« 9月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Home > Tags > 不具合

不具合

スポンサードリンク

MacBook Pro Mid2012のバッテリーが逝く

mbp-Battery000 iMacを購入する前はメインとして使ってきたノート型のMacbookPro、久々に起動するとバッテリーが逝っていることに気がついた。充電が一切できずにアダプターをが抜けた瞬間に電源が落ちてしまうというもの、これはもう寿命が来ていたのだろう。このMac購入して3年半くらいでバッテリーが逝ったことになる。さてどうしよう、このままの状態で使うか、修理するか。もちろん修理だが自分でやるのかアップルに頼むのか・・・・面倒だからアップルに頼んだ。

アップルストア銀座に持込バッテリー交換修理を頼んだ。

  1. アップルのサポートページから修理を依頼していく https://supportprofile.apple.com/

もちろん保証期間内ではないので有償修理だったのだが、結構高くついたかもしれませんね。

MacBookProのthunderboltポート不具合?

この度購入したMacBookPro2012の15インチでthunderboltポートに外部ディスプレー繋いだまま起動するとOS10.7だとブルースクリーンのままで起動しない。10.8にアップデート後はAppleマーク出るんだが止まってしまい起動しないんだが・・・。

外部モニタをthunderboltポートから外して起動するとちゃんと起動して途中でthunderboltに差し込むと上手く動くんだけど これって不具合?

さらにminidisplay-HDMI変換出力でREGZAに出力するとREGZAで地デジ観賞中に電波障害が起きるんだが、これも不具合?

OS X Mountain Lion 登場!しかしUp-to-Date プログラムでのApple対応酷すぎる。

 ついにやっとこさOS X Mountain Lion – Appleの販売が開始されました。ガッチリこれを狙って新機種も購入していたので無料でアップデートできるので早速OS X Mountain Lion Up-to-Date プログラムを申し込みました。私が購入し到着したのはたのは7月21日でしたのでこちらから申し込みました。

すると結構短時間でコンテンツ・コード・ファイルを開くためのパスワードが記載されたメールと、PDFファイルが添付されたメールが計2通来ていたので早速指定通りの手順で行っていくと・・・・なんと既に使われているコードらしく私がやっても使用済みでダウンロードできない!なんてこったい!

Continue reading

OS X Lion 取りあえずアップデートしてみたが。

 ついにOS X Lion – Apple®のダウンロード販売が開始されたので早速アップデートしてみました。今回のOS X LionからついにPPC用のアプリを動かす機能Rosettaが排除されることになり、さらにはIntel化された当時のMac、Core Duo時代のMacも切り捨てされることになりました。取りあえず私の使ってるMac、MacMini2009、iMac2006共にCore2DuoなのでLionには対応しています。

 さっそくAppleStoreからダウンロードしてinstallしてみた。いろいろ変わったなぁと言うのが第一印象。まぁ入れる前からRosettaが無いのは解っては居たが、少しだけ使えなくなったアプリがあるのが痛いけど、他の代替えアプリで何とかなりそうだからこのまま使っていこうかと思う。

Continue reading

REGZA Blu-ray RD-BR600 ダビングと不具合に悪戦苦闘

 これを購入した一番の目的のREGZAでのUSBHDDやNASに保存してある録画データをBlu-rayに保存しておきたいと言うことですが、それはダビング機能で可能です。ダビング10データはダビングする度に1回ずつ回数は減ります、CSやWOWOW、スターチャンネルなどの1回だけしか認められていない物はムーブ機能でREGZA RD-BR600にうつすことになります。しかしここで問題が生じました、昨年秋にフレッツTVにする前は結構アンテナの受信状況が不安定でしたのでたまに録画データにブロックノイズが入っていました。残念ながらその録画データにブロックノイズの入ってしまった番組に関してはダビングが出来ませんでした。USBHDDからNAS(LinkStation)へのムーブに関しては問題ないのですが、LinkStationREGZA RD-BR600共にダビング機能でデータを複製するとエラーが生じてダビング作業が中断されてしまいます。残念なことですがこの番組データを残すことは不可能な模様。後はアナログで残せるかも微妙ですね。結構アナログでのダビングもこのノイズを拾い中断してしまうことがあるので・・・残念です。

Continue reading

ログイン画面が英語だったのを修復

なぜかログイン画面やシステムからのメッセージの類が全て英語になっていたので修正しました。
原因はどうやらTimeMachineから復旧すると起こる現象のようです。

けっこう検索すると10.5での情報が出て来たので10.6でも忘れないようにメモしておく。

  1. ディレクトリユーティリティでrootユーザーを使えるようにする。
     場所は /System/Library/CoreServices/ディレクトリユーティリティ.app
     起動してメニューバーの編集から「ルートユーザーを有効にする」にする。
     両方ともrootと入力。
  2. ログアウトしログイン画面からrootユーザーでログイン
  3. 英語環境になっているはず。なのでそこでLanguage Chooser を起動する。
     場所は /System/Library/CoreServices/Launguage Chooser
     起動して日本語を選んで→を押す。後はログアウトしいつものアカウントからログインし治すと日本語に戻っているんじゃ。
  4. 先ほど行った1と同様に今度はrootユーザーを使えないように元に戻しといて下さい。

REGZA と NAS LS-XH と OSX と PS3 での DLNA・DTCP-IPは?

我が家のTOSHIBA REGZA 37Z8000で録画したデータをネットワーク対応HDD LS-XH1.5TLへDLNA・DTCP-IPの機能でコピーしてそれを本来なら対応しているPS3で見られるはずなので試してみた。

(´・ω・`)出来なかった。PS3側からはLS-XH1.5TLがちゃんとネットワークディスクとして認識され中のフォルダも見えるのですが、実際の録画データは・・・「再生できません」とのこと。色々検索してみても解決策はないらしい。どうやらBuffaloがLS-XHをPS3対策を施さないと無理らしいです。Buffalo次第ですがどうやらBuffalo側にPS3未対応は大して問題になっていないようで、今後対応するという可能性は非常に少ないらしいので泣き寝入りしておきます。最初からPS3は未対応ですって書いといてくれたら良いのにね。

*2010年4月19日に出たネットワーク対応HDD LS-XHLのファームウェア アップデータVer.1.26 がレグザ-PS3再生に対応しました。

Continue reading

COOLPIX P6000が壊れたので修理に出した(2回も)

昨年6月に購入したデジカメNikon COOLPIX P6000が昨年秋から急に不調になった。電源入れてもレンズ部分が動かなかったりバックモニターが点かずにうんともすんとも起動しない。そのような状態に何度かなったのだがなんとか電池パックを一度外すとリセットされなんとか使うことが出来るような場挙だったのだが、そのうち保存画像にも不具合が出ることがあったり、しまいには保存された写真や動画が結局壊れた状態での保存で使えなくなっていることもあった。それでもなんとか使っていたのだが、その頻度が日に日に高くなり背面モニターに赤字で「レンズエラー」「システムエラー」と頻繁に表示されだしたので「これは糞製品」と思いたくはなかったのでNikonサポートに電話し無償修理を依頼した。

こんな画像が!システムエラー

  • 第1回目の修理預かり日が2009年11月24日 修理完了日が11月24日。
    電話でサポートに連絡し症状を言うとネットから修理以来してくれとのことでその様に行った。言われたとおり修理依頼し宅配便の引き取りサービスが数日後にやってきて預けた。すると数日で物凄い早さで部品交換し戻ってきた。さっそくどんな具合か動作確認を行うと・・・・まったく治っていない。Nikonの修理担当者はちゃんと見たのか?処置内容が「ご指摘の現象は確認できませんでしたが、念のため関連系統の部品を交換致しました。」と記され「レンズユニット部組」を交換と書いてあるが、全く同じ現象でシステムエラーも再発しまくっておりました。どっちにしろ保証期間内だし修理に出して全く治っていない状態で修理完了というのは納得いかないので少しどんな状態で現象が起こるのかを事細かく再チェックした。そして2回目・・・
  • 第2回目の修理預かり日が2009年12月21日 修理完了が12月22日。
    修理2回で交換された物 前回同様ネットから再修理依頼。楽っちゃ楽だが再修理もこんなもんかね。今回も修理はかなりの速度で帰ってきた。処置内容は「ご指摘部分を点検の結果、現在の所不具合は確認できませんでしたが、念のためメイン基板サブ基板を交換致しました。」とのこと。おいおいおいおい今回も確認できなかったのか!!!若干嫌な予感があり恐る恐る修理後のカメラP6000の動作を色々確認する。・・・取りあえず今のところ治っている感じ。それにしても修理が早いのは良いのだけれども・・・この二度手間。しかも6月に購入して9月に壊れだしてっていうのも酷いよね、たった3ヶ月?耐久性なさ過ぎ。まぁ某家電メーカーのように無償修理期間が過ぎてから壊れるよりかは全然マシだけど。しかもそんなに使っても居ないのになぁ・・・。
  • ネット修理依頼のページ

Continue reading

「Buffalo LS-XH1.5TL」が届いた。

linkStation003.png 一昨日注文したばっかりのNAS「ネットワーク対応HDD LS-XH1.5TL」が中1日で到着した。意外に早くてビックリしたのと台風のさなかじゃなくて少し安堵。

 さっそくREGZA Z8000に接続し設定してみた。まずはREGZAの背面にあるLANHDD専用のポートに繋ぎ設定。最初に少し時間はかかるが簡単に自動設定。録画も出来るし今まで使っていたUSBHDDからのムーブも問題なし!まぁLANHDDへの録画はW録画が不可能という所くらいか?

 でもREGZA直繋ぎでの利点ってなんだろ?他でネットワークを凄い使ってい場合その不具合を受けないって事くらいじゃないのかな?そんなわけでREGZA直繋ぎではなく普通に我が家のLANネットワーク上に設置してみた。そうしたらWindowsでもMacからでも普通に使えるただのNASになっちゃいますが普通のネットワーク上にあるNASでもREGZAは利用できるのでそれで接続してみました。特に不具合もなく使えています。

Continue reading

メールパスワードが保存されない

mail40.png 利用OSはsnowLeopard10.6.1、利用メールソフトはMail4.0なのだが、先日少し調子が悪くなったのでバックアップしていたTimeMachineディスクから丸ごと復旧を行ったのだが復旧自体は上手く行き何の問題もないように思われたんだがタイトルの通りメールがおかしい。

 不具合のある部分はメールソフトの各アカウントのパスワード部分だ、メールを起動し受信すると毎回各アカウントでパスワードを要求してくる。キーチェーンに保存を行ってもメールソフトを起動する度に受信時にパスワードが要求される。各アカウントの設定画面で前もってパスワードを入力し保存しても次に開くとパスワード部分が空白になっていて結局パスワードだけが保存されない状態になっていることが解った。
 
 色々検索し修正方法をさがすとこんな方法があった。

アプリケーション/ユーティリティ/キーチェーンアクセス.appを開きkeychain FirstAidを行いkeyChainを修復する方法やkeyChainでそのデータを削除しもう一度作成するとか・・・・そんなわけで両方実行してみたのだがそれでもメールアカウントのパスワードは保存されることなく同じ不具合現象が起き続けていた。

もちろんOSInstallDVDから起動しアクセス権の修復なんかも何度かやったが解決せず。

 さて、どうするか?初期化して最初からやり直すか・・・と思っていたのだが、忘れていた手段を試してみる。snowLeopard installディスクからOption installで、メールアプリケーションだけを再インストールしてみることにした・・・・

(^◇^)!治った!何の問題もなく各メールアカウントのパスワードが保存されるようになった!
\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ\(^o^)/バンザーイ

しかし何だかなぁ・・・・であるが治ったので良しとしよう。

iMac2回目の同じ故障で再修理、SB86iが死亡

iMacのその後

 
 書き忘れていたが昨年11月退院したばっかりのiMacだが復帰後一週間で全く同じように液晶に縦線が入った。本当に全く同じように壊れた、違うのは線の位置が左か右か程度・・・・せっかくたった数日で治ったのにと思ったら一週間で壊れるという悲惨なiMacの液晶。

 そんなわけで前回の修理から3ヶ月以内なら無料と言うことで再度電話でサポートへ連絡、すると前回とは違い結構な平謝り。それと他に何か不具合がないですか?的なことを訊かれので「DVDを焼くときに全く関係ないと思いますがたまにエラーが出る位ですかねぇ」と伝えておいた。そしてまた修理の依頼をし、今回は前回よりももう少しお預かる期間を長くして修理後色々負荷をかけ大丈夫かどうかを念入りにするようなことを言っていた。

 そんなわけで全く前回同様同じ運送業者が取りに来てiMacは去っていった・・・・

iMac修理 2回目 一週間から十日ぐらいだったか、iMacは戻ってきた。液晶は治っていて一応線もなく1週間後再度同じ事が起きないか心配ではあるが一応治った。 しかし吃驚はこの後である。 先ほど書いたたように「他に不具合がないか?」と訊かれたときにこたえたDVDが少し・・・というのがなんと正式に無料で交換されてきてしまった! えええええ!.。ooO(゚ペ/)/ そんなわけで液晶となぜかDVDドライブが交換されiMacは復活しましたとさ〜

Continue reading

iMac修理完了

 先日のエントリーで書いたようにiMacを修理していましたが、あっという間に戻ってきました。
iMac-液晶復活iMac-修理明細

左が交換して新しくなった液晶。右がその修理明細。無事保証修理扱いになっているのが解ります。

 それにしても素早い退院でした。

  • 11/16:線が一本入る。
  • 11/17:線が増えて二本になる。
  • 11/18:サポートに電話
  • 11/20:某運送会社が引き取りに来る
  • 11/23:無事修理完了し配達される。

 壊れたのに気がついてから一週間で修理完了とは・・・この素早い対応にはAppleさんありがたやです。後はもう少し液晶の耐久性というか信頼性を上げて欲しいですな。

iMacの液晶に縦線が・・・

iMacモニター 11/16にDVDを焼いていて、焼いている最中放置し他の部屋にいて、数十分後戻った。するとiMacのモニターにこんな物が。
 画面向かって左側に縦に上から下まで一本線が入った。なんだこれ?まだ購入して1年ちょっとしかたってないよ。昨年の7月に購入したのにもうモニター壊れるの?とりあえず画面の端っこに一本だから様子を見るか・・・・納得いかないので色々調べてみた。すると同様の故障が頻発しているらしい。放置しておくと徐々に線が増えるのか・・・。

Continue reading

GIGABYTE GF6600付属のHDTV/Video-outケーブルがもげた

21PRPSVPPCL._SL500_AA125_.jpg九十九電機SB86iを購入し早2年半。もうこんなに使っているのかとちょっとびっくらこいた〜♪わけだが。

 このPCに搭載させてあるグラボnVIDIA GeForce 6600に標準で搭載されている機能 TV OUT、要するにパソコンのモニターをテレビに出力できるって奴です。その出力に必要な付属のHDTV/Video-outケーブルがもげました!もげました!そう、根元からもげました。ちょうどGF6600に接続させている部分がもげちゃった。

 私はDVDプレーヤーを単独で持っていないのでPCからTVに出力させてみているので無いとまいっちんぐな訳です。

 はてさて単独で売ってるわけでもないし、Macで使ってるATI 用TVOUT用ケーブル接続してみたけどさすがに予想通りnVIDIA GeForce 6600じゃ出力できませんでした。

Continue reading

嗚呼、Sawtoothよ。わがままな奴目。

内蔵電池 そろそろ先日も書いたが本当にSawtoothが限界のようだ。また壊れた。基本的にソフト的に壊れた場合は自力でだいたい直せるのだけれども、ハード的に壊れるとさすがにスキルがないので修復が難しい。内蔵電池も多摩市にあるPLUSYUまで行って買ってきた。さらには起動ディスクに使っていたハードディスクもさらに死亡した。これはバックアップが前回復旧させたときのものが残っていたので若干ファイルの消失はあったものの、復旧は出来ると思う。


 で、初期化したりinstallし直したり、新しくハードディスク買ってきてそれにインストールしても起動はするけどupdateがエラーになったり、updateできたと思ったらカーネルパニックの嵐。ATA133カードに接続したHDDからだとupdateが効かなかったり、効いたり。これが参った。どのディスクをどの位置に繋いで、インストールしたらいういのか、しかも改造しまくってるMacだから原因を追及するのがもう大変。各パーツの相性もあるだろうし、さらにはパーツとOS10.4のバージョンとの相性もある。限りなくある組み合わせを色々試してもいっこうに満足行くようにセットアップが上手くいかなくなってしまった。試行錯誤に約一週間。長いことMacの復旧に時間がかかってしまった。半分切れてました。

Continue reading

限界か?Sawtooth

 先日OSX10.4.9のアップデートが公開され、普通に充てた。終わった。

update後に再起動しない。カーネルパニック連続。シングルユーザーモードでfsck -y Return繰り返しやっても治らず、ディスクユーティリティで修復してもエラーはない。

でも、なんだかんだいじくってたら何とか起動した。ただ・・・明らかにおかしくSafariの描画はJavaScriptが使われているサイトはグチャグチャ。自分のblogもグチャグチャで何故か背景が黒くなってしまう。しまいにはYahoo!のページさえ真っ黒になってしまう。Safari関係を全部消して新たに入れてみたけど治らない。どうやらOS的に壊れたか?

