMac miniで再生することもできます。」

益々ホームサーバー化しているわけ。無線で繋がっているならほんと使いかって良いですよ。GigabitEthernet搭載って事で有線LANならもっと高速なネットワーク構築も可能。初期型Mac mini買われた方はこっちに鞍替えしても良いんじゃない?
intelcoreduo20060228.jpgintelcoresolo20060228.jpg

Apple、新製品発表の予告でさまざまな憶測

こんな記事がYahoo!に出ていました、

Apple、新製品発表の予告でさまざまな憶測
AppleComputer ( NASDAQ:AAPL ) の次なる動向は、しばしばシリコンバレーで注目の的となるが、今再び憶測合戦が過熱している。

Apple は先ごろ、一部メディアに向けて「弊社の楽しい新製品を見に来てください」という謎めいた招待状を出した。時は28日、場所はカリフォルニア州クパチーノの本社だ。これに端を発し、目下さまざまな憶測が飛び交っている。

Apple 関連の情報サイトや専門家の間では、次の製品は何かという話題でもちきりだ。可能性が高いと目されているものは2つある。1つは新たな Intel 製プロセッサ搭載コンピュータ、もう1つは同社の稼ぎ頭『iPod』の新製品だ。低価格の小型コンピュータとして、キーボードやマウス、モニターなしで販売している『Mac mini』に、新たに Intel 製プロセッサを搭載して刷新するとの予測もある。

そのほか、iPod 関連で、新たなアクセサリやその他の発表があると見る人もいる。
記事全文

 ほんと、ここ数日憶測記事がすごいですね。私も気にはなるがこのblogでApple製品の未確認情報は公開できないので書かないけど、理由はAppleStoreのアフェリエイト規約によるものです。そんなわけでこの様な話題は他のブログさんに任せっぱなしで行きます。情報収集はしていますけどね、Appleの広告外すことになるのも面倒くさいですから。

 あの製品が出るのか?この製品はガセネタか?とっても気になりますよ。結構だまされたこともあったし。いやはや数時間の後に判明するようですが楽しみですねぇ。

以前規約に触れたときの記事はこちら

Mac不調 その1 検証編

Macが不調だ。先日の初期化作業で直ったかに思えた愛機Sawtooth改。でもどうにも不安定さが拭えない。思えばいつから不安定?OS10.4.4あたりにしてから不安定だったか。でも特定動作では常に不安定だった気もする。まとめてみると・・。

OSX10.4.4以降のフリーズ、カーネルパニック不具合
ピクセラのPixeStationTVにてテレビ視聴、録画中ともに
DVD2oneX2による2層→1層圧縮
safari落ちる
何もしていないときに勝手にフリーズ
Spotlight牽引作成中にフリーズ

OSバージョン関係なくフリーズしていたのは
Quicktime7Proによる書き出し。
Toast7によるエンコード、2層→1層圧縮
iSquintによる動画変換

さてと、原因はいくつも思い当たりはする。結構改造しているから。疑うべき点は色々調べてみるか。OSクリーンinstallした状態でもフリーズは連発していたのでOS側ではなくハード側であろうという判断だ。そんなわけでハードの方を考えてみる。まずは交換した電源が安物の為による電圧不安定、・・・テスター見る限り問題ない感じなのだが・・電源を元に戻すには面倒くさいので最後の最後に疑おうかと思い、電源放置。

 次の疑いはTempo ATA133カードだ、これは結構不具合の原因になりやすい。でも問題無さそう。起動ディスクをTempo ATA133じゃなくマザーボードのATAに繋いで同様の作業を行ってもフリーズやカーネルパニックを起こす。と、言うことはこれではない。

 電源のみは改造されているまんまでCPUを元の400に戻し、不要なHDD外し、起動ディスクのみで同様のテストを行った。遅いけどフリーズはしなかった。安定もしてる。ただ激しく遅いけどね。

 うーん最後にって言いますか、一番最初に疑っては居たけどやっぱりっていうような結果ですね。恐らくCPUでしょうか。私の使っている秋葉館オリジナルCPU 1.4GHz [AKB-MCG4-14]なんですけど、いぜん一度交換して貰っているので、それに交換する前の一個目の秋葉館オリジナルCPU 1.4GHz [AKB-MCG4-14]は1.4でしか安定起動せず、1.2-1.3共に超ド不安定だったので明らかに初期不良品て事でした。そんなわけで秋葉館さんに問い合わせして交換していただいたのが現在の2台目秋葉館オリジナルCPU 1.4GHz [AKB-MCG4-14]なのです。