仕方がないので初期化再インストール。元の起動ディスクから移行アシスタントで全部移行をやったらエラーだらけ・・・・。おいおいまじっすか。
もう一度初期化、再インストール。アカウントとアプリケーションだけ移行アシスタントで移行しました。一応エラー無しで移行完了。OSを10.4.9にupdate。一応元に戻った感じ。でもカーネルパニック頻度が高いし、再起動すると必ずカーネルパニック画面。少し前からずっとこのカーネルパニックの嵐に困っているのよね。

改造しまくってるこのマック。そろそろロジックボードやばいのかな?その前に内蔵電池変えてみるか。

兎にも角にもここ数ヶ月うちの改造マックはかなり調子が悪い。改装してから随分調子よかったのだけど、OSX10.4.4以降は少し不具合が多くなってきました。そろそろ限界かなと思ってます。ネット専用機にしておくかな。

購入から7年4ヶ月。あと3年は頑張って欲しいんだが。

Quicktime7.1.5&iTunes7.1(脆弱性8件を修正)

ソフトウェアアップデートAppleよりQuicktime7.1.5とiTunes7.1のアップデートが公開されています。


QuickTime 7.1.5

QuickTime 7.1.5 は、多数の不具合を修正し、重大なセキュリティの問題を解決します。すべての QuickTime 7 ユーザの方にこのアップデートを推奨します。

QuickTime Pro ユーザの方への重要な注意
QuickTime 7 をインストールすることにより、QuickTime 5 や QuickTime 6 などの旧バージョンの QuickTime での QuickTime Pro 部分の機能は使用できなくなります。このインストールを続けた場合、 QuickTime Pro の機能を再び使えるようにするには、QuickTime 7 の Pro キーを新規に購入する必要があります。インストール後に、www.apple.com/jp/quicktime を参照し、QuickTime 7 Pro キーを購入してください。

iTunes7.1

iTunes 7 と iTunes Store では、高品質な人気のムービーのプレビューや購入、第五世代の iPod で遊べる最新のゲームやクラシックゲームの購入などができます。さらに、Cover Flow によるアルバムカバー閲覧機能でお手持ちの音楽コレクションをぱらぱらめくりながら選んだり、ご利用の iTunes ライブラリを予期せぬ事故から守るために CD や DVD にバックアップしたりなど、たくさんの新しい機能が追加されています。

 iTunes 7.1 では、お気に入りの iTunes ムービー、テレビ番組、音楽などを、リビングでくつろぎながら Apple TV で楽しめるようになりました。iTunes 7.1 は、新しいフルスクリーン Cover Flow とさらに使いやすくなった並べ替えオプションに対応しており、お気に入りのアーティスト、アルバム、および曲を iTunes でどのように並べるかを設定することもできます。

なおWindows版もアップデートされています。

iTunes 7.1 では、Windows Vista との数多くの互換性の問題を解決します。

これでWindowsVistaでも問題なく使えるようになったのでしょうか?良かったですね。
と、思ったら完全対応ではないらしいです。
アップル、「iTunes」の新版をリリース–「Vista」への完全対応はまだ先(CNET)

Quicktimeのセキュリティ修正に関する記事
アップル、「QuickTime」の脆弱性8件を修正

問題は、QuickTimeが数種のフォーマットを扱う方法に存在する。Appleの警告によると、今回のセキュリティアップデートにより、同ソフトウェアがQuickTime、MIDI、3GP、PICT、QTIFの各種ファイルを扱う方法における問題が修正されているという。

そんなわけで皆さん。セキュリティ的に早めにupdateしておきましょう!MacもWindowsも!

Continue reading

iTunes 7 & QuickTime 7.1.3

 SoftwareUpdateから2種類登場していました。今朝発表されたiPodに対応したiTunes7と、QuickTime 7.1.3です。

iTunes 7の新機能はゲームやクラシックゲームの購入、Cover Flow によるアルバムカバー閲覧機能、ムービーのプレビューや購入等があるようです。まぁ、色々と機能をつけましたね。サービスですから良いんですけど、ちょっとサービス過多かなぁ?最近のiTunesは。日本人がネットで音楽を購入するのはほんの数%しか居ないようですし、実際ネット購入も携帯電話での利用がほとんどみたいですね。iTunesや、他のパソコンでのダウンロード販売の絶対数はやはりアメリカやその他の国と比べるとまだまだ少ないようですよ。

iTunes 7 と新しい iTunes Store では、高品質な人気のムービーのプレビューや購入、第五世代の iPod で遊べる最新のゲームやクラシックゲームの購入などができます。さらに、Cover Flow によるアルバムカバー閲覧機能でお手持ちの音楽コレクションをぱらぱらめくりながら選んだり、ご利用の iTunes ライブラリを予期せぬ事故から守るために CD や DVD にバックアップしたりなど、たくさんの新しい機能が追加されています。


QuickTime 7.1.3 は、多数の不具合の修正と重大なセキュリティ問題への対応が行われている重要なリリースです。すべての QuickTime 7 ユーザの方にこのアップデートを推奨します。このアップデートは、iTunes Store で購入したコンテンツの再生に必要です。

QuickTime Pro ユーザの方への重要な注意
QuickTime 7 をインストールすることにより、QuickTime 5 や QuickTime 6 などの旧バージョンの QuickTime での QuickTime Pro 部分の機能は使用できなくなります。このインストールを続けた場合、 QuickTime Pro の機能を再び使えるようにするには、QuickTime 7 の Pro キーを新規に購入する必要があります。インストール後に、www.apple.com/jp/quicktime を参照し、QuickTime 7 Pro キーを購入してください。

QuickTime & Security Update 2006-003

ソフトウェアアップデートがでてました。

QuickTime 7.1
QuickTime 7.1 では、多数の重要な不具合の修正と重大なセキュリティ問題への対応が行われています。すべての QuickTime 7 ユーザの方にこのアップデートを強く推奨します。

QuickTime Pro ユーザの方への重要な注意
QuickTime 7 をインストールすることにより、QuickTime 5 や QuickTime 6 などの旧バージョンの QuickTime での QuickTime Pro 部分の機能は使用できなくなります。このインストールを続けた場合、 QuickTime Pro の機能を再び使えるようにするには、QuickTime 7 の Pro キーを新規に購入する必要があります。インストール後に、 www.apple.com/jp/quicktime を参照し、QuickTime 7 Pro キーを購入してください。


Security Update 2006-003
すべてのユーザの方に、Security Update 2006-003 の適用を推奨します。このアップデートでは、次のコンポーネントでの信頼性とセキュリティの強化が行われます。

AppKit
Bom
CFNetwork
CoreFoundation
CoreGraphics
curl
Finder
Flash Player Plug-in
ImageIO
LaunchServices
Mail
Preview
QuickDraw
Ruby
Safari
securityd

このアップデートの詳細については、こちらを参照してください:http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=61798-ja.

次期ATOK

ATOKを販売しているJustsystemが、「次期ATOK 試用ベータ版」のテストモニターを募集していました。要するにβ版テストです。気になる方は応募されてみるのも良いかもしれません。その代わり不具合などを報告する義務があります。

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
        Macintosh版 ATOK をお使いのみなさまへ
   ………………………………………………………………………………
     「次期ATOK 試用ベータ版」テストにご協力ください
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

 日頃はATOKをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

 ジャストシステムでは、Mac OS X版 ATOK の次期バージョンを開発して
 おります。
 次期ATOKは「Universal アプリケーション」(ユニバーサル アプリケー
 ション)となり PowerPCおよびインテルプロセッサ搭載のMacintoshの
 両方で動作します。

 この度、より使いやすく安定した、完成度の高い製品をご提供するために、
「次期ATOK 試用ベータ版」テストの参加者を募集します。

 このテストは、お客様の環境で実際に「次期ATOK 試用ベータ版」を
 導入してご試用いただき、様々な条件下で発生する問題点をご報告いた
 だくことにより、さらに完成度を高めることを目的としています。
 よりよいATOKをご提供するために、ぜひご応募ください。

 ┏━━ ▼次期ATOK 試用ベータ版テスト ご応募はこちら▼ ━━┓

     http://www.atok.com/betatest/entry.html?m=at11c01

    テスト応募の受付期間は、4月11日(火)〜4月17日(月)です。

   ※応募の際は、お客様のUser ID・User ID用パスワードを
    お手元にご用意ください。

   ※応募者多数の場合には、お申し込みの際にご記入いただく
    使用環境を参考に、弊社にて選考させていただきます。
    あらかじめご了承ください。
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ■テスト実施要項/障害報告について

  選考の結果、本ベータ版テストにご参加いただくお客様には、5月中旬
  より順次、ユーザー登録いただいているメールアドレスへテスト実施
  要項および、障害報告方法についてご連絡させていただきます。
  「次期ATOK 試用ベータ版」テスト中に発生した動作不正など、
  障害の報告にご協力ください。

———————————————————————————————————
 ※今回のご案内は、ATOK 2005/17/16/15/14 for Mac OS X 登録ユーザー
  の方に、ユーザー登録時にご記入いただいたメールアドレスをもとに
  お送りしています。

 ※お客様にいただいた障害報告は、弊社における製品開発等を目的として
  個人を特定しない形で利用いたします。メールアドレスについては、
  報告内容について弊社からご本人に連絡をさせていただくためにのみ
  利用し、他の目的に転用することはございません。

 ※本製品の詳細については、後日正式に発表させていただく予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                2006年4月11日 株式会社ジャストシステム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当たり前のことですが、β版にテストに参加できるのは登録ユーザーだけとなっているようです。Intel Macをお使いのATOKのuniversalbinary版を待ち遠しく待っている方、開発に協力してみてくださいな。

Mac OSX 10.4.6 アップデート

 AppleよりMac OS X 10.4.6のアップデートが公開されていました。Intel版とPowerPC版の両方に対応していて、機能強化と不具合修正、MailやiChatなどの不具合に対処したほか、Intel搭載MacでDVDビデオ再生中にDVD Playerが突然終了してしまう問題なども修正された用です。詳細は以下参照。

すべての対象ユーザの方々に、10.4.6 アップデートの適用を推奨します。このアップデートには、オペレーティングシステムの全般的な修正のほか、次のようなアプリケーション、サービス、テクノロジーに関する修正が含まれています。

– 各種のネットワーク環境におけるログインと認証
– AFP ファイル共有でのファイルアクセスとバイトレンジロック機能
– プロキシサーバの自動構成ファイル使用時のネットワークアクセス
– IP/Sec を使用した Cisco VPN サーバとの接続
– Bluetooth のワイヤレス機器の使用
– iWork ’06 や Microsoft Office の書類の Spotlight 検索
– ネットワークホームディレクトリ使用時の Word 書類の自動保存
– iPhoto 6 用の Automator ワークフローの作成
– .Mac や携帯電話とのアドレスデータ、カレンダーの同期処理
– iDisk ボリュームのマウント、マウント解除の処理
– 他社製アプリケーションやデバイスとの互換性
– 以前に、単体で実施されたセキュリティアップデート

このアップデートの詳細については、こちらを参照してください:http://www.info.apple.com/kbnum/n303411-ja

セキュリティアップデートの詳細については、こちらを参照してください:http://www.info.apple.com/kbnum/n61798-ja

iPod Updater 2006-03-23

Appleより「iPod Updater 2006-03-23」が公開されていました。

「iPod Updater 2006-03-23」には次のソフトウェアが含まれています:

iPod 用の新しい iPod ソフトウェア 1.1.1
iPod nano 用の新しい iPod ソフトウェア 1.1.1
「iPod Updater 2006-03-23」には、その他のすべての iPod モデルに対応している「iPod Updater 2006-01-10」と同じバージョンのソフトウェアも含まれています。

重要:iPod アップデータソフトウェアをダウンロードしたら、iPod をコンピュータに接続し、iPod アップデータアプリケーションを起動してください。お使いの iPod のアップデートが必要な場合は、「アップデート」ボタンをクリックして最新のソフトウェアを iPod にインストールしてください。

iPod 用の iPod ソフトウェア 1.1.1 および iPod nano 用の iPod ソフトウェア 1.1.1 の機能:

音量の制限
複数の不具合を修正
音量の制限の詳細については、こちらを参照してください:http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=303414-ja

速報!NEW秋葉館G4CPU発表。1.33GHz

秋葉館が先日販売終了した1.25GHzをクロックアップしていたオリジナルCPUのPowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]の変わりにSpeedStar G4 1.33GHz PowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ [AKB-MCG4-133]を発売開始する旨が秋葉館に掲載されていました。今回のSpeedStar G4 1.33GHz PowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ [AKB-MCG4-133]は、SonnetやOWCと同じく1.33GHzのG47455系CPUを搭載している模様で以前の機種にあったクロックアップ機能は搭載されていない模様です。おそらくクロックアップによる不具合が多かったから?なんて思いますが、果たしてこの新しいSpeedStar G4 1.33GHz PowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ [AKB-MCG4-133]の性能とやらはどんなものなのか・・・レポを期待しましょう。私の環境はもう安定したので恐らく試すことはしません。でも前の機種よりさらに値段が下がってのを見るとまたまた良い感じの値段設定できたなと思いますね。

PMG4 AGP Graphics, Gigabit Ethernet, Digital Audio, QuickSilver シリーズ用CPUアクセラレータ。G4 1.33GHz採用。L2キャッシュ: 256K/ L3キャッシュ: 2MB搭載。対応OS: MacOS 9.2以降/ MacOS X以降。




ヒートシンクは前の機種と同じくド派手なゴールドライタン&百式ばりに黄金です。
価格は32,990円と前の機種より抑えられて居ます。性能面ではたぶんクロックアップできない分最高出力的なのは落ちるでしょうけど、1.33GHzの石を使っていることにより安定性は増すのでは?と思われます。はたしてどのくらいの物なのか、興味はあるけど燃えないことを祈りましょう。
20060310230839.jpg

23:00追記 既に販売開始されているようですね。在庫有りとなっています。

 秋葉館では売り切れが続いていたEncore/ST G4 Duet 1.8GHz 日本語パッケージ版 [SG4D-1800-J] の予約受付も行っていました。次回入荷は3月下旬入荷予定とのことです。狙っている方はお早めに。

mighty mouse → hole mouse

昨年秋頃に購入したMighty Mouse、いろんな所でも出ている問題同様、俺のMighty Mouseもscrollが効かなくなってきた。そこで分解清掃しようと思いまして分解!

 ちょっとはめ込み部分が堅くて折っちゃったのは良いとして無事に分解し,スクロール部分を清掃、取り付け治してMacに再度接続すると・・・・ジジジジジジジジって音が鳴り続けブラウザ画面は上下左右に動きっぱなし。あれ?センサー部分おかしくなっちゃった。何回やっても、接続部分外したりいろいろしても戻らなくなっちゃった。あー失敗!壊しちゃったぁぁぁ(・_・、)

 もうどうにもこうにも直らなくなったので以前使っていたワンボタンmouseに戻して使っていたのですが、どうにも体がMighty Mouseの右クリックやスクロールに慣れ親しんでしまい既にワンボタンが使いにくい・・・。そんなわけでスクロール部分くっつけたままだとジジジジ音がうるさいし、常にスクロールしっぱなしになっちゃうので思い切って外した。新しいの買うかどうかは解らないけど、せっかくのMighty Mouse、普通の2ボタンマウスとして使うことにしました。でも、スクロール部分取っ払ったら「穴」開いてるの・・・。hole mouseになっちゃいましたね。
DVC00050.jpgDVC00049.jpgDVC00048.jpg

左から取り外したスクロール部分、Hole部分、折れたところ。

買い直すかなぁ新しいの。悩むなぁ

front rowバージョンアップしてみた。

今回ソフトウェアアップデートでUpされていたFront Row1.2.1またもや突っ込んでみました。AndrewEscobar.comにまたUpされていたので早速です。自己責任でやってみてね。チャレンジされる方は。何が変わったって、今回の発表での機能追加 Bonjour周りかな?でも他にこの機能使うMacが手元にないから遊べない。だれかやってみてね。

やり方は以前書いた記事http://mac.planting-field.com/log/eid342.htmlを見てね。

今のところ不具合もなく動いております。もちろん何らかの不具合の可能性もあるので削除方法も知っておいてね。削除方法はAndrewEscobar.comに掲載されています。

Mac不調 4 交換後のさらに動作チェック編

 各CPU比較の記事を書く前に、もう少しフリーズしていた他のソフトに関しても動作確認が出来たので軽く書いておく。
20060226022743.jpg20060226023142.jpg

上の画像のように2種類のソフトを使いDVDの二層データを一層用に圧縮処理を行ってみた。以前よりずっとフリーズしていた作業だ。DVD2oneX2とTOAST 7 TITANIUMを利用した、TOAST 7 TITANIUMでは圧縮後そのまま買い込みも続けて行った。はっきり言って何にも問題ない。まったく動作不安定にもならず、CPU温度も37℃以上に上昇しない。うーんもっと速く交換したら良かったかな?でも今の時期だから+1000円でSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを買うことが出来たわけだから。まぁ良いだろう。

よくよく考えてみたら秋葉館オリジナルCPUに交換したときからこのフリーズは有ったのよねぇ、熱対策してたけどダメでしたもの・・・。きっと当たり外れが激しい製品なんだろうね。六回交換した人は何を思って六回目までやったんでしょうね。

ちなみに昔秋葉館オリジナルCPUの2台目に交換して貰った後取り付けたときの記事はSawtooth改造の所から探してね!

Mac不調 3 CPU交換〜動作チェック編

 交換したSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを早速取り付ける。必要なソフトは秋葉館オリジナルCPUと同じなのでなんにもインストールはしない、物理的にCPUを交換するだけである。購入した商品写真はこれ
sonnet1.4_009hako.jpgsonnet1.4_003.jpgsonnet1.4_008ura.jpg

(次の別記事にて今まで使った全4種類のCPU比較しようかと思います。しばし待て)

で、取り付けた画像がこんな感じ。左がそのまま付けた状態、右側は [AKB-MCG4-14]を付けていたときと同じように温度計センサーと4センチ角のファンを取り付けた状態。
Sonnet1.4_002.jpgsonnet1.4_004fan.jpg

 さて早速起動、・・・無事起動。ちゃんと認識されているか確認、左は「このMacについて」右は「CHUD」
20060225171924.jpg20060225171932.jpg
ともにちゃんと1.4GHzで認識されています、

では実際この様に、Quicktimeなどで書き出しチェック
20060225172622.jpg20060225172704.jpg20060225172714.jpg

こんな感じでCPUに長時間最大負荷をかけ続ける。QuicktimeやピクセラのPixeStationTV、等の動画関係でチェック。数時間後無事何の問題もなく動画変換も出来、PixeStationTVにかんしても長時間テレビ視聴も出来たし録画も出来た。はっきり言って何の問題もない。ビックリしたのは温度計の温度だ。今の季節柄というのもあるが負荷かけない状態では28℃〜30.5℃位。CPU最大負荷数時間での最高温度が37℃位。ファンを一機増設しているとは言え全く熱くない。熱暴走とは無縁のようだ。良く7455系CPUは高発熱と聞くが一概にそうとも言い切れそうもない。7455Bという7455Aの後継で発熱抑えてはいるのだけれども。たしかに7447系に比べたら熱いのだろうけどもこのCPUに関しては全く熱くない。次の記事で今まで使ったCPUの比較をやろうかと思うのでそっちで検証したい。 [AKB-MCG4-14]はクロックアップ製品だから高温だったので単純比較は出来ないけどね。

 購入しての取りあえず負荷チェックや温度チェックでは得に問題は見受けられない。全ての動作を調べたわけではもちろん無いけど今のところはすこぶる安定し熱暴走の気配さえない。CPUチェンジの判断は正しかったと言えると今の段階では思う。

Mac不調 2 CPU編

 と!言うわけで、すんごく久々に秋葉原へ、んで秋葉館まで足を運ぶこととなりました。秋葉館CPU1.4GHz [AKB-MCG4-14]を取り外し、買ったときの箱に説明書とCDROMと保証書を確認し持って行きます。

 半年ぶりの秋葉原、ますます気持ち悪い町になっていますなぁ。んなこたどうでも良く目的を果たすためだけ秋葉館へ行きます。

 秋葉館へ到着し地下一階のサポートセンターへ持ち込み「昨日電話した者ですけど」と名前と用件を伝えると交換してくれる新しい秋葉館CPU1.4GHz [AKB-MCG4-14]が用意されていた。で、いろいろまた確認し話していると店員さんが「2回目の交換と言うことですので3台のCPU全部が全部不具合というのは考えにくいですね、ただどうしても使っている機種が相性などの問題で利用できない物が存在します。」と言うことだった。さらにビックリしたのは「最高で6回交換した方がいらっしゃいます、7台目のCPUでやっとそのマシンでは使えないという事が判明しました」と言うことでした。たしかにCPUの個体差もあればMacintosh本体の個体差もありそれぞれの相性もあるようです。さらに店員さんが「この3台目でだめだった場合他のCPU、Sonnet Encore/ST G4 1.4GHzなどに交換しお試しいただいてみるのも一つの方法かと思います。」と言ったので私は「今回もう3回目になってしまい心配ですので、今日今、この秋葉館CPU1.4GHz [AKB-MCG4-14]を返金してもらって1階でその言われているSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを購入するって言うことは可能のですか?」と伺ったところ「はい、良いですよ。」との事でした。既に [AKB-MCG4-14]は生産終了しているのもあるのでしょう。そんなわけで購入金額37000円位を現金で返金して貰った。でお礼を言ってエレベーターに乗り一階へ上がる。さて購入だ。

 一階へ上がりそのCPUを物色する。Sonnet製品に限らず同価格帯37000円前後の商品じゃなきゃ替えませんけどね。で、ガラスケースを物色すると有る商品はSonnetの製品しかない。どうやらギガデザインとかは売り切れ中みたいですね。そんなわけで無条件でSonnet製から選んでみる。1GHz 1.2GHz1.4GHz1.8GHzが候補になる。シングルで良いのだ。37000円という同価格帯が購入ラインなので1GHz 1.2GHzは辞める。1.4GHz1.8GHzのどちらかから選ぼうかと思う。でも、1.8GHzは出費に+10000円以上かかってしまい、さらに7447系CPUを搭載しL3キャッシュが無いので却下。そのような理由から秋葉館オリジナルCPU1.4GHz [AKB-MCG4-14]を返金して貰った37000円+1000円で買うことが出来るSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを購入することに決めた。どうやら今日から値下げとなっていたようでラッキーと言いますか、良いタイミングでしたなぁ。と、言うことでSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを購入し、帰路につくのであった。・・・

 秋葉滞在30分くらい。用事が済んだらとっとと帰る。それ鉄則(^.^)

 しかし、秋葉館サポート良くないって言う噂を聞いたことがあったけど、そんな事は俺はなかった。きちんと対応してくれました。しかも購入半年後も保証期間内ではあったにせよ交換ではなく返金対応を可能にしてくれたのはありがたい。サンキューサポートの人。

 さて、このSonnet Encore/ST G4 1.4GHzを買ったことが正しい選択だったかどうかは取り付けて、いろいろチェックをしてからの判断となるだろう。でも得なのか損なのか微妙か?得したかな?だって確かおれが昨年夏にPowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]を購入した頃って秋葉館オリジナルCPU1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]が使っているG4 7455Bと同じ石と思われるSonnetの1.2GHzはもう少し高かった。秋葉館オリジナルCPUは少し高くても1.2〜1.5まで一応の動作は可能でその速度の恩恵は受けていた訳だ、同じ速度設定で言えばSonnet Encore/ST G4 1.4GHzはもっと高く4万円台だった事を考えるとコストパフォーマンス的には一番お買い得だったわけだ。クロックアップ製品だったとしてもその速度で利用できたという点では一長一短あるにせよ良い製品ではあったのだ。発火するって言われるけど使い方なのだとは思う。発火した人はどんな使い方していたのか・・・気にはなる。とにかく昨年夏の時点で購入し、今回返金、で+1000円で新しいのを購入し新たに保証一年が今日から付く。秋葉館CPUでの不具合に対応していた俺の時間を考えると損をした気もするが、結果的には相殺か少し得をした気分にはなった。うふふ

 さて!帰って取り付けて検証だ!

次回へ続く

Mac不調 その1 検証編

Macが不調だ。先日の初期化作業で直ったかに思えた愛機Sawtooth改。でもどうにも不安定さが拭えない。思えばいつから不安定?OS10.4.4あたりにしてから不安定だったか。でも特定動作では常に不安定だった気もする。まとめてみると・・。

OSX10.4.4以降のフリーズ、カーネルパニック不具合
ピクセラのPixeStationTVにてテレビ視聴、録画中ともに
DVD2oneX2による2層→1層圧縮
safari落ちる
何もしていないときに勝手にフリーズ
Spotlight牽引作成中にフリーズ

OSバージョン関係なくフリーズしていたのは
Quicktime7Proによる書き出し。
Toast7によるエンコード、2層→1層圧縮
iSquintによる動画変換

さてと、原因はいくつも思い当たりはする。結構改造しているから。疑うべき点は色々調べてみるか。OSクリーンinstallした状態でもフリーズは連発していたのでOS側ではなくハード側であろうという判断だ。そんなわけでハードの方を考えてみる。まずは交換した電源が安物の為による電圧不安定、・・・テスター見る限り問題ない感じなのだが・・電源を元に戻すには面倒くさいので最後の最後に疑おうかと思い、電源放置。

 次の疑いはTempo ATA133カードだ、これは結構不具合の原因になりやすい。でも問題無さそう。起動ディスクをTempo ATA133じゃなくマザーボードのATAに繋いで同様の作業を行ってもフリーズやカーネルパニックを起こす。と、言うことはこれではない。

 電源のみは改造されているまんまでCPUを元の400に戻し、不要なHDD外し、起動ディスクのみで同様のテストを行った。遅いけどフリーズはしなかった。安定もしてる。ただ激しく遅いけどね。

 うーん最後にって言いますか、一番最初に疑っては居たけどやっぱりっていうような結果ですね。恐らくCPUでしょうか。私の使っている秋葉館オリジナルCPU 1.4GHz [AKB-MCG4-14]なんですけど、いぜん一度交換して貰っているので、それに交換する前の一個目の秋葉館オリジナルCPU 1.4GHz [AKB-MCG4-14]は1.4でしか安定起動せず、1.2-1.3共に超ド不安定だったので明らかに初期不良品て事でした。そんなわけで秋葉館さんに問い合わせして交換していただいたのが現在の2台目秋葉館オリジナルCPU 1.4GHz [AKB-MCG4-14]なのです。

 上記の書いた不具合、一応1.2〜1.5GHz全ての設定で試して見るも、1.3〜1.5GHzは100%フリーズかカーネルパニック。1.2に関しては成功するときもあれば止まることもある。そのときのヒートシンクに付けた温度計の状態では、1.4GHz設定でこの季節、起動し数時間後何もしていない状態だと35〜39℃位。CHUDやアクティビティモニタでCPU使用率を確認し長時間100パーセント状態で負荷をかけ続けると45℃〜50℃あたりまで上昇。熱々になる。一応サイド扉を開け、ヒートシンクには4センチ角のファン。冷却化には少し気を遣ってきたのだがこの季節で熱暴走って言うのはどうなんだ?だいたい48℃〜50℃当たりでフリーズがおこることが多い気がする。でも短時間負荷なら問題はない。長時間負荷を掛けると止まってしまう。動画系のエンコード作業が一番止まる。

 と!言うことで秋葉館のサポートに電話をしてみることとした。自分で検証しこれ以上の何か設定があるかどうか聞きたかった。上記に書いたような内容を説明し、何か対応策を伺ってみたところ、
「マシンを初期状態に戻し、OSをクリーンインストールしてもフリーズが連発するというのは何かしらやはりCPUの個体的問題だと思われますので、交換させていただきます。」
と言われたので早速翌日開いた時間に半年ぶりくらいとなろうか秋葉原へ行ってくる。

次回へ続く

壊れた(Windows編)俺の無駄な時間。(・_・、)