 上記の書いた不具合、一応1.2〜1.5GHz全ての設定で試して見るも、1.3〜1.5GHzは100%フリーズかカーネルパニック。1.2に関しては成功するときもあれば止まることもある。そのときのヒートシンクに付けた温度計の状態では、1.4GHz設定でこの季節、起動し数時間後何もしていない状態だと35〜39℃位。CHUDやアクティビティモニタでCPU使用率を確認し長時間100パーセント状態で負荷をかけ続けると45℃〜50℃あたりまで上昇。熱々になる。一応サイド扉を開け、ヒートシンクには4センチ角のファン。冷却化には少し気を遣ってきたのだがこの季節で熱暴走って言うのはどうなんだ?だいたい48℃〜50℃当たりでフリーズがおこることが多い気がする。でも短時間負荷なら問題はない。長時間負荷を掛けると止まってしまう。動画系のエンコード作業が一番止まる。

 と!言うことで秋葉館のサポートに電話をしてみることとした。自分で検証しこれ以上の何か設定があるかどうか聞きたかった。上記に書いたような内容を説明し、何か対応策を伺ってみたところ、
「マシンを初期状態に戻し、OSをクリーンインストールしてもフリーズが連発するというのは何かしらやはりCPUの個体的問題だと思われますので、交換させていただきます。」
と言われたので早速翌日開いた時間に半年ぶりくらいとなろうか秋葉原へ行ってくる。

次回へ続く

ATI Displays 4.5.7

またまた、今更ながらアップデートシリーズ!その2
続いてはATI Displays 4.5.7です!これもちょろっと前に配布開始されていた模様ですが、同じようにたいして必要ではなかったのでinstallしませんでしたが、気が向いたので突っ込んでみました。変わった点と言えば回転設定が、このATI Displays 4.5.7上で行えるようになっていた点かな?前使っていた奴のバージョン忘れたけど、環境設定のモニタ設定で回転をやっていたからね。今回はATI Displays 4.5.7で出来ますね。ってCRTモニタじゃ回転させると見づらい!

ダウンロード先:ATI Displays 4.5.7

20060122025949.png20060122025958.png

左が今までの画像。右が今回の奴。左メニューが3つに増えた。CRTと液晶だとメニューが違うはずですけどね。つーか接続端子で変わるんだったかな?アナログかデジタルかで。とまぁ回転設定がこっちにもつきました。
20060122030703.jpg

そんでもって回転してみた。特に今のところ利用価値はないなぁ。

Mac使いのWindowsマシン購入計画02 「希望」

さて、どの様な構成のマシンを買うかを検討していく。まずはAppleiPodなどのオーディオ分野でライバル関係にあるSONYのVAIOを検討してみる。いわゆる大手メーカー品だ。初心者にはもってこいって感じの品ですね。タイプも色々あり、購入に値するグレードと言ったらVAIO type HVAIO type M辺りとなるでしょうか。色々構成を見ているとCPUがCeleron〜Pentiumとなっていて。搭載されるCPUはこの冬モデルのPentiumは4ではなくPentiumDとなって居るではないですか。デュアルコアはPentiumのはあんまり評判が良くないらしいということで迷ってみる。タイプVにはPentium4の630を搭載したモデルもあるけど、予算の都合もあり、予算は10万辺りで納めたいのでそうなると下位モデルのCeleron搭載機となってしまう。それにダブル録画とか今のところ必要ないし、メーカー品特有の余計な機能は不要でもあるのだ。正直Macで録画も出来るし、必要な機能は一通り揃っているのでもっとシンプルな構造が望ましい。さらにMacにはない3Dゲームにもちょっと心惹かれる部分もある。MacでもシムシティやThe Sims 2などのゲームもあるけどね。ちょっとFinalFantasyなんかやってみたいのいよね。ゲームが目的ではないからその部分はそんなに重要ではないんだけど、将来的に機能を追加したくなることも否定は出来ないのでその部分の拡張性は確保しておきたい。さらに今部屋にはメイン機のPower MacG4 AGPgraphics(Sawtooth)とCRTの19インチモニターが幅をきかせているのでスペース的な問題もあり小型のWindowsマシンじゃないと置き場所に困ると言うところもある。徐々にどんなマシンが良いのかが見えてきたのでここでまとめてみたいと思う。

希望構成、グレード


予算      10万位(若干オーバーは可能)
サイズ     省スペースPC
拡張      PCI-Express(AGPはもう消えていくと思うので)
        PCIスロット、USB2.0、Firewire(IEEE1394)、1000BaseT
CPU      Pentium4 or Athlon