一緒に壊れやがった、もう一台。そう昨年購入したshuttle製SB86iiconを使っているeX.computer Q52Jiconが壊れやがった!って言ってもハード的に壊れたわけではもちろんない。

 どう壊れたか、正確に言うと壊れたって言う物ではなく、突然Norton Internet Security 2006君が検索してくれて発見してくれた。・・・・しかもTroy。。。トロイの木馬って奴ですわ。あわわWindowsはすぐVirusですわ。最近Mac版でも何個か発見されたけど、まだまだ対岸の火事ではあるがWindows君引っかかってくれました。思い当たる節はある。、、あーあのファイルか。なんかおかしいなって思っていた矢先だった。幸いなことに感染だけしていて発病はしていない。そういえば突っ込んだときにOutlookが勝手にネットに繋ごうとしてNorton Internet Security 2006が許可しますか?って問い合わせてきて、怪しいからダメ!ってやっていたのだ。やっぱりウイルスか・・・ダメ!にしたから配布は避けられたか?ってWindowsでメールやってないからアドレス帳には一件も登録していないんですけどね。

 あー、どうするかな、Norton Internet Security 2006に入っているNorton Antivirus 2006が見つけたんだが、このNorton Antivirus 2006では俺の感染したトロイの木馬ちゃんを削除できないらしい。まいったねぇ〜どうするか。場所はDドライブの中にある不可視フォルダ「RECYCLER」ってやつでそんなかの「S-1-5-21-98139411-2668301786-2503422625-1010」って言う中にある「Dd2.rar」という物らしい。ただ不可視ファイルやフォルダを見えるように設定しても全く見えない。でもNorton Antivirus 2006は見つけちゃう。じゃー消さないといけませんね。どうやって消すのだ?と四苦八苦。iBookからWindowsにネットワークで入ってみる。Dドライブ内を見てみると不可視フォルダ「RECYCLER」も「S-1-5-21-98139411-2668301786-2503422625-1010」も丸見え。でもその本体が見えない。「S-1-5-21-98139411-2668301786-2503422625-1010」ごとゴミ箱に突っ込んで削除しようかと思ったけどアクセス権の問題で無理。はぁ、よくわかんねーな、ちなみに「RECYCLER」って言うのは書いて読んで字のごとくゴミ箱のこと。デスクトップのゴミ箱を右クリックで削除ってやっても消えません。

 ってなわけで全く良くわからないから運良く感染しているのはDドライブ、システムが入っているCドライブは問題無いっぽい。あーめんどくさいやDドライブに保存してある物は録画用にしてある外付けドライブに必要なデータをコピーする。んでもって念のため外付けを再度Norton Internet Security 2006で調べて問題のないことを確認し取り外しておく。ここでネットワークに繋ぎっぱなしだったことに気がつき慌てて引っこ抜く。心配なのはもう一台の身内のWindowsマシンVAIO君。念のためそっちもNorton Internet Security 2006で検索させた。・・・お、なんにも問題なし。良かった良かった。MacもeX.computer Q52Jiconも同時に修復中の上VAIOまでってなったら身も蓋もないですからね。で、Dドライブを初期化。もう一度Norton Internet Security 2006をかけ問題点が無いことを確認した。真っ新なDドライブに待避していた外付けHDD内のバックアップデータをDドライブに戻す。もう一度Norton Internet Security 2006で検索を掛け問題なし。よかったよかった。

 と、ここでやめておけば良かった。なんだかシステムの調子が悪くなってる。ん?なんだ?せっかくここまでやったから以前eX.computer Q52Jicon購入したときにリカバリーディスクがないって言うことで導入していたNorton Ghost 10.0を使って調子の良かった時点に復旧させようと思い立った。この、Norton Ghost 10.0はbackgroundで勝手にリカバリーポイントを作っていってくれる物だ。俺はCドライブをバックアップするように設定し、Dドライブに保存していっていた。Norton Ghost 10.0はCDから起動できるのでCD起動し、Norton Ghost 10.0上からDドライブ内の復旧させたいリカバリーポイントを指定、Cドライブを復旧させるように設定した。スタート!・・・・・・・・・・・・エラー・・・・・(;´_`;)えぇ〜エラーが出たから仕方がないのでキャンセルを選択。なんか注意が表示されたがそのままキャンセルをした。もう一度別のリカバリーポイントから復旧を掛けてみた。。。。。ん?「パーテーションエラー」だって(;´_`;)えぇ〜。なんだかパーテーションがおかしくなっちゃったらしい。そんなわけでNorton Ghost 10.0からパーテーションの設定を色々といじってみたところDドライブはNTFSって表示されてるけどCドライブが何だか訳のわからない状態になっていた。えぇぇぇぇ〜どうやらさっきリカバリーポイントからの復旧中にキャンセル処理をしたせいで、パーテーションのフォーマットがおかしくなってしまったらしい。これってどうやってフォーマットし治すの?わっかんねぇ。きっとNorton Ghost 10.0から出来るはずだ!と説明書も読まずに突き進む悪い癖。で、いろいろとパーテーション関係の設定をいじりまくってみた。さてどうだ!って思ったらDドライブが消えた・・・・ (((((((・・;)ガビーン。慌ててリカバリーポイントの復旧をもう一回チャレンジ。リカバリーポイントが1個もないって・・・・。んがぁ消しちゃった?消しちゃった?。。゛(ノ><)ノヒィ。俺のバカバカ。  もう諦めた。あきらめが肝心だ。そんなわけでWindowsXPの再インストールをすることに切り替えた。俺はいったい何をやっているのだろう。と嘆いても始まらないので作業を続ける。WindowsXPのCDを突っ込みマシンを起動させる。ちなみに特にBIOSいじらなくてもこのeX.computer Q52JiconはCDから起動してくれる。でこの時点でHDDをフォーマットできるので行う。ディスク情報を見たところパーテーション設定は最初の通りCが40GB残りがD用に開いていた。(160GBのHDD)同じ状態に戻したいのでパーテーションの割り当てはそのまんまにしてCドライブ用のスペースをNTFSでフォーマットを行い新規にインストールを行った。・・・・・終了!起動!問題なし!

 無事真っ新なWindowsXP環境が立ち上がった。・・・で、いろいろドライバー関係インストールしなきゃいけないのか・・・とblueになる。そんなとき中身を調べていたところマイコンピュータ内のディスク表示にDって言うのを発見。。。。リムーバブルディスクになってる!(・_・、)ダブルクリックしてみた・・・ディスクを挿入してくださいだって。しかーし、よくよく見ると見慣れないFドライブって言うのが表示されている。おそるおそる中身を見てみると。。。おお!元Dドライブがそのまま残っていた!り!リカバリーポイントは?・・・残ってる!ちゃんとあったぁ!これがあるならもう一度、Norton Ghost 10.0で復旧させることに路線変更することにした。真っ新なWindowsの設定めんどくさいじゃーんってなわけだ。

 Norton Ghost 10.0から起動。今回はFドライブからリカバリーポイントを指定。Cドライブを復旧するようにしスタート!・・・・・・エラー (((((((・・;)ま!またかい。でもまたさっきと同じようにここでキャンセルしたら二の舞になっちゃうのでエラーを無視して復旧を続ける。。。。コピー完了。なんかチェックディスクが働いた後再起動された。・・・・お!無事に起動。中身は以前の調子よかったときの状態に戻っている。設定も全て。心配だったのでもう一度Norton Internet Security 2006を使い調べる。疑わしい物は0件。データも全て戻った。よっしゃぁ!ラッキーよかった!とホっと胸をなで下ろす。

 しっかし俺はいったい何をやって居るんだろう。恐らくこんなに面倒くさいことやらなくても良かったはずである。トロイの木馬の削除方法もその後調べた結果いろんな方法がネット上に出ていた。なんせMacのG4も復旧中でしたからねぇ。iBookもMacにかかり切りだったし。ネットで調べる余裕なんか無かったわけさ。

 なんかMacを始めて買って使って壊れたときに復旧方法が解らなくて手探りでやっていた頃を思い出す。なんせ性格上サポートに電話とか意地でもしたくないタイプなので。。。そんなわけで無駄な時間を費やした。Macと二台同時の復旧作業。丸一日以上を費やした。時間を返しテクれぇ〜と嘆いても始まらない。な、いろいろ使ってぶっ壊して治して覚えていくのが俺のやり方だから、今更直らないか。俺の性格は。もっと勉強しよーっと。ってMac覚え始めた頃って大昔だからやる気有ったけど、Windowsでそこまでの気力があるか?って言われたら使えればいい程度なんだよねぇ。きっと覚えない俺もいる。

参考リンク。使用した物。 
本体:SB86iiconを使っているeX.computer Q52Jicon

ソフト:
Norton Internet security 2006
Norton Ghost 10.0
Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2

壊れた(Mac編)

MacとWindowsが二台同時に壊れやがった!復旧に丸一日以上かかった(・_・、)

 どう壊れたのかというと、突如立ち上がらなくなった。Mac OS X Tiger10.4のDVDにて起動しディスクユーティリティを使ってディスクの修復やらやるものの、エラーで終了しちゃう感じ。しかもマウントもされなくなった。こりゃやばい。データもバックアップとっていない。あたふた。ところがOS9で起動したところ無事マウントしてくれた。「お!復旧の可能性がある!」とかすかな希望に掛けてみることにした。

 一度マウントし治されたので、次にMac OS X TigerDVDから立ち上げても認識してくれるようになった。そこでもう一度ディスク修復やらアクセス権の修復などをチャレンジするもアクセス権の修復は出来てもディスクの修復はエラーで終了してしまう。しかたないので別のHDDに空き容量を作りそこに起動ディスクを丸ごとバックアップしようとしたところ、終了直前にエラーが出てしまい、バックアップも取れない。うーんどうしようか・・・起動しているバージョンがMac OS X Tiger10.4って言うのがいけないのか?なんて思って最後の手段、滅多に使わないiBook DualUSBを持ち出してきた。

 こいつの中身はアップデートしていないので10.4.2で止まっているのだが、こいつをターゲットディスクモードで起動しiBookからG4を立ち上げ治してみた。無事起動。そこでiBookのディスクユーティリティからHDDの修復を行った。・・・・・・・おお!無事完了!なんだ?なんなんだ?Mac OS X TigerのDVDじゃ無理だったのに・・・。なんか違いがあるのかもしれないですな。

 そこで心配のあるこのディスクでそのまま使うのはやっぱりねぇ、って事で無事修復できた元々の起動ディスクをiBookのディスクユーティリティを使って別のディスクにバックアップを行ってみた。さてどうなるか?・・・・・おお!ちゃんとエラーもなく丸ごとコピーできました! そんなわけで元々の起動ディスクを初期化。クリーンにMac OS X Tigerを再インストールしてそこにバックアップディスクから必要ファイルやアプリケーションをインポート!よしよし、良い調子。んでもってソフトウェアアップデートで大量のアップデートを行い、色々コピーできなかった物を再インストールし微調整した結果、壊れる前に無事に元に戻りました!いやっほう!よかったぁ。iBook様々ですわ!

ちなみにWindowsも同時に復旧作業をしていたので丸一日以上費やしてしまった。なんなんだぁ〜時間を返してくれぇ。Windows復旧の記事は次の記事で・・・

Intel MacにWindowsはいるのかしら?

さてと、IntelCoreduo搭載のiMacとMacBookProが発表されましたが、CPUがIntel製になったと言うことで注目が集まっているのが、IntelMacにWindowsが入るの?っていうことだ、Appleによるとユーザーがそれを行うことを不能にするようなことは行わない。ということらしい。実際問題道なのだろう。発表間もないのでまだチャレンジしたという報告は眼にしていないのだが、事実IntelMacにWindowsがインストールできたとしたら・・・さらにLinuxとかもインストールして、超漢字とかも入るのか?
 これが全て可能になったら一台で色んなOSがブートできるという画期的な物になるに違いない・・・

Appleはそれを推奨しているわけではないらしいのだが、技術的な問題として興味津々ではある。WindowsにはBIOSっていうのがあるのだが(AppleにもあるけどWindows見たく設定などで使わないしほとんど目にしないから)AppleのマザーボードにWindowsをinstallできるような設定のBIOSが乗っているのか?それを MacOSX側に不具合が起きないような状態のBIOS設定が可能なのか?さらに、HDDのフォーマットだ、何回か記事にしているがMacとWindowsではHDDフォーマットが違う。HFS+とNTFS,FAT32とか色々あるのだけれどもデュアルブート可能にするにはHDDを二台搭載しないといけないのか。別々のフォーマットで1台づつっていうことだ。 Windowsを外付けから起動できるのなら外付けHDDにインストールって言う手もあるかもしれない。

 技術革新って凄いなぁ。きっと全てを可能にするパッチやらハックやらアップデートやら、Appleからは出なくてもいつかだれかが開発するような気もする。

 そんな事しなくてもVirtualPCをIntelMacに早く対応させて貰ってそこにWindows入れたら今までよりは絶対早くなるはずだ。そっちのほうがお手軽だよね。

 まぁとにかくどっかがレポートしてくれるのをまとうかと思う。 いやはや楽しみだ。

ただ搭載されているマザーボードはIntel 945を採用しているらしいですね。なら動くかな?普通に、ただ良くわからないけどCSM (Compatibility Support Module)が載っているか載っていないかが分かれ目らしい。
詳細はhttp://japanese.engadget.com/2006/01/13/mac-xp/
mac_win_iroiro.gif

G4 SawtoothにFront Rowインストール!動くか?

applelinkageで、紹介されていたAndrewEscobar.comのやり方で私のPower MacG4 Sawtooth 改 1.4Ghzに昨年iMac G5がリニューアルされたときに発表されたiMac G5専用だと言われているFront Rowをインストールしてみることにした。まぁ、以前からこのハックはあったのだけれども、今回アップデートされていたし、他のサイトさんでもやったかたがいらっしゃるようなので、今更かよって感じも否めないが、チャレンジしてみる!もちろんFront Rowはこの間発表されたInteliMacMacBookProにも搭載されているのだけれども、対応機種ではないし物凄く旧機種の私のMacに入れることに意義がある。

まずは、書いてあるように必要なソフト類をダウンロードする。
必要なのは、Appleから配布されている「frontrow1.0.1」と、AndrewEscobar.comで配布されている「Front Row Enabler 1.1」というソフトをダウンロードする。

20060114032248.pngまず始めに、そのままAppleから配布されている「frontrow1.0.1」のインストーラを起動すると、「このソフトウェア・アップデートには、iSight 内蔵の iMac G5 が必要です。」というダイアログが出る。

それでは順番を書いておこう。

  • Appleからダウンロードしたこの「frontrow1.0.1」をディスクイメージからディスクトップにコピーする。ドラッグアンドドロップだ。
  • 次に、AndrewEscobar.comでダウンロードした「Front Row Enabler 1.1」をディスクイメージから起動する。
  • すると右の画像のようなダイアログが表示されるので20060114032925.png一番左側を選択する。この状態で、Appleからダウンロードしたこの「frontrow1.0.1」をデスクトップから起動しインストールする。
  • インストール終了後、一度ログアウトする
  • ログインし直したら再度ディスクイメージ内の「Front Row Enabler 1.1」を起動する。先ほどと同じダイアログ(右上画像参照)が表示されるので次は真ん中のボタンをクリックする。これでインストール完了し、無事起動することが可能となる。
  • 起動ショートカットは(command-esc)である。

さて早速起動してみよう、動くかな?・・・・
DVC00012.jpgDVC00014.jpgDVC00017.jpg

DVC00015.jpgDVC00016.jpg

写真の色が悪いのはストロボ無しで蛍光灯下撮影のためなので許してね。色調調整めんどくさいのでそのまんま、ま、色はさておき無事起動できた。機能も全て使うことが無事出来たようである。しかも動きも滑らか!くるんくるんさくさくと何の問題もなく動く。なんでこれAppleさんはiMac G5&InteliMacMacBookPro以外での動作を認めていないのかしら。もったいない。こりゃいいわ!使わせていただこう。こんなにさくさく動くのはCoreimage対応グラボだからなのかもしれないけど。とにかく良い感じに使えているので良かったです。ただAppleが推奨って言うかインストールできないようにしているのにはもしかすると何らかの不具合が出るからなのかもしれないのでチャレンジはあくまで自己責任でお願いしますね。

ちなみに対応OSはMac OS X Tiger 10.4.3以降じゃないと使えないとのことです。

iPod Updater 2006-01-10

iPod Updater 2006-01-10が配布されています

iPod Updater 2006-01-10 には次のソフトウェアが含まれています:
iPod 用の iPod ソフトウェア 1.1
iPod nano 用の iPod ソフトウェア 1.1
カラーディスプレイ付き iPod 用の iPod ソフトウェア 1.2.1
iPod mini 用の iPod ソフトウェア 1.4.1
クリックホイール付き iPod 用の iPod ソフトウェア 3.1.1
「iPod Updater 2006-01-10」には、その他のすべての iPod モデルに対応している「iPod Updater 2005-11-17」と同じバージョンのソフトウェアも含まれています。

重要:iPod アップデータソフトウェアをダウンロードしたら、iPod をコンピュータに接続し、iPod アップデータアプリケーションを起動してください。お使いの iPod のアップデートが必要な場合は、「アップデート」ボタンをクリックして最新のソフトウェアを iPod にインストールしてください。

iPod 用の iPod ソフトウェア 1.1 および iPod nano 用の iPod ソフトウェア 1.1 の機能:

iPod Radio Remote のサポート
複数の不具合を修正
カラーディスプレイ付き iPod 用の iPod ソフトウェア 1.2.1、iPod mini 用の iPod ソフトウェア 1.4.1、クリックホイール付き iPod 用の iPod ソフトウェア 3.1.1 の変更点:

複数の不具合を修正

10.4.4配布開始

新機種発表についての思ったこととかについては後で書くとして、とりあえず色々とアップデートされました。

Quicktime7.0.4

QuickTime 7.0.4 は、多数の不具合の修正、iLife ’06 への対応、H.264のパフォーマンス改良などが行われている重要なリリースです。すべての QuickTime 7 ユーザの方にこのアップデートを強く推奨します。

QuickTime Pro ユーザの方への重要な注意
QuickTime 7 をインストールすることにより、QuickTime 5、QuickTime 6 など、旧バージョンの QuickTime での QuickTime Pro 部分の機能は使用できなくなります。このインストールを続けた場合、 QuickTime Pro の機能を再び使えるようにするには、QuickTime 7 の Pro キーを新規に購入する必要があります。インストール後に、www.apple.com/jp/quicktime を参照し、QuickTime 7 Pro キーを購入してください。

iTunes 6.0.2

「iTunes 6」では、iTunes Music Store にある 2,000 以上のミュージックビデオと人気テレビ番組を視聴、購入、およびダウンロードできます。購入した曲やビデオは、iPod と同期して持ち歩くことができます。購入したビデオを再生するには、QuickTime 7.0.3 以降と Mac OS X 10.3.9 以降が必要です。

「iTunes 6.0.2」では、「iTunes 6.0.1」に対して、安定性とパフォーマンスが改善されています。

注意:「iTunes 6」以降を使って iTunes Music Store から音楽を購入した場合、購入した音楽を、お使いのほかのコンピュータでも楽しむためには、それらも最新版の「iTunes」にアップグレードする必要があります。


itunes_6_henkou.jpg

iTunesの変更点、一番見て解るのは、ウインドウ下部にiTunes Music Storeの欄が表示されるようになりましたね。

OSX10.4.4

10.4.4 アップデートにより、Mac OS X v10.4 の信頼性と互換性の全体的な改良が行われます。すべての対象システムでアップデートをお勧めします。

このアップデートによる修正点:

– SMB/CIFS、NFS のネットワークファイルサービス
– Bluetooth ワイヤレスアクセス
– アップデートされた ATI と NVIDIA グラフィックドライバを含む Core Graphics、Core Audio、Core Image、RAW カメラサポート
– Spotlight の索引作成および検索
– AppleScript、iChat、DVD プレーヤー、Safari などのアプリケーション
– Dashboard ウィジェット:カレンダー、Stocks
– ソフトウェア・アップデートとシンクサービス
– USB、FireWire のデバイスや他社製アプリケーションとの互換性
– 以前に、単体で実施されたセキュリティアップデート

このアップデートの詳細については、こちらを参照してください:http://www.info.apple.com/kbnum/n302810-ja

セキュリティアップデートの詳細については、こちらを参照してください:http://www.info.apple.com/kbnum/n61798-ja


20060111091733.png

ウインドウズ版IEサポートしません

 このブログからのお知らせだが、以前から確認はしていたのですが、面倒くさいので放置しておりました。このブログはあくまでMACをメインとし、MACにより制作しております。その為Windows環境での閲覧を前提に作っていないのです。WindowsのInternetExplorer6でこのブログを閲覧しますと間違いなくレイアウトが崩れます。既に発表から4年が経過し古くさくなったIE6をサポートしておりません、Windows環境の場合はモジラ系のブラウザFirefox等を利用してください。問題なく表示されます。

 Mac版のIE5は問題なく表示されます。あくまでWindows版のIE6のみが崩れます。ただ、IE系は確認そんなにしていないので不具合はあるかもしれません。MACの場合はsafari、Firefox、Netscape、を推奨。 Windows版ではFirefox等のモジラ系を推奨します。

Quartz 2D Extremeを使わないで!

AppleがQuartz 2D Extremeを使わないようにと言う旨のコメントを出しているとのこと。
内容は・・・

2D描画を高速化する技術「Quartz 2D Extreme」について、カーネルパニックなどの問題を引き起こすとして有効化しないことを推奨する旨のコメントが出された。この機能は Developer Tools付属の「Quartz Debug」で有効化できるが、Tigerでは非サポートの機能だとしてAppleは公式にコメントすることを避け、Tigerの”隠し機能”として認識されてきた経緯がある。

なるほどね、確かに以前は私もこの機能をONにして、利用していたのだが、実は使っている鬱に不安定になることがあったのだ。このQuartz 2D Extremeが影響しているかどうかは解らないけどカーネルパニックも確かに数度起きていたし、Dockがしばらくフリーズするようなことも起きていてレインボーマークがくるくるとビジー状態になってしまうことも多々あったので結局この機能をOFFにしていた。ま、正式に対応を発表している機能ではないので不具合が起きても自己責任というのはあったのだけど、やはり利用は自己責任って言うのを覚えておきましょうね。ハード的に壊れてしまうと言うわけではないみたいですけどね。

はぁ・・・またミスかい 今週のシングル(iTms J)

先週iTms のフリーダウンロードで紹介されていたモダーン今夜さんの楽曲がiTmsのミスにより200円の有料表記となってるって言う記事を書き(その記事はこちら)その後修正され、後日改めて期間を設けてフリーダウンロードで紹介するという話で解決したこの問題。そして今iTmsを見ると・・・・

今週のシングル
20051026033856.png

はい、今回は150円に値下げされてます!・・・・あわわ、あわわ 値下げですか?フリーダウンロードじゃないんですか?
なんだかなぁ・・・・・

今週のフリーダウンロード・・・ええ?

 iTms Jで今週のフリーダウンロードが公開されていますね。今週は「Ao」の「君はひとくせ」です。リンクはこちら
20051019135252.png

と!言うことは昨日やっと通常にフリーダウンロード出来るようになった、モダーン今夜さんの風の道しるべ(こちら)は、実質通常な状態になったのは昨日一だけ、おいおい。こんだけミスや失態を犯しているのにたった一日で終わりですか?iTmsさん、もう少しミスによって相手に与えた損失など考慮して柔軟に対応できない物ですか?一週間延ばすのかと期待していたら見事に破ってくれましたね。まぁ、順番とか決まっているからスケジュール変更できないのかもしれないけど、それなら両方のアーティストとも無料で配布したらいいじゃないですか。そのくらい出来るでしょうに・・・。


追記

今回の件で再度該当曲を別の期間にフリーダウンロードとして行うようです。以下は株式会社ヒップランドミュージックのコメント

iTunes Music Store「今週のシングルフリーダウンロード」 モダーン今夜『風の道しるべ』における不具合について-その後 2005/10/17(月)

いつもモダーン今夜を応援していただきましてありがとうございます。 10月13日よりiTunes Music Storeにおいて無料配信予定でしたモダーン今 夜『風の道しるべ』ですが、iTunes社による不具合により今現在(10月17 日23時45分)、iTunes Music Store「トップページからのリンク」による ダウンロードができない状態が続いております。 ただし、末尾のリンクアドレスからはダウンロードが可能となりましたので、 是非アクセスしてみていただければと思います。 今回の件につきまして、iTunes社と協議を行ないました結果、新たに10月 26日(水)より11月1日(火)までの期間において、同楽曲『風の道しるべ』 にて「今週のシングルフリーダウンロード」を行なうこととなりました。 これに伴いまして、ミニアルバム「愛しいリズム」につきましては11月2 日(水)からの配信となります。 iTunes Music Storeにおいて予定しておりました本来のリリーススケジュ ールを変更することとなり、弊社としましては苦渋の決断ではございまし たが、現状考えうる最善の策として決定させていただきました。何卒ご理 解の程よろしくお願い申し上げます。 なお、iTunes社に対しましては、引続き、原因・経緯・謝罪・対応等につ いての公式なコメントを要求しております。 この度、ご迷惑をおかけいたしました皆さまには、重ねてお詫び申し上げ ます。本当に申し訳ございません。 また、モダーン今夜のファンの皆さまをはじめ関係各所の皆さま、iTunes 社に対して本件に関するメッセージをお送りいただきました皆さま、今回 を機にモダーン今夜に興味を持っていただきました皆さま、本当にありが とうございます。この場を借りましてお礼を述べさせていただきます。今 後とも引続きモダーン今夜をご声援いただけますよう何卒よろしくお願い 申し上げます。 2005年10月17日 MOTEL BLEU 株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション

直ってる?直ってない?

先日書いたようにiTunes Music Store の今週のフリーダウンロードページで紹介されている、モダーン今夜さんの風の道しるべが無料では無く、200円表記になってる件についてなのだが、取りあえずはなおしたのか?下記に記載したリンクからジャンプすると無料表記のページへ飛べますが、通常のようにiTunesを起動しMusic Storeのトップページのリンクから飛ぶと200円表記ページのままです。いったいどうなっているのやら、確かこのモダーン今夜さんのフリーダウンロード期間は先週の木曜日から明日の火曜日までの期間、こんなんではフリーダウンロードにした意味がないような気がします。ただ、これってキャッシュの問題?それともまだちゃんと直っていないって言うことかな?なんだかなぁちゃんとして頂きたいですね。

| 無料表記 | 200円表記 |

20051016181419.png20051017165619.png

以下、株式会社ヒップランドミュージックコーポレーションのコメント

いつもモダーン今夜を応援していただきましてありがとうございます。

10月13日よりiTunes Musid Storeにおいて無料配信予定でしたモダー
ン今夜「風の道しるべ」ですが、iTunes社による不具合により今現在
(10月14日12時)、ダウンロードができない状態が続いております。

弊社としましては、ダウンロードができない現状と結果アーティスト
イメージを損なう今回の不具合について、iTunes社に対して早急な対
応をお願いすべく連絡を取っておりますが、いつからダウンロードが
可能となるのか等、明確な回答を得られておりません。

この度は、モダーン今夜ファンをはじめ関係各所のみなさんに大変な
ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。大変申
し訳ございません。

上記の事情を考慮の上、今しばらくお待ち下さいますよう何卒お願い
申し上げます。

2005年10月14日
MOTEL BLEU

株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション

モダーン今夜さんの作品(amazon)
今回問題となった曲 愛しいリズム

青空とマント赤い夜の足音

<10> 今日現在やっと、トップリンクからの表記が無料になりましたね。でも最終日です。どうなのよこれ、今日までで今日修正?あきませんね、iTms怠慢ですかね。

iTunes Music Storeミスりすぎ!!

 ずーっとダウンロードしたいんだけど未だに200円のまんま!iTunes Music Storeの今週のフリーダウンロードで紹介されている「モダーン今夜」の「風の道しるべ」いったいいつになったら治すのかしらiTunes Music Storeさん、ミスは解ったから早くなおしなさいよ。遅すぎです、
20051016181419.png

それと、マツケンサンバ3が高すぎだった件に関しては治っていますね。1500円でしたからね、たった4曲のみにアルバムなのに、今では修正されて600円になり、一曲ずつ購入が可能となりました。要望の多かったばら売りが可能となっています。一曲150円成 マツケンサンバ3

モダーン今夜さんにかんしてはせっかくの宣伝効果だったのにこんなミスでイメージを落としてしまうのは勿体ないですね。っていうか良い迷惑でしょう。早く治してあげていただきたいです。結構良い曲なので欲しいんですけどね。200円じゃ買いませんよ!フリーのページなんだから!