利用目的    ネット、書類作成、動画エンコード、ゲーム、
        Macとのネットワーク構築、DVD鑑賞、他色々

希望      静穏(マックが改造のせいで非常にうるさいためこれ以上は・・・)
        最低4年は使えるマシン

 と、だいたいのスペックは見えてきた。OSに関してはXP Homeで十分ではあるのでHomeを導入する方向で検討する。安いに越したことはないけど後々後悔もしたくないので将来的な拡張性は残しておきたい。USB2.0があればかなりの拡張性はあるんですけどね。それに来年末あたりには次期OSVistaも発売されるようなので最低限Vistaを搭載できるスペックはほしいと思う。余計な機能はいらない。だってVAIO type Hとかに付いているFeliCa対応なんて不要じゃない?どうも無駄な機能が多くて高いんだよねぇメーカー品って。そう考え始めると自作機?でも自作機を作る技術や知識ノウハウなど持っていないし。まぁ本読みあさったりネットで調べて勉強したら作れないことはないと思うけど。俺の性格上はまったら抜け出せなくなるのは目に見えているのでどうも足を踏み入れたくない、それにせっかく買ったパーツとかが相性問題で使えないって言うのもなんか無駄な気がしているので躊躇する。そこで、良い感じに希望の剃ったマシンが出来る物もある。ショップブランドPCだ、徐々に見えてきた私の希望マシン。ショップブランドPCで検討していくことにしよう。

また新機種発表

この間新しいiMac G5iPod等を発表したAppleですが、噂通りに先ほどアップグレードされたハードウェアと新しいソフトを発表したみたいですね。。。

まず一個目は

  • 15インチと17インチの「New PowerBook G4」を発表
  • 内容は大して以前の機種とは変わっていない模様ですが、モニタ解像度が拡大されました。
    15インチモデルは1440×900pxelのディスプレイを搭載 、244,800円(旧272,790円)
    17インチモデルは1680×1050pxelのディスプレイを搭載、299,800円(旧314,790円)。だいたい20インチのCinema Displayと同じ位の解像度となりました。そしてバッテリ駆動時間が延びました。プロセッサは従来のものと同じで噂されていた7448タイプの新しいG4は搭載されなかったようです。結果的に値下げされました。さらに、12インチモデルは、SuperDirveモデルが184,800円(旧199,290円)に値下げされています。ちなみにコンボドライブモデルがついに販売終了となりましたね。

  • 新しい「Power Mac G5」を発表
  • 3種類のモデル形成で、下位2機種は2.0GHzと2.3GHzのデュアルコアプロセッサを1基搭載したモデル、最上位機種は2.5GHzのデュアルコアプロセッサを2基搭載したモデル、1MBのL2キャッシュを搭載です。最上位機種の名称は「Power Mac G5 Quad」となりデュアルコアでデュアルCPUと言うことなので脳味噌四個分です!「Power Mac G5 Quad」は16MBのDDR2 SDRAMを搭載し、なんとも最大1TBのストレージをサポートと言う化け物マシンとなりました。さらに今まで通りPCI-Express スロット 3基搭載し、Quadro FX 4500 VRAM512MBとNVIDIA GeForce 6600 256MB,NVIDIA GeForce 6600 LE 128MB 等のビデオカードを選択可能、全てのビデオカードが30インチのCinema HD Displayをサポートしています、76.6ギガフロップを実現し、発売は下位2機種はApple Storeで現時点では 1-3 営業日、最上位機種は3-4週となっています。価格は下から Dual 2G 244,800円、Dual 2.3G 299,800円、Quad 2.5G 399,800円となっております。

  • Apple Cinema Display」値下げ
  • 全種類値下げです。 20インチフラットパネルモデルは93,800円(旧94,290円)に、23インチフラットパネルモデルは149,800円(旧178,290円)に、30インチフラットパネルモデルは299,800円(旧341,040円)。益々 20インチフラットパネルモデルはお買い得になったのでは?

  • 「Aperture」を発表
  • 20051020031145.png写真家向けの新しい画像処理ソフト「Aperture」が発表されました。エンド・ツー・エンドのRAWワークフローを実現してるようです。しかし価格や機能面から言ってAdobe Photoshopの対抗馬となるのかは疑問です。デザイン用途と言うよりも本当に写真家向けのソフトとなっている様子。Rawデータを扱うならAdobe Photoshopよりかは全然優れているのかもしれません。その後Adobe Photoshopで加工するとか、連携させていく物ではないかと思います。詳細はhttp://www.apple.com/aperture/価格は499ドルで来月発売予定です。ただ現在では日本での発売時期は未定とのことです。

    追記
     2.0GHzおよび2.3GHzのPower Mac G5 Dualは本日より発売開始、2.5GHz Power Mac G5 Quadには11月上旬発売予定です。
     「PowerBook G4」は本日より出荷が開始されるみたいですね。

    色々来たね!NEW iMac G5/FrontRow/iTunes 6 /NEW iPod/

    サンフランシスコで開催していたスペシャルイベントでAppleさん、またまた色々発表しちゃいましたね。毎月頑張るね、年末商戦に向けて頑張ってる感じです。
    では今回はどんな物が出たのでしょう。

    indexhero20051011.jpg まずは、iMac G5がパワーアップしました。カメラ付きです!なんとiSightを内蔵し、従来のモデルよりもさらに薄型になり、画像で解るとおり向かって右側側面にMac用リモコンの「FrontRow」が、くっついてます!
     さらに、新しいソフトウェア「Photobooth」も発表されました。このソフトは、スライドショーアプリケーションで、プリントが出来ることや、エフェクト処理などを加えることが出来るそうです。新しい「iMac G5」の性能は、20インチ/ G5 2.1GHz/1,799ドル(199,800円)、17インチ/G5 1.9GHz/1,299ドル(152,800円)、で、共に本日発売です。もちろん付属マウスはMighty Mouseです。

    iMac G5 スペック 詳細
    17 インチワイドスクリーン LCD
    1.9GHz PowerPC G5 プロセッサ
    512MB のメモリ(533MHz DDR2 SDRAM)
    160GB シリアル ATA ハードディスクドライブ
    8x SuperDrive(スロットローディング、2 層記録式)
    ATI Radeon X600 Pro グラフィックカード(128MB DDR メモリ搭載)

    20 インチワイドスクリーン LCD
    2.1GHz PowerPC G5 プロセッサ
    512MB のメモリ(533MHz DDR2 SDRAM)
    250GB シリアル ATA ハードディスクドライブ
    8x SuperDrive(スロットローディング、2 層記録式)
    ATI Radeon X600 XT グラフィックカード(128MB DDR メモリ搭載)

     index34indock20051011.jpgそして、かねてより噂されていた動画対応iPodが発表されました。おそらく今まで販売されていた通常のiPodと置き換わる物と思われます。それによりiPodシリーズのラインナップはiPod shuffleiPod nano、と今回発表されたビデオ対応のiPodとなりそうですね。容量は30GBと60GB、nanoと同様にホワイト、ブラックの2種類のカラーが用意されています。液晶モニタは従来品より大きい2.5インチ、320×240ピクセルの解像度で、比率は4:3、26万色のカラーディスプレイを搭載、コーデックはMPEG4/H.264をサポート、ビデオでの出力も可能とのことです。(H.264 ビデオは最大 768 kbps、320 x 240、30 fps;MPEG-4 ビデオは最大 2.5 mbps、480 x 480、30 fps)価格は30GBモデルが299ドル、 60GBモデルが399ドル、 来週発売予定とのこと。おそらく日本でも来週になる物と予想されます。U2が出演している新しいTVCMも公開されました。(こちら
     30GBモデルが34,800円で、約7500曲。60GBモデルが46,800円で約15000曲です。

    20051013034328.pngそしてついこの間バージョンが5にあがったばっかりのiTunesが「iTunes 6」になりました、ビデオ対応です。iTunes Music storeで2,000点のミュージックビデオを各1.99ドルで販売し、Pixarのショートムービーも販売されるようです。著作権の観点でCDに焼くことはできないが、最大5台までのMacで再生が可能の様です。日本版ではどの程度のミュージッククリップが販売されるか期待したいところですね。さらに、米ABCと提携、放送した番組を1.99ドルで購入可能になったうえに将来的にはiTunes Music Storeでテレビ番組のダウンロードも可能になるとのことです。こちらも日本のテレビ番組が購入できるようになれば Windows media player等で配信されてる動画配信サイトを利用しなくても良いかもしれないですね、と、言いますかマックで見られないことがほとんどですのでこのサービスはマック利用者にとっては期待大です。「iTunes 6」は本日リリースされます。

    エンコード中に・・・

    さて昨日の記事で「Toast 7のなんちゃってプレビュー」(記事はこちら)を書いたのだが、その作業の中でmpeg2動画をエンコード作業した時だった。OS X Tigerがフリーズした。

    実はToast 6 を使ってエンコードを試したことがあったがそのときもOS X Tigerがフリーズした。QuickTime 7 Proを使ってエンコード処理した時もフリーズしたことがあった。しかも1時間半程度の動画で約50%ほど進んだところでだいたい止まる。何が原因か。

    まず第一に考えられるのがメモリ関係。止まる直前までアクティビティモニタでメモリ、仮想メモリ部分などチャックしたりしたが、仮想メモリが多くなりすぎ起動ディスクの空き容量を圧迫したせいか?フリーズ直前には結構な仮想メモリーを使用している様子だった。

    次に考えられるのは改造による不具合だ。かなり改造しているので原因特定は難しいが複合的な要因かもしれない。CPU ATA133 HDD 強化電源 グラボ とくまなくやっちゃったため400Wじゃ足りないか?・・・と、まぁ色々原因を探っていった結果おそらくクロックアップしてる秋葉館CPU[AKB-MCG4-14]だろうと結論に至った。

    常に安定動作している1.4GHz設定で利用しているのだが試しにクロックダウン!1.35GHz設定にして同じようにエンコード作業をToast 7にてやってみた。約60%部分でフリーズ。この時点で1.4GHz設定時より進んでいたので最後の希望として1.25GHzまで落としエンコード行ってみた。無事完了。やはり原因は秋葉館CPU[AKB-MCG4-14]のようだというのが解った。