Mighty Mouse買っちゃった、で、Firefoxを設定し直す

P1030061.jpgと!言うわけで買っちゃった買っちゃった。Mighty Mouse買っちゃった、

近所の電気屋さんに何故かさらりと置いてあり俺に哀願してきたので思わず買っちゃった。

さっそくUSBポートにくっつけて電源入れて無事認識!で、ドライバーをインストールして詳細を設定
20050930220154.png

左を主ボタン、右を副ボタン。クリちゃんをアプリケーションスイッチャー、サイドをExpos?に設定してみました。もっと使いやすい設定があればそれに替えるかもだけど、今はこの設定に満足。

不満点はFirefoxだけだろうか。クリちゃんの左右でページ移動になっちゃいますからね。まぁこれも URL欄に

about:config

と、入力し
20050930221912.png

mousewheel.horizscroll.withnokey.action
mousewheel.horizscroll.withnokey.numlines

の数値を以下のように変更します

actionの値を0
numlinesの値を1

20050930221953.png

すると無事にFirefoxでもクリちゃんボタン・・・真ん中のスクロールホイールボタンで左右にスクロールを行うことが出来るようになりますね。

これで取りあえず不具合はなく良い感じで使えるようになりました。FirefoxでイライラされてるMighty Mouse使いの皆さんお試し下さい。


mmousew_468-60

iTunes 5.0.1 アップデート

AppleよりiTunes 5.0.1のアップデートが公開されていました。
Windows版のiTunes 5.0で結構な不具合があったのでそれにたいする修正版でしょうか。Mac用もWin用も、共にiTunes 5.0.1になっております。

「iTunes 5」では、より強力で高速になった新しい検索機能が搭載されました。また、iTunes 内や iTunes Music Store の 100 万曲以上の中から的確に検索するのに役立つ検索バー、プレイリストを整理するためのフォルダ作成機能、音楽の再生や共有および Podcast を制限するための新しいペアレンタルコントロール機能なども備えました。「iTunes 5.0.1」では、「iTunes 5」に対して安定性が改善されています。

エンコード中に・・・

さて昨日の記事で「Toast 7のなんちゃってプレビュー」(記事はこちら)を書いたのだが、その作業の中でmpeg2動画をエンコード作業した時だった。OS X Tigerがフリーズした。

実はToast 6 を使ってエンコードを試したことがあったがそのときもOS X Tigerがフリーズした。QuickTime 7 Proを使ってエンコード処理した時もフリーズしたことがあった。しかも1時間半程度の動画で約50%ほど進んだところでだいたい止まる。何が原因か。

まず第一に考えられるのがメモリ関係。止まる直前までアクティビティモニタでメモリ、仮想メモリ部分などチャックしたりしたが、仮想メモリが多くなりすぎ起動ディスクの空き容量を圧迫したせいか?フリーズ直前には結構な仮想メモリーを使用している様子だった。

次に考えられるのは改造による不具合だ。かなり改造しているので原因特定は難しいが複合的な要因かもしれない。CPU ATA133 HDD 強化電源 グラボ とくまなくやっちゃったため400Wじゃ足りないか?・・・と、まぁ色々原因を探っていった結果おそらくクロックアップしてる秋葉館CPU[AKB-MCG4-14]だろうと結論に至った。

常に安定動作している1.4GHz設定で利用しているのだが試しにクロックダウン!1.35GHz設定にして同じようにエンコード作業をToast 7にてやってみた。約60%部分でフリーズ。この時点で1.4GHz設定時より進んでいたので最後の希望として1.25GHzまで落としエンコード行ってみた。無事完了。やはり原因は秋葉館CPU[AKB-MCG4-14]のようだというのが解った。

とりあえずToast 7でのエンコードは行うことが出来るようになったわけだが、1.25Ghz設定じゃないとダメな様子。しかし同じようにDVD化すると言うことで以前から利用しているCAPTY DVD/VCD 2.0だと何の問題もなく1.4Ghz設定で動作させているのだ。まぁ、それように録画した物だから使えるのかもしれないが、何か仕様が違うのかもしれないですね。CAPTY DVD/VCD 2.0Toast 7QuickTime 7 Proとでは、ま、実際ほとんどDVD化する場合はCAPTY DVD/VCD 2.0を使っているので問題はないんですけどね。

その他の動作、作業では秋葉館CPU[AKB-MCG4-14]のクロック数1.4GHz固定でフォトショのフィルター処理でもやイラストレータその他ほとんどの動作には何の問題もないがToast 7QuickTime 7 Proなどでのエンコード時にだけ止まると言うことが解って良かったって言うところですかね、

#QuickTime でDVD用の動画(mpeg2)を再生するには MPEG-2 再生コンポーネント(Mac OS X)が必要です。

USB2.0化 その2 カード取り付け、動作認識編

購入したREX-PCIU4 USB2.0 PCI BOARD (メーカー詳細ページはこちら)を早速取り付けてみた。起動させてみるとあっさり普通に起動。さっそくUSB機器を繋げたところ認識。でその状態で再起動を試してみた。USB機器を全部繋いだままだ。・・・・起動しない。起動画面に駐車禁止みたいなマークが出る。そこで全部USB機器を外し再起動。無事起動。なるほどね繋ぎっぱなしじゃダメなんだ。と思いまたそのように全部外して再起動。OS9でも再起動とか色々試していたらなぜか全く立ち上がらなくなった。どうやら以前取り付けたSonnetTempo ATA133が影響しているようだ。PCIカードの接続先のスロットを替えたりしてみたがどうにも起動しない。しかたなく10.4のDVDから起動してみた。起動はするがHDDを全く認識しない、SonnetTempo ATA133のカードも認識されていないみたいだ。そこでもう一度元の場所に確実に差し込み再起動したところ何故か無事起動。それなら!と、思いREX-PCIU4 USB2.0 PCI BOARDも差し再起動。無事起動した。そこでまた全てのUSB機器を接続したところあっさり認識。そこでチャレンジ精神でUSB機器繋いだままもう一度再起動・・・・あれ?問題なく起動した。いったいなんなんだ?

そんなわけで不具合があったと言えばあったが結果的に何の問題もなく使えている。この不具合はなんだったのか原因が全くわからないが取りあえず結果オーライで使えてるので良しとしよう。これでUSB2.0機器が色々使える!やったね!

参考写真。
商品の箱はこんなの
P1030059.jpg

取り付けた状態。1枚目が中から。2枚目は後ろのポート部分
P1030056.jpgP1030057.jpg

カードリーダーを繋いだ状態で下記のように認識される
20050912034807.png

ちゃんとUSB2.0での接続となっているようだ

QuickTime 7.0.2

新iPod発表で浮かれている間に気が付いたらQuickTime 7.0.2が出てるじゃないですか!予想外にソフトウェアアップデートに出てきたからビックリしたぁ〜

QuickTime 7.0.2 によって、多くの重大な不具合が修正され、互換性が向上します。すべての QuickTime 7 ユーザの方にこのアップデートを強く推奨します。

QuickTime Pro ユーザの方への重要な注意
QuickTime 7 をインストールすることにより、QuickTime 5、QuickTime 6 など、旧バージョンの QuickTime での QuickTime Pro 部分の機能は使用できなくなります。このインストールを続けた場合、 QuickTime Pro の機能を再び使えるようにするには、QuickTime 7 の Pro キーを新規に購入する必要があります。インストール後に、www.apple.com/jp/quicktime を参照し、QuickTime 7 Pro キーを購入してください。

20050908034224.png

交換 秋葉館CPU

実は先日知人から安く購入したPowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]は購入して一年たっていないので保証期間内でした。どうもAllow Napを使用できる速度 1.4〜1.5でないと安定動作しないのが気に入らなく、いざって時1.25や1.35でも動かしたかったので色々試してみました、OS9でも、しかし残念ながら1.25だけは全く持って起動もままならない状態でした。1..35に関しては起動はしてもやはり不安定。いったいどうしたもんかと思い。保証期間内と言うことで秋葉館サポートに電話してみました。1.4に関しては安定動作していますが1.35-1.25に関しては起動もままなりませんし非常に不安定なのですが、と問い合わせたところ、サポートの方は「全ての動作を保証しているわけではありません」「電源がへたっている可能性があります」「ロジックボードももう古いのでへたっているかもしれません」ってな返答でした。そこで1.4でもたまにカーネルパニック起こすし温度上昇も激しいので低速設定で温度を下げる意味でも1.25-1.35を利用したいのでって感じで長々サポートさんに話し続けたあげく最後に「出来たら交換とかして頂けたらなと思うのですが?」と言ったところあっさり「いいですよ、交換します」とのこと。「え?」と思ったが「あ?そうですか?じゃぁ送ります」ってやりとりで送料は負担になりましたが交換して貰いました。で交換されて送られてきたCPUは私が発送してから中二日で到着しました。さっそくとりつけて動作チェック!ななな!全ての速度で安定動作。1.25-1.5普通に使う分には何の問題もない。さすがにAllow Napの恩恵を受けるのは1.4-1.5だけなのは変わりないけど緊急時には1.25-1.35も利用できるようになったのが嬉しい。さすがに先日書いたシムシティ4とかCPUに過度の負担をかけるようなゲームをやると1.4とかだと途中で止まったりしますが1.25だと普通に長時間動作も可能だし。こりゃこのCPUには当たりはずれがあるんだなぁと心から思った次第ですね。交換して貰えて良かった。これでしばらく安心して使えるかと思います。ま、シムシティ4に関してはもう少しハイパワーなハードがないと苦しいかもしれませんね。

Allow Napについての記事はこちら

商品リンク
PowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]

原因はAllow Nap?

昨日取り付けたPowerMac G4用秋葉館オリジナルCPUアクセラレータ 1.4GHzモデル [AKB-MCG4-14]ですが、4種類の速度設定が出来るのでどんなものかと色々確認してみました。

 まずは今は1.4GHzで安定しているのでもう一度1.5GHzで起動を試してみたいと思います。・・・一回目はカーネルパニックを起こしましたがしばらく時間をおいてもう一度1.5GHzで起動すると無事起動。昨日は途中でフリーズしてしまったXbenchをつかって無事ベンチマークもはかれました。意外と安定動作をしたのにビックリしています。ただやっぱり重たい動作を行うと結構ヒートシンク部分が高熱になってきます。1.4GHzよりも。ではもっと速度を遅くした設定なら発熱は少なくなるはずと思い、次は1.3GHzで起動してみます。起動に時間がかかったのと意外と不安定でした。
 色々見てみるとCPU速度が350MHzとなっていました。そこで確か速度をちゃんと表示させるにはSonnetのSonnetCache(現在バージョン1.4b1)が必要と書いてあったので、それをインストールすると無事1.3GHzと認識、しかし下記写真にあるCHUDでは350MHzのまんまです。とりあえずデフォルトでは認識されているので問題ないのかな?でも1.4GHzの方が発熱は明らかに少なく感じます。1.3GHzでは軽い作業でも常にヒートシンクが高温の状態です。これはあきらかにまずい!
 と、言うことで1.2GHzの最低速度設定で起動させてみました。するとカーネルパニック連発。1.3GHzのときに高温になったまま1.2GHzにして再起動したからか?と思ってしばらく電源切って冷却し1.2GHzで再起動。無事起動しましたが明らかに不安定です。みるみるうちに温度が上昇していきます。Xbenchでベンチマークを計っても途中でXbenchが落ちたりします。ヒートシンクをさわってみるとCPU使用率がほとんど数%にもかかわらずかなりの高温でした。

 一番良いのは1.4GHzじゃん?と思い何が違うのか色々な設定で調べていくと違いは一ヶ所でした。CHUDでの表示です。1.4GHzと1.5GHzはSonnetのSonnetCacheをインストールしなくてもデフォルト状態で速度認識されています。それにCHUD表示も1.4GHz1.5GHzと問題なく表示されるのに対し、1.3GHz1.2GHzの設定ではSonnetのSonnetCacheをインストールすることによって1.3GHz1.2GHzとそれぞれ認識されますがCHUDだと1.3GHzの場合は350MHz、1.2GHzの場合は0MHzとCHUD上で記されます。さらに違いはCHUDの画面右上にあるチェックボックス「Allow Nap」です。問題はこのチェックです。1.5GHz1.4GHzはチェックが入っていますし、設定で外すことも可能ですが 1.3GHz1.2GHzでの状態だと「Allow Nap」のチェックが外れているしチェックを入れることも出来ません。

 どうやらこの「Allow Nap」が原因のようです。これが効いていないと温度上昇が抑えられないようですね。省エネ的な働きをするのでしょう。
20050804205728.png

と言うことでOSXで動作させる場合この「Allow Nap」が利用できない設定では高温になりすぎて使えないと思います。1.4GHzが一番安定しているのでこのままで問題なく行けそうです。低速の設定はもしかしたらOS9.2用かもしれませんね。OS9.2はOSXと違い温度はかなり1GHzを超えると高くなるのでOS9.2で使う場合には速度を落とした方が良いのかもしれませんね、OSX利用の場合は1.4GHzで何の問題もありません。

 試しに1.4GHzでCHUDを使い「Allow Nap」のチェックを外してました。すると数分後にはヒートシンクがかなりの高温になります。「Allow Nap」はCPU交換したG4 Mac には超必須項目でしょう。またチェックを入れ直すと見る見るうちに温度が低下していくので明らかです。

 CPUを交換した場合はCHUDをインストールしてどのような設定なのか確認しておくべきでしょうね。ちなみにOSX10.4のインストールディスクに入っているのでご自分でインストールしましょう。(Developer Tool)

 この間まで使っていたSonnet のEncore/ST G4 1GHz 日本語パッケージ版 [SG4-1000HS-2M-J]はもちろん「Allow Nap」の設定が利用できました。

Macでゴミ箱にファイルを移動するとパスワードを求めらるんだが。

GOMIBAKO.png OSXをずーっと使い続けていて、4月にTigerへとバージョンアップし普通に使えていたのですが、ある日突然ゴミ箱の調子が悪くなりました。ゴミが捨てられないとかって言うのでは無く、起動ディスクのファイルだけゴミ箱へ移動すると「項目”×××”はすぐに削除されます。続けてもよろしいですか?」というダイアログが出てOKをクリックするとすぐ削除されてしまいます。他の増設ディスクは普通にゴミ箱へファイル移動できるのですが起動ディスクだけどうやらダメらしい。

 あれ?って思ったのですが所詮ゴミ箱は捨てるファイル入れて削除するところなので「ま、いっか」的に思いほったらかしていたのですが、いかんせんちゃんと動いていてくれないと他にも何かトラブリそうで気持ち悪かったので色々修復を試みてみることにしました。

 まず最初に思いつくのは「アクセス権の修復」でしょう。ディスクユーティリティで修復してみましたが全く治りませんでした。次に試したのが「fsck」コマンドです。2回くらいで”The volume xxx appears to be OK”と表示されたのでrebootを実行し再起動させてまたファイルをゴミ箱に移動させてみたところ、全く治っていませんでした。チャンチャン・・・ありゃぁ治らないじゃん。

 仕方ないのでぐーぐる検索で色々飛んでみました。そんなわけで有力な情報を発見。どうやらATOK17のアップデート実行後に起きる不具合ってな情報を見つけました。確かに考えたらATOKのアップデータ実行した頃と時期が重なる様な気がした。そんなわけで見つけたやり方でトライしてみよう。

ターミナルでやります。
まずは「.Trash」が無くなってるか、存在しているかの確認。

ls -a を入力しreturn

すると以下のように表示されました。

.. Applications
.CFUserTextEncoding Desktop
.DS_Store Documents
.MacOSX Incomplete
.Trash Library
.Xauthority Movies
.bash_history Music
.dvdcss Pictures
.lpoptions Public
.mplayer Sites

上記のように「 .Trash」は存在しているようです。ってことはやっぱりアクセス権の問題っぽいぞ!そんなわけで以下のコマンドを実行

ls -la

するとこんな感じに「 .Trash」部分のアクセス権がなっていました。

drwx—— 4 root ユーザー名 136 Aug 12 02:26 .Trash

おいおい最初の部分がrootユーザーじゃん。そんなわけでアクセス権の変更を以下のコマンドで実行

sudo chown ユーザー名 .Trash

でreturnを押し管理者パスワードを入れ再びreturn、確認のため再度

ls -la

を実行。すると以下のように変更されていました。

drwx—— 4 ユーザー名 ユーザー名 136 Aug 12 02:26 .Trash

早速ゴミ箱へ起動ディスク内のファイルを移動してみたところちゃんとゴミ箱内に移動できました!ちゃんちゃん。一件落着!