    とりあえずToast 7でのエンコードは行うことが出来るようになったわけだが、1.25Ghz設定じゃないとダメな様子。しかし同じようにDVD化すると言うことで以前から利用しているCAPTY DVD/VCD 2.0だと何の問題もなく1.4Ghz設定で動作させているのだ。まぁ、それように録画した物だから使えるのかもしれないが、何か仕様が違うのかもしれないですね。CAPTY DVD/VCD 2.0Toast 7QuickTime 7 Proとでは、ま、実際ほとんどDVD化する場合はCAPTY DVD/VCD 2.0を使っているので問題はないんですけどね。

    その他の動作、作業では秋葉館CPU[AKB-MCG4-14]のクロック数1.4GHz固定でフォトショのフィルター処理でもやイラストレータその他ほとんどの動作には何の問題もないがToast 7QuickTime 7 Proなどでのエンコード時にだけ止まると言うことが解って良かったって言うところですかね、

    #QuickTime でDVD用の動画(mpeg2)を再生するには MPEG-2 再生コンポーネント(Mac OS X)が必要です。

    VINTAGE COMPUTERでもRadeon 9600 Pro

    以前秋葉館オンラインショップRADEON 9600 PRO PC&MAC EDTION 輸入版 [RD9600ProMEAGP/256M]の予約受付開始!と書きましたが既にVINTAGE COMPUTERではATI Radeon 9600 Pro 256MB AGP, Dual-Link DVI for PC & Macの販売が開始されていますし秋葉館よりお安くなっている模様です、

    詳細は

    ATI Radeon 9600 Pro 256MB AGP, Dual-Link DVI for PC & Mac

    Dual-Link DVI対応で、30インチシネマディスプレーにも対応します(Dual-Link対応は、2つのポート中片側のみ)。
    Dual-Link DVIポートと、通常のSingle-Link DVIポートを搭載。ツインモニタ対応。
    Core Image, Motion 対応。
    Power Mac G4 Digital Audio, QuickLilver 2001/2002, MDD, FW800, Power Mac G5に対応。
    OS X 10.3.6以降、Windows XP, Wiondows 2000 SP1 以降に対応。
    G4 AGP Graphics, Gigabit Etehrnet, Cube(100MHz Bus, AGP 2X モデル)には対応しませんのでご注意ください。
    メーカー3年保証
    保証

    非対応のOSでは、表示は可能ですが、アクセラが効きません。
    VersaVisionに対応(ポートレート縦表示)

    しかし100MHzバスが恨めしい・・・133いいなぁ・・・

    秋葉館オンラインショップでも販売開始されていますね、価格は29,800円VINTAGE COMPUTERでは25,800円、ちょっと差があるねぇ

    夏の特価品液晶17インチ

    夏の特価品としてPCDEPOTが液晶17インチを台数限定で販売していました。WEB特価の模様。Macでも使えるだろうからいいかもね。サブディスプレイ用にとか。これが白かったらMac miniにもオススメかも知れないですね。って結構良いいなぁこれ・・・。

    icon
    iconWEB限定CG-L17DB (17型液晶ディスプレイ)
    icon

    詳細

    税込み:¥24,700(税抜き:¥23,524)
    「CG-L17DB」は、2系統入力対応17インチSXGA液晶モニタです。 19インチCRT相当の大画面な17インチSXGA(1280×1024ドット)に対応し、PCとの接続はD-SUB15ピンとDVI-I(29ピン)の2系統入力の為、既存のCRTからの乗り換えや、複数台のPCを所有するユーザーに最適な製品です。 DVI端子はDVI-I(29ピン)とDVI-D(24ピン)に両対応。 液晶画面の角度調整や画面表示の調整、スタンドの高さ調節もできます。

    液晶パネル TFTカラー液晶
    画面サイズ 17型
    画面ピッチ 0.264mm × 0.264mm
    表示色 約1620万色
    視野角 垂直 170°
    水平 150°
    輝度 250cd/m2
    コントラスト比 430:1
    応答速度 20ms
    画面表示角度調整 チルト(上下)   :上20°/下5°
    スイベル(左右)  : 左右45°
    スピーカ 1W(Max)×2
    接続端子 アナログ入力  :D-Sub 15ピン ×1
    デジタル入力  :DVI-I 29ピン ×1
    ヘッドホン端子 :ステレオミニジャック
    バックライト寿命 50,000時間以上
    入力電源 AC 100V-240V

    改造っす。Core image対応 その2 取り付け編

     ・・・前記事からの続き・・・で、ATI Radeon 9700Pro を購入。PC版ね!そんでもってうちの環境じゃ書き換え無理なので知人に書き換えを依頼!書き換え完了!早速取り付けじゃ!
    P1000016s.jpgまず今まで付けていたnVIDA GeForce4 MX 32MBを取り外す。参考までにシステムプロフィールだとこんな感じでした。約2年ほど利用しました。お疲れさん!

    P1000014s.jpgで、この右側の写真がATI Radeon 9700Proです。AGP X2でも動作するようなので、スロットルの切れ込みも有ってるし、無事装着。電気コードを分けるコードが付属しているので、それを電源から伸びて余っているコードに装着しATI Radeon 9700Proに繋ぐ。さてさて電源問題もあるし、熱問題も心配だがどうなるか?

    P1000008s.jpgP1000009s.jpg
         ↑
    この上の2つの写真が取り付けた後の図

    さてさてさっそく起動してみよう。「ジャーン」・・・・・・・・
    お!林檎マーク出た、ログインウインドウ出た!オッケーオッケー!ばっちり起動。何の問題もなく起動、ましばらく使わないとどうなのか解らないけどね。

    システムプロフィール(左)とATI Displays(右)はこんな感じ
    9700-02s.png    9700s.png
    Core image対応、Quartz 2D Extreme対応、ばっちりですね。

    さらに、ATIのモニタ回転機能も対応!っす。って俺アナログCRTモニタなんだがなぁ・・・。やってみる・・・うーんあんまり使えない、使う機会無いな。

    MONITAs.png

    ま、心配されていた電源問題はなんとか平気そうだ。特に不安定と言うことはない。200wしか無いから心配したけどね。色んなモンくっつけていると電気足らなくなるみたいだけど、俺もある程度は増設してあるんだがな、ちなみにDVD-Rドライブ、HD3台、SCSIカード、Sonnet G4-1Ghz CPU、とにかく電気系問題が起こらなくて良かったけど、一応なんかの時は一番に疑わないといけないので注意して見守ろう。

    せっかくだから「Quartz2DExtreme」のオンオフも載っけときます
    ターミナルで以下のコマンドを入力しエンター、んでもってパスワード入れるのだ。
    ONの場合

    sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.windowserver Quartz2DExtremeEnabled -boolean YES

    OFFの場合

    sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.windowserver Quartz2DExtremeEnabled -boolean NO

    100%…SOかもね!解決。

    20050505020307.pngさてここ連続で書いてきたCPU使用率100%についての記事ですが原因、犯人が特定できました。とりあえずこいつです!Virexです。.Mac会員向けに配布されていたソフトなんですがどうやらMac OS X Tigerに対応していなかった模様です。「10.4 cpu使用率」等と検索したら結構同じように100%現象に悩んでる人がいました。そんななかで解決方法も書いてあり、早速チャレンジ!SpotlightでVirexを検索し関連ファイル全削除!再起動しまたアクティビティモニタでチェックすると通常に何とか戻ってひとまず安心と言ったところでしょう。でも利用するソフトによってはwindowServerと言うプロセスがCPUを結構占領して圧迫しているときもあるのでしばらく様子見つつ、またなにか現象が起こったら報告したいと思います。

    .Macサイトをチェックすると「Virex (Pantherのみ対応)」と、書いてあったりしますね。いや、ひとまずこれでファンもしずかになりました。

    ってもっと簡単にアンインストールする方法がありますね。「ターミナル」を利用する方法でAppleのTechInfoLibraryで書いてあります。その方法で無事アンインストールが終了すると以下のように表示されます。さあ、Virexでファンがうるさく困っている方とっとと削除ですよ!

    /Volumes/Virex? 7.5.1? GM/Virex? Uninstall.command; exit
    Welcome to Darwin!
    your mac name:~ xxxx$ /Volumes/Virex? 7.5.1? GM/Virex? Uninstall.command; exit
    Virex 7.5 Uninstall

    Spotlight あんたって・・・・

    SPO.gif今朝書いた記事で書いたけどSpotliget、インストールしてからかれこれ13〜4時間ほどたっているのだが未だに牽引中。え、?これはつかえるのかしら。っていうか無事牽引はいつか終了するのかしら。真っ新にしてインストールした方が良いのかなぁ・・・。案の定上書きインストールしたからなぁ。今回のは「移行アシスタント」ってツールがあるから楽荘は楽そうだけど・・・。

    で、やっぱりなんか重たいなぁって思い「アクティビティモニタ」でCPU使用率を確認してみた・・・。こんな感じ。
    acs.pngえー?ほぼ100%っす。なんでかしら、効率よくCPUを使うためにそう言う仕様なんでしょうか?何回か開いてみたけどほぼ100%です。[mdimport]って言うのが結構な占有率なんだけど、これが牽引行っている部分なのかしら?たとえばPhotoshop作業中やネット作業中にはちゃんとCPUはユーザーの方へふりわけられるんだけど、裏ではずっと動いて居るんですよね。どうなんだろ、システム的なことは解らないから謎ですわ。初期化して綺麗にインストールし直した方が良いのかなぁ・・・悩みどころでございます。

    つーかSpotlightあんたの牽引作業はいったいあと何日かかるの?せめて残り何時間とか表示してもらいた。その表示さえも計算中という始末じゃ。計算中・・・・・。馬鹿なシステムじゃ。 パンサーの方が動きは軽快だったなぁ・・・・。

    そんなMac OS X Tiger高速機種の方はいいかもよ!遅い機種には不向きかも!