QuickTime 7.0.1

AppleよりQuickTime 7.0.1アップデートが公開されていました。
基本的には不具合の修正という感じですね。

QuickTime 7.0.1 により、いくつかの重大な不具合の修正、セキュリティの強化、Final Cut Studio との互換性の改善などが行われます。 すべての QuickTime 7 ユーザの方にこのアップデートを推奨します。セキュリティ強化の詳細については、こちらを参照してください:

http://www.info.apple.com/kbnum/n61798-ja

QuickTime Pro ユーザの方への重要な注意
QuickTime 7 をインストールすることにより、QuickTime 5、QuickTime 6 など、旧バージョンの QuickTime での QuickTime Pro 部分の機能は使用できなくなります。このインストールを続けた場合、 QuickTime Pro の機能を再び使えるようにするには、QuickTime 7 の Pro キーを新規に購入する必要があります。インストール後に、 www.apple.com/jp/quicktime を参照し、QuickTime 7 Pro キーを購入してください。

清掃っす。 発熱対策編

 さてさて、9700Pro装着し発熱量はどんなもんかと温度計測ソフト「Temperature Monitor 2.5」を使って測定してみる。私の環境の場合(Sawtooth&Sonnet G4-1Ghz)CPUの温度計測が出来ないらしい。誰かどうやったら出来るか知らないかなぁ。まぁ、ファン付きモデルだから平気だろうけど。手で触れる温度くらいにしかならないですしね。でもって何の温度?って言うとSMART仕様のHDの温度計測です。
さて何度くらいになるかしら、起動後しばらくは37〜38度辺りです、が、30分過ぎ位から急激に温度上昇。2台のHDが温度測定に対応しているのですが、起動後2時間ぐらいの時点では42〜44度にまで達していました。ありゃ、9700に交換する前は温度高くても40度上限で、平均して37〜38度くらいで推移していたのに・・・。ま、犯人は9700なんですけどね、間違いなく。Sawtoothのレイアウト的にもろにHDに9700の廃熱風が直撃するのです。少しでも廃熱するために取りあえずMacを開けて検討してみよう。   検討中・・・・ あ、ファンにホコリたまってるジャン。そんなわけで分解し、パネル類も全て外し清掃!ありゃぁ、こりゃ排気が上手くいくわけ無いやん。エアダストスプレーや掃除機など使い結構時間かけて掃除しました。さらに少しでも外気が入るようにとDVDの下のスペースにZIPドライブが搭載されているタイプなのですが、それを外します、さらにそこのパネルも外して起きます。後、裏側のPCIスロット部分で何も挿してないとこもプレートを外し排気の助けになるようにしました。で、さっそく起動。さっきの起動から随分と時間がたっているのでHDの温度も随分下がっているはずです。それではさっそく温度計測!冷え切ったドライブは27〜28度まで落ちていました。徐々に上がっていきますが数時間後でもまだ40度に行かないですね。清掃の効果バツグンと言うところでしょうか。しかーし長時間ぶっ続け起動するとやっぱり発熱してきますね。仕方ないからZIPドライブが入っていたところの穴から強制的に小型扇風機で送風!お!効果が少しずつ出て来ましたね。38度〜40度まで下がりました。 これから夏に向けて心配ですが最後の手段でカバー開けるともっと温度下がるからなんとかなるかな。エアコンからダクト繋ごうかしら、冷風で
20050525024730s.png温度が下がり始めていきます。
20050525024719s.png後はアイドル状態です。

とりあえず安定しましたね。温度も気にしていきますか。
皆さん、デスクトップ使っていてホコリ溜まっていませんか?たまには掃除してあげましょうね!

最近使えない「Safari」対応

このブログOSX10.3.9からのSafariで落ちまくっていたのですが原因が、と言いますか以前は問題なかったんですけど。とりあえずの対処法がわかったので、たぶんこれで問題なく閲覧可能かと思います。左サイドメニューに貼っていた「サイドバーJP(http://sidebar.jp/app/)」というサービスのjavascriptコードがたぶん原因です。外したらSafariがこのブログでは落ちなくなったので。でも他のサイト見ていても落ちるので根本的な問題解決にはなりませんけど・・・。
Safari以外のブラウザは何の問題もないのに。まったくIEの次にできの悪いブラウザだなぁ・・・。GIFアニメーションも動かないし、Safariでこのブログのjavascript更新すると書き換えられてるし。なんとかならんもんかねぇ。

ホントはほっとこうかと思ったんですけどこのブログMacintoshメインでやってるし、たぶん利用されている方も結構いらっしゃるようなので来てくださった方のためには対応しないとですよね。ネスケやFireFoxとか全く問題ないんだけどなぁ・・。

*ここから先の「続きを読んじゃう?」をクリックするとそのjavascriptが貼ってありますのでSafariだと落ちます。注意してください。

Continue reading

100%…SOかもね!解決。

20050505020307.pngさてここ連続で書いてきたCPU使用率100%についての記事ですが原因、犯人が特定できました。とりあえずこいつです!Virexです。.Mac会員向けに配布されていたソフトなんですがどうやらMac OS X Tigerに対応していなかった模様です。「10.4 cpu使用率」等と検索したら結構同じように100%現象に悩んでる人がいました。そんななかで解決方法も書いてあり、早速チャレンジ!SpotlightでVirexを検索し関連ファイル全削除!再起動しまたアクティビティモニタでチェックすると通常に何とか戻ってひとまず安心と言ったところでしょう。でも利用するソフトによってはwindowServerと言うプロセスがCPUを結構占領して圧迫しているときもあるのでしばらく様子見つつ、またなにか現象が起こったら報告したいと思います。

.Macサイトをチェックすると「Virex (Pantherのみ対応)」と、書いてあったりしますね。いや、ひとまずこれでファンもしずかになりました。

ってもっと簡単にアンインストールする方法がありますね。「ターミナル」を利用する方法でAppleのTechInfoLibraryで書いてあります。その方法で無事アンインストールが終了すると以下のように表示されます。さあ、Virexでファンがうるさく困っている方とっとと削除ですよ!

/Volumes/Virex? 7.5.1? GM/Virex? Uninstall.command; exit
Welcome to Darwin!
your mac name:~ xxxx$ /Volumes/Virex? 7.5.1? GM/Virex? Uninstall.command; exit
Virex 7.5 Uninstall

100%…SOかもね!

20050504165311s.pngかもねかーもねそうか〜もねぇ〜♪byしぶがき隊
歌じゃないんだが先日の記事で書いたんですが、Spotlight牽引中CPU使用率が常に100%になっちゃってるって書いたのですが、Spotlight牽引作成が終了した現在でもCPU使用率は何にも作業していなくても(ソフトも起動せず立ち上げてそのまんま)CPUが常に100%なのです。で、もう一台のiBook DualUSB(G3 500Mhz)にMac OS X Tigerを入れたので同じように調べてみたらなんともなく、今まで通り作業に合わせて変動していました。
 そこで、G4には上書でインストールしたからか?と思い別のディスクにMac OS X Tigerをクリーンインストールして確認してみたところそれでも100%の使用率になっていました。って事は上書きインストールが原因ではないって事ですな、このマシンだけなのかな?それともCPUがG4だと効率よくって事で常に100%の使用率になるように仕様がなっているのかな?うむむ、常にCPUフル回転って良いのかなぁ・・・・。発火しないかなぁ〜 他の人たちはどうなのでしょう?良かったら教えてくださいな。

acs.png

無事解決いたしました。こちらの記事を参照してください。

気になるタイガー

さてMac OS X Tigerインストールし数日ですが、色々不具合なども目にしますね。本当に?って疑ったのがデータ消失。こちらで書かれているようなことが起きて居るみたいだし。まぁ、我が家の環境としてはそんなこと起きていないから個人的には問題視していないので大丈夫だろう。ってかデータ多すぎて気がついてないのかも知れないですけどね、さて我が家にあるもう一台のMac、iBook DualUSB(G3 500Mhz)にも入れてみよっかなぁって思い早速作業。iBookにはデータなんかほとんど入れていないネット専用機となっているのでそんなに問題は無さそう。で、上書きインストールでいいかなぁ?って思いさっそくやってみる・・・・・・・・・・。し!しまったぁこのiBookのHDD容量が10GBしかなくって今のまま上書きすると容量足りない!ってなことに気がついた。OS9も入ってるし、OSX、OS9両方のアプリケーションも入っているのでこりゃまた居る物といらない物の整理をしなければ。ま、取りあえずは空き容量が無いので手元にあるiPod40GBの空き部分にデータを丸ごとバックアップしてみる。でもって真っ新にしてiBookMac OS X Tigerを新規にインストール!
20050502032030.pngで、インストール終了後データ移行ってのがあるんだけど、それの他のMacからって言うのをチェックし ターゲットディスクから読み込むところをiPodから読み込んでみる、無事認識するかな?って若干思ったけど心配無用、何の問題もなく無事データ移行作業終了。
うーん、何の問題もない。メインのマシンG4でのSpotlight牽引時間の長さもデータ激小だし あ!と言う間に終了していた。マシンの遅さって言うよりかはデータの多さなんだろうなぁ結局。そんなわけで無事終了!いやいや心配するようなことは何もなく、何も起きないときは何も起きない物だなぁと思ってみた。

20050502033115.pngそう言えばこのブログでもよく使っているスクリーンショット画像だが「コマンド + shift + 3 or 4」って奴だけど変わりましたね。「pdf」から「png」に。仕様変更でしょうかね。買った当日にこのブログで利用するためスクリーンショットを撮ったときに気がついたんですが、特に問題ないし、逆にすぐWEBにアップできるから楽です。ただ「グラブ」を利用した場合は今まで同様「tiff」になっていますね。

20050502034527.pngそれと、どうでも良いことだがこの右の画像、Dashboardのお天気表示なんだけど、この雨模様あんまり上手くないなぁって思う。機能的には良いんで気に入ってるけど、これって週間天気部分閉じたり開いたり出来るんですが、閉じるとまたへんてこりん。

20050502034923.png←こんな感じになりますね。雨だれ雨だれ なんだか頂けない。せっかくMacintoshってなくらいなんだからデザイン部分もう少しどうにかならなかったのかしら。晴れとか、晴れのち曇りなんか良いと思うけど、この雨、したたり落ちすぎですな。どうでも良いけどちょっと気になってしまった。てかこの天気予報の表示最初迷った。起動してほっといても天気表示されないし、裏面で設定画面に「Tokyo」って入ってるから他になんか設定有るのかと考えてみたけど解らず、自分で「Tokyo」って入れて「enter」or「return」押したら表示されやがった。解るかい!んなもん。

20050502040327.png

 んでもって昼間と夜では色も変わるんですね。夜は赤紫?昼間は水色、そんな細かいところは好きですけどね。

ついにSpotlightが!&やっぱり落ちるぜサファリパーク

Spotlight関連記事3回目となりましたが、Mac OS X Tigerをインストールし初起動から・・・約24時間、ついに、ついに、一度も残り時間が表示されることもなく(気持ちの上で知りたかった)やっとこさSpotlightの牽引作業が終了しました!。いやぁ長かった。それなりに覚悟はしていたがいくら何でもここまでとは思いもよらず・・・。 よくよく考えたら3台の内蔵HDD、しかもそのうち2つはパーテーションを2個ずつにしているし、ファイル数も相当な気がする。はっきりいって不必要なファイルもいっぱい有ったような気がするなぁ。。。 

で、一個機になることがあるのだが。Safariだ、RSS機能が良い感じで満足していたのだが、落ちる。なぜだか落ちまくる。何か裏で作業とかしているわけでもなく、突如落ちる。しかも特定のページでは必ず落ちる。なんだろ、またJavaの問題なのか?うーん。やっぱりメジャーアップデートにはつきものだがそのうち修正版出るんだろうなぁ。

Mac OS X Tiger良いのか悪いのかは今後次第ね。大切なデータはバックアップを取ってからインストールしましょうね!泣くのは「あ・な・た」

Spotlight あんたって・・・・

SPO.gif今朝書いた記事で書いたけどSpotliget、インストールしてからかれこれ13〜4時間ほどたっているのだが未だに牽引中。え、?これはつかえるのかしら。っていうか無事牽引はいつか終了するのかしら。真っ新にしてインストールした方が良いのかなぁ・・・。案の定上書きインストールしたからなぁ。今回のは「移行アシスタント」ってツールがあるから楽荘は楽そうだけど・・・。

で、やっぱりなんか重たいなぁって思い「アクティビティモニタ」でCPU使用率を確認してみた・・・。こんな感じ。
acs.pngえー?ほぼ100%っす。なんでかしら、効率よくCPUを使うためにそう言う仕様なんでしょうか?何回か開いてみたけどほぼ100%です。[mdimport]って言うのが結構な占有率なんだけど、これが牽引行っている部分なのかしら?たとえばPhotoshop作業中やネット作業中にはちゃんとCPUはユーザーの方へふりわけられるんだけど、裏ではずっと動いて居るんですよね。どうなんだろ、システム的なことは解らないから謎ですわ。初期化して綺麗にインストールし直した方が良いのかなぁ・・・悩みどころでございます。

つーかSpotlightあんたの牽引作業はいったいあと何日かかるの?せめて残り何時間とか表示してもらいた。その表示さえも計算中という始末じゃ。計算中・・・・・。馬鹿なシステムじゃ。 パンサーの方が動きは軽快だったなぁ・・・・。

そんなMac OS X Tiger高速機種の方はいいかもよ!遅い機種には不向きかも!

Capty対応の気はあるのかな?

pixelaのサイトでCaptyシリーズのハード&ソフトのMac OS X Tiger対応状況が公開されていました。が・・・・、なんとも未対応な結果です。私の持っている PIX-MPTV/F1Mも、つい先日発売されたばかりのUSB2.0対応のPIX-FTV300UMも!なんとも未対応。ま、録画は可能だけど「予約録画時、スリープから復帰ができません。&PixeDV for Macは対応しておりません。」だよ。スリープ復帰は100歩譲って良いとしよう。しかし付属ソフトのPixeDV for Macが対応していないって事はCMカットなどの編集作業がが出来ないことになる。だめじゃん。さらにDVD化するソフトCapty DVD/VCD Ver.1は×マークで完全未対応。PIXELA CAPTY DVD/VCD 2.0については検証中とのこと。残念だ。っていうか対応はする予定なのか?それとも予定もないのか?そこがきになるところです。

詳細はこちら:pixela Mac OSX 対応状況/2005年4月26日現在

IEでレイアウト崩れ

ここんとこレイアウト変えたりカスタマイズしたりしていて一応 ネスケ、IE、Safari、FireFox等で確認してみたのだが・・・。
案の定IEだけきちんと崩れていました。やっぱりスタイルシートをちゃんと読めてないのかなぁ?わからんけど。お馬鹿なブラウザだ事。マック版の5.2でしか確認してないのでWin版のv6は解らないですけどね。

で、どのように崩れているのかというとここのブログの左側サイドメニュー下部に張ってあるアクセス解析ツールの一種である「sidebar.jp」というサービスなのだが横へのスクロールバーが突き出てしまう。治ることもあるのだがまたなってしまった。ちなみに下記のようになる。
sbj_IE02.gif
これがIE5.2(マック版)

sbj_NC02.gifsbj_Sfr02.gif

(左)ネスケ7.1 (右)Safari

さてIEをサポートするかどうするか・・・・切り捨てようかなぁ
回避方法をもう少し探してみます。(T T)

CSSの記述はこんな感じ

/*サイドバーJPの定義*/
.sb-referrers {
border: 1px dotted #808080;
padding: 2px;

}

.sb-accesses {
border: 1px dotted #808080;
padding: 2px;

}

.sb-title {
font-style: bold;
}

.sb-list {
padding-left: 0px;
margin: 0px;
margin-bottom: 10px;
height: 100px;
overflow: auto;
}

.sb-list li {
color: #333333;
font-size: x-small;
text-align: left;
margin-top: 4px;
list-style-type: none;
}

.sb-powered {
font-size: x-small;
font-style: bold;
}

Javaアップデート10.3.9

先日公開されて不具合が発見されていたOSX10.3.9用のJavaアップデートが公開されていましたね。これでSafariの強制終了もなくなるかしら?