    Macintoshな理由〜Performer6420〜

    apple-styleさんのブログで「トラックバック企画 : なぜ貴方は林檎を齧ってしまったの?」という企画をやっているみたいなのでせっかくなのでまだ何故Mac?と言うのを書いていなかったから書いてTBしてみようかと思う。

    97年のことだったんですが当時勤めていたのが某プロラボ。その関係上Macなんですが、その頃なんとなく写真の画像処理なんかで徐々に使われ始めていた頃だったんですよね。実際には’95〜’96位からかな?で結構画像処理の仕事のオーダーとかを受けて現場に運んでってやっていた頃に軽くオペレータの方からMacの説明されて、その頃は業務用だなぁって感じで見ていたんですよ。でその会社辞めた後パソコンを買おうと思って(97年8月)インターネットとかも普及してきたから「やりたいなぁ」って感じだったんですがどうもウィンドウズは文字とか表計算用っていう認識だったんで、元々絵とか写真の関係が好きだった手前Winは嫌だなぁって最初から思っていましたね。ちなみにパソコン自体は会社で伝票打ち用にあった専用機しか使ったことがなかったんですよ。(たぶんWin3.1の上で専用ソフト動かしていたやつ。)

    6420.jpgでもって97年の8月1日だったかな? Macの入門機で当時有ったパフォーマシリーズで結構上位機種だった「Performa6420技術仕様)」をモニターセットで購入しました。もう、それからは独学独学!当時のOSは漢字Talk 7.5 バージョン7.5.3でした。その後OS7.6 OS8 OS9と思えば随分失敗しながらやったものですわ。いったい何回初期化したことか。(T T)失敗しながら覚えたんですが、だからこそMacがいいんだなぁって思ったりしますね。 ま、そんな感じでMacです。とくに本体のデザインから入った種ではないのでどんな形していようが基本的には気にしないけどその後出た初期型iMacではその斬新さに正直「いいなぁ買い換えたい」って思いましたけどね。そう考えたら今のMacは素晴らしい〜ますますMac街道ですわ。

     

    macminiがnight2000に!

    なんとMac miniを車のカーステなどを収納するスペース、インダッシュの1DINサイズにMac miniを収納しタッチパネルなどのモニターを設置することが出来るようになるらしいです。ま、まるで昔のアメリカテレビドラマ「ナイトライダー」(主演マイケルハッセルホフ)に出てきたキット事night2000の様ではないか!車の脳として運転中に言葉で指示し、跳んだり跳ねたり弾丸受けてもはじき返したり、水上走ったり!「やぁ!マイケル」なんて言ってくれたり。リモコンで呼んだり!自動操縦の世界か?

    ROVER MINI FILE.
    ROVER MINIとMAC MINIが合体!
    ||

    ナイトライダーのNight2000?
    やんやん!MINIMINI2000だぁ

    参考リンク
    2006年、車は“ナイトライダー”への一歩を踏み出す/itmedia
    「Mac miniを“KITT”にする」車載キットが登場/Yahoo!

    MacminiとiPodshuffle

    さて発表されて数日たち色々な所で話題になっているMac miniとiPod shuffleですが。やはり大人気な模様ですね。

    Mac miniはこのサイズにやっぱり注目です。小ささは天下一品。場所とらないし。でも今現在のMacユーザーは購入するのかな?Mac好きの場合はコレクションしている方もいるからそのような方達の場合は買いに走るかも知れないですね。それにスペース的な問題からもこのMac miniはオススメですね。これでG5だったら文句なしに買うかもしれないですけどさすがにこの値段にはならないでしょうか・・・。でもこれからMacを始めようと思っている方にはお手ごろ価格で良いかもしれませんね。でもこれから始める方にどんなマックを薦めるかと言ったらiMcG5のほうがオススメですね。3年は満足できるスペックだし、場所もとらない。

    でもminiを開発したアップルの目の付け所はやっぱり良いですね。winユーザーも何かの時にMacを使いたかったりwebのチェックなどでも使いたいはず。それだけのためにMacを高いお金出して買うのも阿呆らしいでしょうし。そうなると場所もとらず6万円でMacが手に入るなんてことは以前は考えられなかったこと。中古とかでない限り。ちょこっとした時にMac使いたい普段はwin、winからスイッチしたくても勇気がないって方も多いと思うし。値段とスペックで見たらお手軽スイッチ、Macへのスイッチの敷居が低くなったって感じでやっぱり素晴らしいです。
    逆に私とかMacユーザーがやはりwinを利用したいときなんかかなりあるのです。自分のサイトを確認したいし、色々なネット系サービスなんかも利用したい時もある。でも新たに個人的にwinを購入するとなると場所の問題からノートとか小さい省スペース的な物に目が行くし値段的に安い物が良いのだ。だからwinに今回のMac mini的な物が出たらいいな?って思ってしまう。やはりそこがAppleという企業なのだろう。昔から目の付け所が違うって言うかターゲットを絞り込み注目を浴びて興味をそそり欲しいという欲求、購買意欲を誘う、それを頭に記憶し行動させる。やりかたが上手いし広告戦略の「アイドマの法則」を実践している感じがしますね。てなわけでMac miniはお手軽なセカンドマシンとして買いでしょう。私は今のところ購入の検討はしていないけどね。