このアップデートにより、Mac OS X v10.3.9 ソフトウェア・アップデートのインストールを実行したシステムの Java 環境で発生するおそれがある問題が修正されます。

このアップデートの詳細については、こちらを参照してください:http://www.info.apple.com/kbnum/n301382-ja

10.3.9で起きるJavaアプリケーションの問題

先日公開された10.3.9のアップデータで結構不具合が出てるようですが、そんな私もSafariが強制終了するようになっちゃいましたね。そんな現象をアップルさんも認めて解決方法が出て居るみたいです。まだ俺は試してないけど困っている方はやってみたら〜?

Apple、Mac OS X v10.3.9のJava問題を解決する方法を公開

Appleは最新アップデートのv10.3.9で起きるJavaアプリケーションの問題を解決する方法を公開した。

Apple Computerは、先頃公開されたMac OS X 10.3の最新アップデートであるv10.3.9にアップデートした後で、JavaアプリケーションおよびSafariでJavaを利用したサイトで起きる問題の存在を認め、対処方法を公開した。

Javaアプリケーションが起動しないか異常終了し、Safariが異常終了する場合、この問題に遭遇している可能性がある。

問題を特定するため、Appleではターミナルを使った発見方法を推奨しており、その問題が特定された場合には「Java 1.4.2 Update 2」および「Security Update 2005-002」を再インストールすることで問題を解決できるという。

Capty DVD/VCD Ver.2.x – 2005/03/29

captys.jpgPIXELA CAPTY DVD/VCD 2.02005/03/29にアップデートされていましたが何が変わったんだろう。取りあえずサイトにはこの様に記されている。

Ver. 2.5.1
● DVDプレイヤーでのメニュー操作の不具合を修正しました。
● プロジェクト保存および読み込みに反映されていない項目が反映されるように修正しました。
● プレビューにてボタンが機能しないなどの不具合を修正しました。
● スライドショーのタイトル設定を反映しました。
● ファイルリソースの扱いにおける不具合を修正しました。
● PIX-FTV300UMで取り込んだデータに対応しました。

で実際にはどう変わったのか?特に気にしないでアップデートだけ済まししばらく放置していたのだが有る意味諦めていた部分が久々に利用したら治っていたことに気がついた。
まずはMPEGファイルを登録した時に右側メニュー欄に表示される利用領域に使用データ量が細かく表示されるように変更されていた。(1層、2層もちゃんと表示されるように変更)というか二層に対応したようですね。
002s.jpg

画像をクリックすると拡大表示されます。

103s.jpgそして前から困っていた問題で、タイトルメニューやチャプターメニューを制止画を配置しバックグラウンドに音楽(MP3)ファイルを登録するとタイトルやチャプターメニューでその曲が流れるのだが以前は30秒前後で突然曲が止まり、そのご一瞬音が出て後は無音状態になる現象があったのだが今回のアップデートで解消されていました。ちゃんと登録したMP3ファイルの全てが再生されるようになりました。最初は安いDVDメディアを利用していたからと思ったのですがどうやらソフト側での処理問題だった模様です。

Capty MPEG Edit Ver.1.2.0.5

ピクセラ社から、Capty MPEG Edit Ver.1.2.0.5が配布されていました。アップデート内容は以下の通りです。

  • タイムテーブルの保存方法をファイル単位からプロジェクト単位に変更しました。
  • PIX-FTV200FMで取り込んだMPEG-2データが、Capty MPEG Editに登録できない不具合に対応しました。

ダウンロードはこちらから

Capty MPEG Edit Ver.1.2.0.5

Apple、Mac OS X 10.3.8 Update(Delta)を公開

そう言えば書き忘れてたけどアップデートでていましたね。

Apple、Mac OS X 10.3.8 Update

改善された主な問題は次のとおり:

iChat、Mailなどネットワークベースのアプリケーションの起動時間問題

「省エネルギー」の「停電後に自動的に再起動する」動作不良に関する問題

Blizzard World of Warcraft の「Full Screen Glow」ビデオ機能

DVD Player関連の不具合(ちらつき問題を含む)

PowerBook G4 コンピュータのスリープ復帰後ブラックアウトの問題

PowerBook、iBookの「カーソルジャンプ」問題

http://www.apple.co.jp/

詳細はこちら

Power Mac G4-400 AGPのDVDドライブ交換!〜6年目の冬〜

20050210024437s.jpg先日この記事で検討していたバルク品のDVR-107D(DVR-A07-J同等品)をヤフオクで購入してみました。Mac OS X 10.3で標準サポートされている機種に絞り検討した結果やっぱりDVR-107Dに決めました。
iTuneでもサポートされてるしPower Mac G5iMac G5で搭載されているスーパードライブもDVR-107Dだったのでこれに決めました。バルク品では上位機種のDVR-108(DVR-A08-J)とDVR-109(DVR-A09-J)も結構安く手には入るのですがToas5&6でしか使えないみたいなので今回は諦めました。まぁDL機能も107でもファームウウェアをアップデートしたら利用出来るみたいだし、DVD-R+Rも8倍速書き込みで良いでしょ!今までの環境は昔から使ってるSCSI接続のLCW-5820っていうX8CDRだけだったから。それに比べりゃ天国と地獄!そんなわけでDVR-107Dを落札し入金し本日到着しました。

さて早速取り付け開始!我がMacはG4初期型であります。型番は
Power Mac G4 AGP/400Mhz/128/20GB/DVDROM/56K/ZIP/KB/
MODEL NO:M7824J/A
ととんでもなく古いのです。購入は1999年11月。既に六年目!小学生が卒業しちゃえるくらい使ってます(T T) まぁこのまま標準で使っている訳ではないけどその紹介はまた後日・・・。
で今回はDVD+-RWの取り付けです!さて分解分解!
20050210031339s.jpgこいつを取り付けます。

20050210031359s.jpg20050210031417s.jpg
開けてここに取り付けます。

20050210031432s.jpg20050210031444s.jpg
20050210031457s.jpgフロントパネルを外さないとこの機種はドライブ交換が出来ません。パネルを折らないように注意!

20050210031512s.jpgこれが外したドライブユニット!下には何故かZIPドライブ。一度も使ったことがないゴミドライブ

20050210031528s.jpg左が標準で搭載されていたDVD-ROMドライブ/右が今回購入したDVR-107Dです。若干長くなっていますが電源にはぶつからない程度なのでオッケー!

んでもって装着し同じ要領でパネルなどを付け治し完成!早速電源オン!動作チェックです。
20050210032726.gif
これがOSXのシステムプロファイラでの認識状態

共に認証されています。ばっちりです。CDRで早速書き込み。このドライブの最大書き込み速度であるX24でCDR丸ごとコピーをToast5で実行。書き込みも何のエラーもなく三分ちょっとで650MBのCDをコピー!いやぁ〜スカジーの8倍速CDRとはホント違うわ!ちなみに8倍速だとエラーが起きるので4倍速までしか速度あげて使えなかったのです。いやぁ〜快適だ!DVDRWもついてるしバックアップ取れる!うれしいっす。完璧っす!もっと早めに交換したら良かったな・・・と思ってみたりするがま良いでしょう!・・

と!思ったら最悪な不具合!なんとなんとまぁまぁ・・・。
キーボードからの「C」押しでのシステムCDからの起動が出来ない!あいたたた〜!でも起動ディスクをシステムCDに設定した場合は無事CDから起動できました。キーボードからの「C」起動だけが無理みたいです。あ〜完璧だと思ったのに。ま、でも許容範囲でしょう、そんなにC起動ってOSXになってから使わないし 他のHDDにも緊急用のシステム入れてあるから問題なし!
ウヒョッ!久しぶりの改造?ってか交換。なんか楽しいね。次は何やろうやっぱりCPU交換したいなぁ〜さすがにG4-400じゃ辛いしね.そんな訳でDVDRドライブの交換でした。

*画像はクリックすると大きい画像を見られます。

接続困難だったお詫び

FC2ブログサーバーの不具合でしばらくこのブログも接続できませんでしたのでご報告です。

<障害に関する報告>
障害日時:1/17 22:45〜 1/18 01:10
対象:blog2サーバー収容対象者
原因:DBに対する過負荷によりサーバーのダウン
状態:現在は復旧しました

この時間帯に接続した皆様ご迷惑をおかけ致しました。

年賀状印刷中にプリンター壊れたのでPM-G720を購入した。

3年ほど使っていたEPSON PM830Cがついに壊れてしまった。どうしてもプリント時にシアン色のインクが全く関係のないところに線状にいっぱい印刷されてしまう。普通紙や専用紙、きれいや早い等色々設定を変えたりクリーニング作業を行ってみたけどついにお陀仏行きとなってしまった。この機種の前に使っていたEPSON PM700Cも全く同様な状態でシアンのラインが印刷されてしまって治らなくなり結局急遽830Cを購入したのだが・・・EPSONのインクジェットプリンタしか使ったことがないから解らないけど、EPSONのプリンターはこうなってしまうのかな?もうEPSONは辞めよう・・・と思ったのだがまたEPSONを買ってしまった。PM-G720を買ってきました。年賀状印刷の真っ最中に壊れた物で、プリンター無いと差し支えがかなりある物だからあんまり考えずに電気屋さんへ直行し、最近話題のスキャナー付きモデルに惹かれつつも、一体型に抵抗があったので普通の廉価型プリンターに絞り色々物色してPM-G720にしました。

参考リンク

で、作った年賀状紹介!

20050104023608s.jpg
他のインクジェットプリンタ(A4)

Safari閲覧時のレイアウト崩れ

safari閲覧時にこのブログのテンプレが崩れていたのですがなんとか修正が完了しました、見づらい思いをされていた方々すいませんでした、おまたせです。

このテンプレがテーブルタグでほとんどを組んであったため、なんとかDIVを差しクラスを指定する形で修正しました。てか最初っからDIVタグにクラス割り当てる作り方してくれている方がいいのになんでテーブルタグなんか使っているんだろう。このテンプレは。謎だ

Thunderbird 1.0 日本語版の修正版が公開

HTMLメール作成時のエラーで公開が一時中断していたThunderbird 1.0 日本語版の修正版が公開が公開されました。詳しい内容は下記の通りです。

Thunderbird 1.0 日本語版のリリースにあたって

Thunderbird 1.0 は、Mozilla Foundation から今月 7 日に英語版が公開され、リリース後 10 日間で 100 万ダウンロードを達成しました。Mozilla Japan では、英語版の公開後、より優れた日本語版製品をユーザの皆様にお使いいだけるよう、ローカライズセンターを中心に日本語環境における品質テストを重ねてまいりました。今回のリリースだけでなく、ローカライズセンターの活動には多くのボランティアの方々にご協力をいただき、Mozilla Japan の全製品 (Mozilla Suite、Firefox、Thunderbird) のリリースに多大なる貢献をいただいております。この場を借りて深くお礼申し上げます。

今回のリリースに合わせて、Thunderbird に含まれる日本語環境特有の問題をまとめた トラブルシューティング を公開しました。Thunderbird をお使いになる前に、一度目を通していただきますようお願いいたします。
アップデートのお知らせ

Thunderbird 1.0 日本語版に不具合が見つかったため、配布を一時見合わせた上で。問題を修正したバージョンを 28 日 13:30 に公開いたしました。ユーザの皆様には大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。

この問題は、HTML メールの作成時に画像を挿入しようとするとエラーが表示されるというものですので、テキスト形式でメッセージを作成されている方は、これまでのバージョンをそのままお使いいただいて構いません。HTML メールとしてメッセージを作成されている方は、修正版をご利用いただくか、テキスト形式での作成に変更してくださいますようお願いいたします。

なお、当初公開された Mac OS 版 の Thunderbird 1.0 には、誤って古い日本語化モジュールが含まれていました。このため、26 日 16:00 に修正版を公開いたしました。その後上記の問題が見つかったため、再度の修正版となります。古いバージョンをお使いの方は、大変お手数をお掛けしますが、改めて再インストールを行っていただきますようお願いいたします。

mozilla-japan

Thunderbird日本語版、不具合で公開を一時停止

FireFoxで最近話題なMozilla Japanから公開されているメールソフト「Thunderbird 1.0日本語版」にHTMLメール作成時に不具合が見つかったため現在公開を休止している模様です。28日の午後には修正版のダウンロードが再開される模様なのでしばらく待ってみましょう。

Thunderbird日本語版、不具合で公開を一時停止
「Thunderbird 1.0」日本語版に不具合が見つかり、公開を一時停止。修正バージョンは28日に公開予定。

 Mozilla Japanは12月27日、24日に公開したメールクライアントソフト「Thunderbird 1.0」日本語版に不具合が見つかったため、公開を一時停止した。修正バージョンを28日午後1時に公開する予定。
[記事全文/itmedia]

関連リンク:Mozilla Japan

FC2ブログ登録2万件突破

FC2のブログがついに二万件突破しました。やっと?もう?
どちらかと言えば「もう?」って感じかな。10月下旬にサービス開始したから2ヶ月で2万件早いのかも!ブログとしては後発だけど、登録当初はテンプレも激少ない状態でしたが、物凄いスピードで新しいテンプレが登録されて行っているし、画像容量は1GBもあるし。いじりがいがあるし自由度あって、言うこと無いかな?今のところ。サーバーも最近増設されたみたいでゆとり有るし。重たくて表示できないって言うこともないですしね!欲を言えば私が利用しているもう一つのブログサービス「TCUP」ですが、そこの掲示板サービスに「FC2」のリンクが貼れないと言う点を除けば合格点ですね。

さてブログ登録数王者まではまだまだな数ですが、今後も徐々に登録者数が増えていくと思われます。期待しよう。
あ、でも登録者増えるて重たくなるのは嫌だなぁ・・・。

TCUP BBSにFC2アドレスのリンクが貼れないと言う不具合についての過去ログはこちら。http://mac.planting-field.com/log/eid24.html

Home > Tags > 不具合

オススメ
スポンサードリンク
Feed
Other
Ranking
メタ情報

Return to page top

Get Adobe Flash player
back to top