    iPodshuffleに関しても広告戦略的にばっちりですね。ただターゲットの絞り方がいまいち解り辛いところですね。でもAppleブランドの低価格iPodって所ではブランド志向で買う方は多いでしょう。実際の機能等から考えると液晶も付いていないし中国製のもっと安いプレイヤーもある訳ですから機能重視の方から見ると物足りない気がしますね。せっかくのフラッシュ型プレイヤーなのにって意見もちらほら伺えます。私個人としてはジムとかで運動中に良いなぁとか思うし、中高生でもお小遣いやアルバイト代などで手軽に購入できるしって考えると学生さんをターゲットにも出来る価格設定でもありますね。買うか買わないかで行くと通常のiPodを持っている私としては全く必要ない。ただiPodみたく大きくないし軽量でファッションの一部として十分マッチしそうですね。そのうちカーステレオなどにUSB接続の端子を付けて、そこに直接繋ぐ形で再生できるようなのもすぐに出そうですね。過去ログに書いたクラリオンが発表していたiPodの操作画面をカーステのモニターに表示できるやつなんかは本当に良い物だし。ますます進化していくのでしょう。

    でもあのサイズ、デザイン、って考えたらやっぱりひいき目で見ちゃうんですよね〜。どっちにしろ私もすっかりアップルの広告戦略にはまっちゃっているって事ですね。さすがアップル

    iPodで動画再生する周辺機器がCESで登場

    iPodに対抗するメーカーが動画再生機能などで差別化を図っている中、サードパーティーからiPod用の動画再生装置がCESで発表されるそうです。

     ゲーム用周辺機器メーカーのNyko Technologiesは、iPodで動画を見ることができるデバイスをCESで披露する。ゲームコントローラーを中心とした同社にとって、オーディオ市場への初参入となる。

     同社がCESでデモする新製品は「MoviePlayer」という名称で、3.5インチの6万5000色表示TFTディスプレイと内蔵コントロールパッドを組み合わせたもの。同社は「このデバイスを接続することにより、iPodを完全なマルチメディアセンターに変えることができる」と述べている。同社の説明では、MoviePlayerは動画と静止画の両方を再生可能だという。
    記事全文/itmedia

    と言うことらしいが、モニターも付いてくるのか!どんな風に接続されるのだろう。どの世代までのiPodが対応なのか。まだ発表の段階だから解らないけど、このような周辺機器も面白いですな。iPodは拡張性がやっぱりすばらしい。ちょっと出たら欲しいなって思うけど、何処で動画見るんだろう、外出中とかに・・・。

    クラリオン「車でiPod!」

    クラリオンがiPodを接続するだけで、モニター画面に仮想iPod画面を表示し、タッチパネルでの操作を可能にする車載端末を発表してました。業界初となるそうです。

    クラリオン、業界初のモニター画面に仮想iPod画面を表示、タッチパネル操作可能な車載端末を開発
    商品化第1弾を北米で2005年1月より発売
    クラリオン株式会社(社長:泉龍彦)は、業界初となる、アップルコンピュータ(以下アップル)のiPodを接続するだけで、iPodの液晶画面や操作キーなどをモニターに表示し、タッチパネル上で操作できる車載端末を、アップルとのコラボレーションにより、開発しました。商品化の第1弾として、「iPod対応DVD/ワイド7インチ AVセンターユニット」を、2005年1月に北米で発売します。
    なお、同商品は2005年1月6日よりアメリカのラスベガスで開催される「2005 International Consumer Electronics Show」に出展する、クラリオンの北米現地法人「Clarion Corporation of America」ブースに展示する予定です。
    クラリオンでは今回の北米での発売を契機に、iPodに対応するオーディオやカーナビゲーションなどの車載端末を順次国内、欧州などで発売する予定です。さらにカーメーカーへのOEM供給も、予定しています。
    ニュースの全文を読む・・・

    いやいやこれは良いね!俺の車には付けられなさそうだけど。
    カーステの方で完全にコントロールできたらこれって最高だよね。

    Home > Tags > モニター

    オススメ
    iTunes_logow_120-40.gif Sony Styleロゴ_88_31 バナー 10000012
    スポンサードリンク
    Feed
    Other
    Ranking
    メタ情報

    Return to page top

    Get Adobe Flash player
    back to top